シェア

ご存知ですか?今年2014年に20周年を迎える難波〜関西国際空港へのアクセス特急「ラピート」。純正の紺色ラピートだけでなく、「ガンダム」と20周年記念タイアップした赤色ラピート、出会えたらラッキーな白色ラピートなど、何かと話題なマニアックな鉄道です。 今回はそんな「ラピート」のデザインを手がけた若林広幸氏の作品、海遊館すぐそばの「PIER624」をご紹介いたします。

グッドデザイン賞を受賞したこちらの作品 「大阪の中心街から地下鉄で10分ほどのベイエリア、対岸のユニバーサルスタジオのにぎわいと共に、大阪屈指の行楽スポットに建つRC造12階賃貸マンション。フラットタイプとロフトタイプがあり、前者には収納を兼ねたベッドを備え付け、空間をより有効に活用できることを意図した。後者は天井高約4mとし、オフィスとしても利用可能なようにロフト約8帖を設けている。中間階には北方の観覧車、南方の港大橋を望む空中庭園を設けた。」 引用元 >> http://www.g-mark.org/award/describe/29340 若林氏の作品ですが、ド派手な「ラピート感」は特に感じません。お部屋の中身は「ザ・デザイナーズマンション」というよりはしっかり「住まい」を感じさせる空間。
見るだけで格好良いなーと思う物件ですが、前述のようなデザインの意図を聞かされるとなるほどなーと思います。天井高4mでロフトを設けているのは、下をオフィスとして使えるようになんですって。なるほどなー
ロフト付きのデザイナーズマンションは過去にも紹介いたしましたが、ここのロフトが一番大きいのではないでしょうか。ロフトというよりはメゾネットの上階部分と言ったほうが良いかもしれません。クローゼットはこのロフト部分に設置してあります。あくまでロフトなので、立ち上がることは難しそうですが。
このロフトを寝室にして、下には生活感の出るものは出さない。そうすることでいつ来客が来ても大丈夫ってことですね。今思えば他のロフト物件も全てそういう意図で作られてるんだろうなと思います。
玄関を出ると目の前にかなり広いスペースが。共有部分ですので勝手にイナバ物置なんかはダメですが、広いだけで開放感があって良い感じ。
大阪市港区築港に位置する、ハウジングデザイン賞・グッドデザイン賞を受賞した秀逸なデザイナーズマンション。格好良い中にしっかり感、コテコテ過ぎないのをお探しの方にオススメしたいひと品です。ぜひどうぞ。
シェア
  • グッドデザインな築港デザイナーズ、9.8万円。
  • 港区

渋井不動産の最新情報をチェックする