うめきたに登場したウッドなワンルーム、未来の凱旋門から徒歩5分。

カサデアート

ここは大阪梅田。大都市大阪の心臓部として君臨し続けてきた街です。

しかし近年では再開発が進み、知らん間にルクアが増えていたり、茶屋町エリアにタピオカ屋が乱立したり、泉の広場が撤去され地下ダンジョンに磨きがかかったりと、急速な変化を遂げている街でもあります。

なかでも特に注目事業として進められているのが、JR大阪駅北再開発甲子園約6個分にあたる広大な旧貨物駅跡地の再開発計画で、第1期として2013年にグランフロント大阪が開業しました。

写真は2028年の開業へ向け、絶賛第2期工事中のうめきたエリア。ランドマークである梅田スカイビルが堂々とそびえ立ってますね。

え?どのビルがスカイビルなのって?

カサデアート

これです。

2008年、英国の情報誌による「世界の建築トップ20」にパルテノン神殿やサグラダファミリアと並んでランクインし、海外向けガイドブックには「未来の凱旋門」として紹介されています。

特徴的な中央の空洞が未来を感じさせるのでしょうか。なにせ12年前の「未来」ですから、今となってはもう時効。39階の空中庭園から一望できるのは、パリではなく大阪の街並です。

カサデアート

スカイビル徒歩5分

本日紹介する物件は、そんな未来の凱旋門から徒歩5分。最寄駅はJR線『大阪駅』と阪神線『福島駅』で、どちらも徒歩14分ほど

そう、ぶっちゃけ遠いのです。

しかし、着々と工事の進むうめきたの変化を日々感じられるのは、この道のりならでは。施主よりも足繁く現場に通っている訳なので、2028年の街開きは誰よりも感慨深いものでしょう。

カサデアート

ワンルームなので

紹介するのは、築30年のデザイナーズマンションにある一室。ワンフロア2戸が向かい合わせに配置され、完全独立部屋です。

13帖のワンルームということで、この扉を開けると部屋の全貌が見えてしまうため、まずは要所要所からお見せしましょう。きっとあなたのフェティシズムを刺激するはずです。

カサデアート

まずは土間から。打ちっぱなしコンクリートの壁には、木板による無骨な棚が備え付け。

高さは調整可能ですが、ショートブーツくらいの背丈なら常設で並べられます。

カサデアート

めっちゃウッド

くるりと視線を右に向けると、これでもかというほどウッドな一面が現れました。

左手の開口部はキッチン、中央には迷路のようなラビリンス棚、右手の扉は水回りに繋がっています。

カサデアート

さらに右側へくるり。すなわち、玄関の向かい側です。

見事な逆光から分かるように、2つ並んだ窓は南向き。カーテンよりもブラインドの方がしっくりきそうなビジュアルです。

カサデアート

引きで見てみましょう。

壁はOSB合板という素材。木片と接着剤を熱圧成型した木質ボードで、強度はもちろん断熱性・気密性・防虫性にも優れています。なにより見た目がカッコいい。

カサデアート

設備を順に

続きまして、設備面の紹介です。

キッチンは柱を挟んだL字型で、コンロはご自身で用意していただくタイプ。2つあるガス栓の距離感が気になりますが、倦怠期なのでしょう。そっとしてあげましょう。

カサデアート

水回りはアメリカンセパレートタイプ。独立洗面台、室内洗濯パン、ウォシュレットと最低限揃っております。

「洗面台が小ぶりやな」と思ったのも束の間、南向きの大きな窓が「そんなんどうでもええやん」と全て吹っ飛ばしてくれるようです。

カサデアート

浴室に乾燥機や追い焚きはございません。見てくれは「全て備わってますよ」といった顔をしているのに。

ですがここにも窓がついているので、「まあ言うほど使わんか」といった気分になります。

カサデアート

再びワンルームに戻ってきました。

備え付けのエアコンはもちろん、なんと床暖房も完備されております。夏は打ちっぱなしコンクリートでひんやり、冬は断熱性の優れたOSB合板に床暖房と春夏秋冬快適に過ごせるのではないでしょうか。

カサデアート

そしてこちらが当物件で唯一の収納。

特筆するポイントはありませんが、知らない人が隠れていては大変なので念のためパカリしておきます。

カサデアート

バルコニー

玄関横のバルコニーは土間からダイレクトアクセス。

西向きのため残念ながらスカイビルは見えませんが、物干し場としては大いに活躍してくれそうな陽当たりです。

カサデアート

それではおさらい。

北区大淀中二丁目から登場した一室は、JR線『大阪駅』・阪神線『福島駅』徒歩14分。駅からぼちぼち歩くものの、再開発の進むうめきたエリアは今話題のスポットです。

築30年のデザイナーズマンションは全室角部屋という神配置。なかでも南向きの窓が備わった日当たり抜群の当物件は31㎡のワンルームです。

気になる諸費用は、敷金ゼロ礼金1ヶ月月額8.5万円とそれなりの価格帯。しかし、近い将来、ランドマーク都市の近郊となるならば、家賃帯が上がる今のうちから住むのもアリかもしれません。

未来の凱旋門から徒歩5分、注目エリアのデザイン性が高いお部屋は限定1室のみ。

お問い合わせは渋井不動産まで。
(物件番号:77154)

カサデアート

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ