マックス直伝、〇〇で“ヒネリ”を体得せよ。

ツイスター

カタカタ‥カタカタカタ‥

カタカタ‥カタ‥‥‥

‥‥‥‥‥

【登場人物】
サトシ:渋井不動産の広報担当。主にブログの更新を任されている。

ツイスター

バタン

ーサトシ
(くそッ、全然ダメだ。毎日脳みそを溶かしながら記事を書いてるけど、全然言葉が浮かんでこない。いい加減ネタが尽きてきたな。)

ツイスター

ーマックス
どうしたサトシ、煮詰まってんのか?

ーサトシ
そうなんですよ。なんかこう、その物件の魅力を伝えようと色々考えるんですけど、いまいち上手い言葉が出てこないんですよね。しかも家を買ったり借りたりっていうのは契約事じゃないですか。だから記事を書くにしても神経が擦り減るというかなんというか。

【登場人物】
マックス:渋井不動産の営業ディレクター。業界経験値MAXの男。

ツイスター

ーマックス
なるほどな。マジメに書かなくちゃいけないのはその通りなんだけど、だからといってマジメ過ぎるのも考えものだな。

ーサトシ
ほうほう、というのは?

ーマックス
大切なのは“ヒネリ”。何かを例えて表現するにしても、ヒネリが効いていた方が読み応えもあるし面白いだろ?

ツイスター

ーサトシ
そうは言っても難しいなぁ。

ーマックス
と思うだろ?実はヒネリを体得するのに良いトレーニングがあるんだ。やってみるか?

ーサトシ
興味深いですね。是非お願いします。

ツイスター

ーマックス
どうだサトシ、徐々にヒネリが効いてきたんじゃないか?

ーサトシ
えぇ、かなりヒネってますね。でもこれって・・・

ツイスター

ーサトシ
ツイスターゲームじゃないですか!大の男が二人でやるもんじゃないでしょう。

ーマックス
わがままを言うな。ヒネリを習得したいんだろ?騙されたと思ってこのまま続けるんだ。

ツイスター

ーマックス
突然ですがここで問題です。甘いものが苦手なお父さんでも喜ぶパイってなぁんだ?

ーサトシ
何を言うてはるんですか。そんなもん正解はおっp・・・(いや待てよ。これはヒネリを習得するためのトレーニング、そんな普通の答えじゃないはずだ)。

ツイスター

ーサトシ
乾杯!!

ーマックス
ほう、やるじゃないか。

ツイスター

ーマックス
デデン、興奮すると大きくなるものってなぁんだ?

ーサトシ
ぐぬぬ・・(この人、クールな顔してなに言ってるんだろう)

ツイスター

ーサトシ
瞳孔!!

ーマックス
いいぞ、その調子だ。

ツイスター

その後、特訓は数時間に及んだ。

ツイスター

ツイスター

ーマックス
どうだ?トレーニングを終えてみての感想は。

ーサトシ
うーん、正直なところコレといった実感はないですね。というか、これってヒネリを習得するためのトレーニングですよね?それがツイスターゲームってあまりにも短絡的というか・・

ーマックス
ふむ、何か言いたげだな。続けたまえ。

ツイスター

ーサトシ
それこそ全然“ヒネリ”が効いてないじゃないですか。

ツイスター

ーマックス
ッ!!!!!!!

ツイスター

ーマックス
・・・。

ーサトシ
(ちょっと強く言い過ぎたかな)

ツイスター

こんにちは、サトシです。

残念ながら今回の特訓で“ヒネリ”を習得することはできませんでした。しかしツイスターゲームを通して、部屋探しにおいてもヒネリは重要な働きをするということに気付くことができました。つまりどういうことか。

例えば物件内覧時、一見マイナスに思える要素があったとしても、少し頭をヒネるだけでプラスに捉えることができたりもします。

つまりどういうことか

これはほんの一例ですが、

・エレベーターはないけど階段の上り下りが良い運動になる
・3点ユニットだけど掃除はラク
・日当たりはないけど昼間に働くボクには関係ない

などなど。

もちろん理想の物件に出会えることに越したことはないですが、ツイスターゲームの要領で発想もツイストしてしまえば、今まで見向きもしなかった物件に新たな魅力を見出だせるのかもしれません。

お部屋探しは渋井不動産まで。

渋井不動産で働く

渋井不動産でお仕事をしてみませんか?渋井不動産では、一緒に働くメンバーを募集しています。興味のある方は下の採用応募フォームをご入力いただき、送信してください。
ご氏名をご入力ください
性別をご指定ください
生年月日をご入力ください
希望する職種をお選びください(複数選択可)
連絡に使用するメールアドレスをご入力ください
連絡に使用する電話番号をご入力ください
面接に都合の良い日時をご指定ください
応募動機や詳しい希望職種など、採用担当者へのメッセージをご記入ください