リゾート物件シリーズvol.1「淡路、かつて見えた邸」

淡路市江井別荘

新企画「リゾート物件」

こんにちは、広報担当のオザワです。

みなさん、別荘欲しくないですか。僕はめちゃくちゃ欲しいです。都会のコンクリートジャングルの慌ただしさから離れ、リアルジャングルのような場所でゆっくりとした時間を過ごす。ハワイとかグアムとか沖縄とか、リゾート地へ行くたびに「こういう場所に自分の別荘があったらな」と誰もが思うはずです。

そこで、渋井不動産で一番の潮騒を奏でる僕が、将来の移住地を探す意味も込めて「リゾート地の別荘」を探してきました。

これからどの頻度で更新されるのか、これが最初で最後になるのかはわかりませんが、どうそよろしくお願いいたします。

淡路市江井別荘

オニオンブルー

というわけで、現地に到着いたしました。

どこまでも続く水平線、そしておびただしい数のテトラポット。この写真だけで場所が特定できた人はリゾート変態ですが、答えは淡路島(Onion Island)です。

大阪市内から車でおおよそ1時間30分と、他の海岸リゾート地より比較的短時間で来ることができ、なによりこの透き通った青い海が魅力的です。

淡路市江井別荘

そんな淡路島の、今ここです。

3G回線になるのがたまにキズですが、そんな悩みもこの海を前にすれば水泡に帰します。あと道路に「淡路サンセットライン」と名付けるあたりがニクいですね。いかにもリゾート地らしいそれです。

淡路市江井別荘

これは補足なのですが、この今いる場所には「シュプリームの壁」と呼ばれる謎の建造物があります。喫茶店のおばさまが「各地からあの壁目当てでたくさんの人が来てね〜。私にはよくわからんけど。」とのこと。

僕もよくわかりませんが、こんな場所もあります。それでは、目的の別荘へと向かいましょう。

淡路市江井別荘

「海が見える別荘」

そういうタレコミだったはずなのに、ジブリみたいな森林へとダイブしております。大丈夫なのでしょうか。

淡路市江井別荘

緑&緑

なんたるちあサンタルチア。

海の次はこの見事な田園風景ときました。これには玉置浩二も思わず田園をテーマにした曲を歌い出してしまうことでしょう。

淡路市江井別荘

そしてその後、軽く2時間ほど道に迷いました

若干ですが陽も傾き始め、心境は当時のメイちゃんとほぼ同じ。不安を抱きながら蛇腹の道をウネウネと進むと、

淡路市江井別荘

ありました。

竹林の波に飲み込まれそうになっているこの別荘こそ、僕が数時間かけて探していた桃源郷です。

淡路市江井別荘

全体像はこんな感じです。

別荘下に車1台分の駐車スペースがあり、階段を上れば「ただいま」といった具合になります。結構な角度で駐車したこちらの新型アクア、もちろん「わ」ナンバーです。

淡路市江井別荘

ちなみに別荘の先へと進むと、ご覧のエメラルドグリーンの壁が出てきます。行き止まりのようでしたが、こんな大自然の中にアーティスティックな建造物があるとは。これがアートネイチャーというやつでしょうか。

おや、左下に何か書いてありますね。

淡路市江井別荘

非常に危険なエリアでした。熊が出るとかそんなもんじゃありません。

侵入者は「二代目喧嘩道場」塾長より、じきじきの鉄拳制裁に処されます。野生の塾長を見かけた際は、一目散に逃げ帰ってください。

淡路市江井別荘

ではこれから別荘をジロジロと見ていこうと思います。

階段中腹(バルコニー下)あたりに「倉庫」がありますので、まずはそこを見てみます。

淡路市江井別荘

扉を開けるとザ・倉庫でした。

DIYにマジなんだろうなと思える、用途ごとの細かい工具がずらりと並んでいました。薄暗くてちょっと怖いです。

淡路市江井別荘

壁には農具が。

気に入らないやつがいても、「頸動脈をピッ」しないようお願いします。

淡路市江井別荘

草刈正雄の愛機まで。倉庫というか、武器庫ですね。

無免でも扱って良いものなのでしょうか、くわしくは全国農業協同組合までお問い合わせしてみてください。

淡路市江井別荘

さて、ここが別荘玄関前です。

普段は全くそんなことないのですが、こんな山奥の別荘内を見るのは結構勇気がいります。玄関を空けた瞬間に熊や塾長がいたら、そんな妄想をしてしまうもんです。

淡路市江井別荘

ガラっと開けると、思いのほかアットホームな室内が広がっていました。鶴橋あたりに来た感じがします。

淡路市江井別荘

合宿所

つい最近まで誰かがいたような、生活感と清潔感漂う室内です。

長いあいだ部屋を空室にすると、当然イヤなニオイや虫などが出てきたりすることがあります。ましてやこんな山岳地帯の密林ど真ん中物件ならその危険はなおさら。僕が怖がっていたのはその点だったのですが、この室内は全くそんなことはありませんでした。

※外でしたら虫はウジャウジャいます。

淡路市江井別荘

反対側からもしっかり見ておきます。

ダイニングテーブルやソファ、その他もろもろの家具がしっかりと配置されており、ここで生活するイメージがつきやすいですね。ちなみにこれらの家具ですが、入居の際は全部ひっくるめて撤去となる予定ですので予めご了承ください。

淡路市江井別荘

キッチンもご覧のとおり。

カセットコンロや洗剤、もろもろ撤去されます。

淡路市江井別荘

キッチン横の扉をガラリと開けるとさらに扉があり、便所サンダルがトリッキーな置かれ方になっています。

淡路市江井別荘

三点ユニットバスの登場です。

ここもしっかり掃除されているので、市内そのへんの築古物件よりキレイです。

淡路市江井別荘

室内に戻り、ちゃんとテレビが点くのかと心配になったので電源を入れてみました。

安美錦の白星です。(押し出し)

淡路市江井別荘

では、テレビ放送もしっかり受信することが確認できたところで、本日の目玉「バルコニー」へと向かいましょう。

先ほどもお伝えしましたとおり「海が見える」ということではるばるここまでやってきたのですから、その期待は大です。

淡路市江井別荘

おぉ

淡路市江井別荘

見えません。

目の前の木が見事に成長し、僕と海のあいだに立ちはだかっています。こんなことが許されていいのでしょうか。僕が免許を持っていたら、あの草刈り機で目の前の木々に無双してやりたいところです。

淡路市江井別荘

かつては見えていた。

「山の中にある、本当は海が見える別荘」

「本当は」て。往復3時間、1万弱かけて「本当は」て。自分で書いていてなんですが、こんなことがあったのによく毎日仕事してるなと思います。

知らないうちに、この木々がキズを癒やしてくれたのでしょうか。

淡路市江井別荘

周囲は竹林ですので、タケノコなんてザラにあります。

顔を出してから10日ほどで竹になってしまうというタケノコ、亜鉛や食物繊維が豊富に含まれていますので、晩御飯の足しにしてください。

※どこまでが誰所有の山かわかりませんので、タケノコを刈る際は近隣住民と話し合ってください。

淡路市江井別荘

あと基本的にこのあたりの道路はガードレールなんかありません。「んなもん設置する暇があったら稲さ耕せ」スタイルですので、運転の際はくれぐれもご注意ください。

淡路市江井別荘

ちょうど自宅へ帰る頃、淡路サンセットラインから見える水平線に陽が沈んでいました。「もしこれがバルコニーから見えていたら」とつくづく思いますが、山から降りるだけでこの景色に出会うことができます。

今回ご紹介の別荘ですが、価格は400万円で募集しております。「新車が買える」と思うか「新車の値段で別荘が買える」と思うか。どちらにせよ、こう見ると別荘って意外と手に入りそうですね。

お問い合わせは、渋井不動産まで。

価 格4,000,000円
管理費-
修繕積立金-
所在地兵庫県淡路市江井1950番4
最寄駅-
築年月不詳
構 造軽量鉄骨造平屋建
間取り1R
専有面積土地(167㎡)、室内(38㎡)
バルコニー面積約10㎡
駐車場有り
ペット一緒にリゾート可
分譲会社不詳
管理会社不詳
物件問い合わせ番号43131

お問い合わせ

この物件にお問い合わせをご希望のお客様は、以下のフォームをご入力いただき、送信してください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
ご希望の対応方法をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)を希望するお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
その他ご不明点・ご要望がございましたら、ご入力ください
渋井不動産からのお知らせ