渋井不動産の団地リノベ「解体、終わりました。」

    「開かずの扉を、開ける方法」から始まりました本プロジェクト。渋井不動産の団地リノベーションプロジェクトでございます。本日は、その解体が終わりましたのでお知らせでございます。気になる方は、見てみてください。

    前回「開かずの扉の向こう側」で公開した、使われなくなった「普通の団地」。これを「渋い団地」に変身させるため、今回は3人の漢(おとこ)達を招集しました。
    ❏エントリーNo.1「壁剥がしのTETSU」
    ❏エントリーNo.2「家具壊しのSHIGE」
    ❏エントリーNo.3「扉開けのMARU」

    「柱、切ってみました。」 蹴っても叩いても折れない柱は、こうやって切れば良いのです。

    「壁、剥がしてみました。」 ネイルしているから、あんまり爪は使いたくないあなた。こんな風に壁を剥がせば、その問題が解決するかもしれません。是非模範してみてください。

    私も、壁を剥がすのをお手伝いいたしましたが、かなり早めの段階で怪我を負ったため監督として活躍しました。解体に要した時間は二日間。二日目は急用のため、監督はお休みでした。監督不在の二日目は扉開けのMARUが監督代行として活躍。※この写真に写っているのは、家具壊しのTETSUです。

    ❏ キーワードは、「新素材」


    今回のリノベキーワードは「新素材」です。今まで誰も見たことが無いような、新しい味付けで料理した物件を提供できる予定。使われなくなった物件をせっかくリノベーションするんですから、面白いものに変身させてみたいと思います。  

    予想通り、両面窓の明るいワンルームがその姿を現したわけですが、窓の腰壁がやけに低いので、いつもより重心を低くしてデザインしていきたいと思います。渋井不動産記念すべき一発目のキックオフリノベです。今のところ順調に進んでいます。

    和式便器を撤去するのを忘れているように思われがちですが、私が「和式派」であるため、あえて残したわけです。Butしかし、「日本一格好良い和式便所に、俺はする!」と意気込んでいたところに「絶対辞めた方が良い!」というチャチャが入ったため、今回は洋式便所にCHENGEする予定。格好良い和式便所にご期待頂いた皆様には申し訳ありませんが、今回は洋式便所になります。悪しからず。
     
    と、解体が完了したリノベ物件。次回以降はもう少し清潔感のある内容になる予定ですので、ご安心ください。渋井不動産の団地リノベ、まだまだ続きます。
     
    To be continued.
     

    AND MORE

    ulk