ウッドデッキが潜む北区のホワイトデザイナーズ、募集開始。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

ついに登場

過去、渋井不動産のブログに掲載され、多くの反響を呼んだデザイナーズ部屋がこのたびついに空室となった。北区で70㎡を超えるデザイナーズなので、賃料もそれなりにはするが、それでも思わず問い合わせしたくなる部屋だ。

場所は大阪市北区天満二丁目、谷町線・京阪線「天満橋駅」から徒歩6分という場所からご紹介。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

玄関を開けると、まだ外にいるかのような開放感。

ツヤツヤの白いタイルが外の光を反射させ、生活感のない無機質空間が広がっている。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

別の角度から。

すると部屋の隅に上階へと誘うホワイトステップが。まるで壁から生えてきたかのような階段は、見るもの全てを魅了するに違いない。

ただ、見た目のスタイリッシュさゆえ手すりがスカスカなので、小さいお子様などは注意が必要だ。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

さらに身体をひねると、左手に奥へと進める動線があるのでそちらへ。

壁に貼ってある青いテープはクリーニングの目印なので、今は気にしなくていい。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

奥にはガス4口のキッチンが佇んでいる。

シンクはなかなか狭いが、その分火力で補った形だ。ちなみに、このキッチンのあるダイニングは6.5帖という広さ。ご飯を食べるには狭くはないが、かと言って広くもない。

しかし、ご飯を食べられる場所はこのダイニングだけではない。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

ウッドデッキバルコニー

ダイニングにある窓を開けると、このウッドデッキバルコニーが広がっているのだ。

7〜8帖ほどの広さがあるので、ここでお酒とツマミを食べるのも乙だろう。ただあくまでしっぽりと。大きな声で騒ぐのはNGだ。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

続いて上階へ。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

こちらが2階の洋室で広さは13.5帖

ここも1階同様白で統一された空間だが、何かが透けて見える。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

それがこの浴槽

宇宙船のような卵型の見慣れないタイプなので、湯船に浸かっても落ち着くかどうかは不明。室内からも丸見えなのに加え、ある場所からも丸見えなのだから。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

ウッドデッキバルコニーⅡ

そのある場所とはこのバルコニー

下階に続き、このフロアにもウッドデッキバルコニーが備わっているのだ。方角は西。沈みゆく太陽を感じながら、ゆっくり湯船に浸かることができる。

しかも、突き当りにはシャワーも。夏場はここで身体を焼いて汗だくになっても、サッと洗い流すことができる。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

ちなみに、丸見えと言っても向かいのマンションとはこれだけ離れているのでご安心を。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

SOHO可

天満橋の最上階デザイナーズメゾネットが、再び。

ウッドデッキバルコニーがその希少価値を加速させる、唯一無二の空間。しかもSOHO利用も可能なので、上階は居室、下階は事務所スペースと分けて利用することもできる。他とはひと味違う部屋をお探しなら、逃す手はない。

お問い合わせは、渋井不動産まで。
(物件番号:77308)

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

※以下の写真は前回撮影時のもの。まだ陽が高いときはこれほどの採光があるので参考までに。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

これにて終了。

お問い合わせは、渋井不動産まで。

アクアプレイス大阪レジェンドⅡ

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ