【事業用】KINPONがアップし忘れてた名作ビルディング、募集中。

毎度、渋井不動産の金本ことKINPONです。

本日は7月初めての「事業用物件」の紹介記事ということで、いささか肩に力が入っています。しかし本日ご紹介する物件は本当に良いハコですよ。

この鬱陶しいジメジメした気分を晴らしてくれる、そんな物件を見つけてきました。

(この記事は9割書いた時点で、保存したままアップするの忘れてました。深くお詫び申し上げます。)

その名も、A.I.R.1963。

元は「日本通運」の湊町営業所として1963年に建てられたナイスビル。

老朽化のため営業所の機能を堺市に移し、ビルが解体されることになっていたのですが、抜群のグッドリッチと趣高い佇まいを惜しんだ者たちの働きによって、ビルを解体せずにギャラリーなどを集積した大阪初のアートコンプレックスとして活用する案を日本通運に提案し、実現した名作ヴィンテージビルでございます。

※アートコンプレックス とは・・・同じビルのなかに複数のアート・商業スペースが居を構え、展覧会などを通じて相互の交流と盛り上げを図っていく複合型ギャラリーのことである。

ではエントランスを潜ります。

壁には自由に告知ができるラックがあったり、すでに躯体むき出しの姿に引き算の効いたデザインを加えている様子。

手すりなんかは当時のものをそのままに、50年前のRC造らしい堅牢な姿がグッときます。ヴィンテージという言葉はただ古いものには当てはまらなくて、古さの向こう側や奥行きを感じた時に当てはまるのだと思います。

このビルはまさにそう。

階段を登ると正面には当時のまま残された姿見が。

そしてその隣、このアンティークブルーが効いた扉が、本日ご紹介する物件への入口となっております。

いざ入室。

引き渡しは現状まま。しかし、それが渋い。

部屋に入ると、荒削りに解体された姿が。

もちろん現状ままの引き渡しになりますが、前回の入居者様が残した内装がそれはそれは渋くて、この箱に引き算のデザインと、ミニマムな塗り替えだけで使って欲しいなと。

以前の入居者様が建てられたパーテーション、これもそのままに御引き渡しになります。

前回の入居者様はジュエリー・アクセサリーの工房でした。

扉を開けてすぐの場所はショップスペースにし、こちらの空間を工房のワークスペースとしてお使いになられてました。

体感ですが、おおよそ3坪くらいでしょうか。

外に向いた窓ももちろんですが、この造作された室内窓も可愛くていい感じ。こんなデザインを実際に自分で作ろうとしてしまえばそこそこの予算がかかりますので、このまま使っていただくのもアリです。

広大な空間がお好きであれば取り壊していただいてもOK、お任せいたします。

立地は皆さまお分かりになりますかね??

千日前通り沿いのホテルモントレが徒歩23秒、各線なんば駅からのアクセスも全て5分圏内という驚異のグッドリッチ。

想像してください。

この空間にあなたの思い描いた空間を投影するのです。

事務所はもちろん、物販店でもなんでもあなたが無理かも?と悩んでいた空間を放り込むのです。

渋井不動産は、あなたの感覚に一番近い不動産仲介店舗です。

「あれ?こんなん無理かも?」

「もしかしてそんなん無いんじゃない?」

そんな不安を一度弊社にぶつけてみてください。もしかしたらお力になれるかもしれません。

大阪市内の渋い事業用物件のお問い合わせは、渋井不動産まで。

以上

賃 料115,000円
共益費21,000円
敷 金345,000円
礼 金372,600円
所在地大阪市浪速区元町一丁目
最寄駅なんば駅
築年月昭和38年3月
構 造鉄筋コンクリート造陸屋根
間取り事務所
面 積約34.7㎡
種 別事業用賃貸
所在階2階
E V-
駐輪場-
駐車場-
ペット-

お問い合わせ