4.5帖にキングベッドは置ける?部屋の広さとベッドサイズについて。


    ベッド配置

    洋室にベッドを配置するとき

    お部屋探しにおいてチェックするポイントは多々あるかと思いますが、ご内覧だけではどうしても分からない点もあるかと思います。代表的な例としては、

    寝室の広さとベッドの大きさなど。

    1LDK以上の間取りの場合、LDK以外の洋室や和室を寝室使いにすることが多いかと思います。しかし仮に、4.5帖の洋室にキングサイズのベッドを置くとすると、「ミチミチ」になることは分かりますが、「どれくらいミチミチになるか」は想像がつかないかもしれません。

    ということで、今回は洋室の広さ(4.5帖〜6帖)に各サイズのベッドを置いてみました。といっても簡易的なレイアウト図ですので、ご参考になれば幸いです。

    6帖のお部屋に

    一般的に多い洋室の広さは、約4.5帖〜8帖ほど。しかし、7帖や8帖ともなるとだいたいのベッドは難なく置けます。同じ広さのワンルームであれば、ソファやテレビ台なんかも配置できるサイズ感です。

    では、6帖のお部屋はどうでしょう。キングサイズともなると、扉や柱の位置によってレイアウトが難しい場面が出てくるかもしれません。6帖のお部屋をご夫婦の寝室にする場合、シングルベッドを二つ並べてツインベッドにすると、動線を確保しやすい配置になるかと思います。

    4.5帖のお部屋に

    続いて4.5帖のお部屋に配置してみました。

    ダブルやクイーンサイズになると、ドアの可動域に注意して置かねばなりません。内開きの場合、ドアが開ききらない恐れがあります。キングサイズにおいては、置けるだけで万々歳でしょう。

    「4.5帖だと寝室にするには小さすぎる」というイメージがありましたが、シングルベッドやセミダブルくらいであれば、チェストやラックなど他の家具も配置できるのではないでしょうか。

    レイアウト例

    ベッド+α

    というわけで、レイアウトしてみました。

    ベッドの他に勉強机や本棚などを配置して、子供部屋にするにも最適なサイズ感です。ベッドを真ん中に配置して両サイドに棚などを置いても、大人一人通れるくらいの動線が確保できるのが分かります。

    ベッド配置

    いかがでしたでしょうか。4.5帖のお部屋までなら、だいたいのベッドは入ることが分かりましたね。これで、「ベッドが入らないかも」と内覧時にヒヤヒヤすることもないでしょう。

    少しでもこの記事があなたのお部屋探しにお役立てできれば、今日一日ベッドのことを考え続けたわたしも救われます。

    以上、寝室の広さとベッドの大きさ問題についてでした。

    渋井不動産に物件探しを依頼する

    渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
    お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
    渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
    渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
    お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
    ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
    リクエストの詳しい内容をお聞かせください
    渋井不動産からのお知らせ