シェア
アーク上町
XL
本日は大阪メトロ『谷町六丁目駅』にやってきた。谷町線・長堀鶴見緑地線が乗り入れる駅だ

地下から地上へ出ると、谷町筋と長堀通が交わる交差点が現れる。きっと地面の下でも、紫と黄緑のカラーを纏った電車が地層違いで交わっているのだろう。そう考えると、大阪市では8路線の地下鉄が通っているので、街のあちこちで地下鉄がすれ違っているはずだ。

さて、大幅に話は逸れたが、本日はこの交差点から徒歩6分ほどのところにあるメゾネット物件を紹介しよう

2階スタート

鍼灸整骨院が入る1階から階段を上り、2階からエレベーターに乗る。もしも階段の上り下りで膝を痛めた場合は、ムチを打つかハリを打つか、お好みでお選びいただける仕様だ。

目指すは最上階。5階のボタンを押す。

ワンフロア2戸

エレベーターを降りると、思わず「伊右衛門」と書きたくなるような深緑色のドアが登場。

他の住居はお向かいさんのみと、ワンフロア2戸なのも嬉しいポイントだ。

ドアtoドア

ドアを開けると、壁を埋め尽くす6つの扉。「片っ端から開けたい欲」が疼くのは私だけだろうか。

右手前のシューズボックスを筆頭に、正面のドア以外はすべて収納。では、左手の折り戸を開けてみよう。

階段下収納

ここはいわゆる「納戸」と呼ばれる部分。階段下のデッドスペースも、無駄なく活用できる。

ゴルフバッグなどの大きな荷物は、とにかくココへ置いておけば持ち出しも楽々だ。

6.5帖洋室

このフロア唯一の居室は6.5帖。トイレなどの設備は上階にあるため、2人以上で暮らす場合は部屋割りが要相談となる。

ちなみに、

この部屋にも収納完備。

これ以上何を収めるのかは分からないが、机や作業台代わりにするのもアリかもしれない。近ごろは押入れDIYなんてものも話題で、賃貸でも出来るノウハウは沢山ある。

上階へ

さて、冒頭でお伝えした通り、当物件は5階6階のメゾネット。もはや階段のアングルを見飽きた読者もいるだろうが、階段なしにメゾネットは語れないのだ。もしも私が膝をやられた時は、過去の階段写真とともに労災申請してみようと思う。

上階にはLDKと洋室、水回りなどの設備がある。まずは洋室から紹介していこう。

さっき見たな。

デジャヴのような光景が広がっているが、ここは間違いなく上階の洋室。下階が6.5帖に対し、上階は8帖と少し広い。

そしてやっぱり、

収納がある。

下階の洋室に比べると小ぶりではあるが、それは次のコマを見れば納得していただけるはずだ。

アーク上町
廊下に収納が並んでいるのだ。

ここまでくると、もはや執念を感じよう。床から天井までの本棚に、腰ほどの高さのカウンター、引き出し。そして、右手にある両開きの折り戸までも、

ご覧の収納。

保存食などをストックすればいいのだろうか。もはやである。

乾パンだけで半年分は貯蔵できそうな容量であるが、口の中の水分をすべて持っていかれるのでオススメはしない。珪藻土より吸水力がある、それが乾パンなのだ。

トイレまでも抜かりなし

さて、ここからは駆け足で紹介していこう。

カウンターはトイレにまで備え付けられており、通常より多くのトイレットペーパーが並べられる。ウォシュレットは壁面に埋め込まれているタイプ。

水回り

シャワータイプの洗面台はシャンドレ。窓が付いているので湿気が籠ることもない。

壁にぴったりと寄り沿った棚には1週間分のタオルがストックできるだろうか。

文句なしの浴室

浴室乾燥・追い炊き・ジェットバスと、三種の神器が揃った浴室。

水回りやトイレに真新しさは感じないが、これほど充実した設備を前にするとそんな些細なことはどうでも良くなる。

LDK11.5帖

最後はLDKを紹介して締めよう。

11.5帖の主役はやはりキッチン。居室・廊下を通してブラウンを基調とし、ぬくもり溢れる柔らかい空間となっているが、キッチンもアンティーク調のブラウン。スペックはガス3口に魚焼きグリルがついている

ここで注目すべきはシンク上のコチラ。

左手は上にパカリと、右手は下へガッシャンと開く。他の戸棚は両開きなのに対し、ここだけ何かカッコよかったので特筆してみた。そう、自己満足だ。

それではおさらいしよう。

中央区上町から登場の一室は大阪メトロ谷町線・鶴見緑地線『谷町六町目駅』徒歩6分。徒歩5分圏内にはスーパーやコンビニなどがあり利便性も十分。

80㎡の室内は2LDKに納戸つきのメゾネット。人より荷物が多めの方でも、きっと収まりきる物件だ。

肝心の賃料は月額13.3万円敷金5万円・礼金20万円)収納だけでなく、エアコンなどの設備も揃ってこの賃料。これを見逃すわけにはいかない。

お問い合わせは渋井不動産まで。
(物件番号:74358)

アーク上町
シェア
  • 谷六に現れた80㎡メゾネット、執念を感じる収納に何を収める?
  • 中央区

渋井不動産の最新情報をチェックする