バンガローに迷い込んだ南堀江の1LDK、月額10万。

四ツ橋セントラルハイツ

本日の舞台は南堀江一丁目

南堀江の顔といえば、やはり『オレンジストリートa.k.a立花通り』。南堀江がどんな街かなんて説明は今さら不要だろうから、そそくさと物件紹介に移るとしよう。

本日紹介する物件はオレンジストリートの少しハズレ。昭和53年築のミドルエイジ、オートロックなしのガバガバセキュリティーだ。

※a.k.a:”also known as”の略。「またの名を」の意。映画「君の名は」の略称は”w.y.n” (what`s your name?)。

四ツ橋セントラルハイツ

内廊下

共用廊下はホテルライクな内廊下

内廊下のメリットはプライバシーを保てるほか、天候の影響を受けずに済むこと。対してデメリットを挙げておくとすれば、内廊下の物件は玄関ドアを開けっ放しにしておくことが禁止されていることが多いため、通気性という面においては微妙の極み

四ツ橋セントラルハイツ

早速室内に潜入。

壁には飴色の板が張られ、疾走感と同時に森の中のバンガローのような雰囲気を演出している。控えめに言って大好きだ

当たり前に思われるかもしれないが、シューズボックスがあるのも嬉しいポイント。キャパシティはボチボチだ。

四ツ橋セントラルハイツ

ビッグリビング

吸い込まれるように奥へ進むと、22帖のビッグLDKにご対面。さっきまでのようなログハウス的要素はない。しかしどこかハイセンスな空気を感じるのは私だけだろうか。

「どの辺が?」と問われれば少し困るが、総合的になんか良いのだ。「古臭い」と思う人と「渋い」と思う人に大きく分かれそうなところではあるが、あなたはきっと後者だと思う。気が合いそうだ。

私の背後には二面の窓があるのだが、その方角は南向き。とは言っても眼前には建物が立ちはだかっているため、日当たりについてはあまり期待しないでほしい。建物が密集する堀江というエリアでは致し方ないことだ。

四ツ橋セントラルハイツ

角度を変えてみよう。

日当たりは期待しないでほしいと言ったが、別に暗いわけではないので安心してほしい。ちなみにダウンライトは調光機能付きなので、指一本でムーディーな雰囲気を演出できる。無論、シーリングソケットも装備されているので、後々お好みの照明器具を付け足すことも可能だ。

この広さに対してエアコン一基で事足りるのだろうかとも思うが、以前まで誰かが住んでいたのだからおそらく大丈夫なのだろう。もしエアコンの効きが弱いようであれば、扇風機などを駆使して上手く空気を循環させてくれ。

四ツ橋セントラルハイツ

サンルーム

ガラス引き戸を開けるとサンルームがスタンバイ。その名の通り、このスペースに入った途端にクソ暑い。そしておそらく冬はクソ寒い。自然の摂理をこれでもかと体感できるはずだ。

洗濯物については、サンルームとは別にバルコニーもあるので、天候に応じて使い分けていただければと思う。

四ツ橋セントラルハイツ

リビングがこれだけ広いが、後に紹介する洋室は狭め。であれば、ベッドを置くならこのコーナーだろう。上手い具合にパーティションなどで仕切れば立派なベッドルームに早変わり。

四ツ橋セントラルハイツ

ガラリ

キッチンも直通だ。小腹が空いて夜中に目覚めても、ワンステップで冷蔵庫の食料を食い漁ることができる。肥満気味の方は特に注意してくれ。

四ツ橋セントラルハイツ

L字型キッチン

使い勝手の良いL字型キッチンには3口ガスと魚焼きグリルが標準装備。コンロ下部には電子レンジがすっぽりハマりそうなスペースもある。

さて、LDKを一通り見終えたところで、続いては冒頭で後回しにした洋室と水回りを見ていこう。

四ツ橋セントラルハイツ

使い方は自由

こちらの洋室は3.5帖

寝室にしても良いだろうが、エアコンも無いし前述の通り狭い。当物件には押入れやクローゼットなどの収納スペースがないので、ここは納戸として使うのが正解だろうか。ラックや突っ張り棒を駆使すればウォークインクローゼットにもなる便利モノだ。

四ツ橋セントラルハイツ

水回り

最後に水回りを確認しておこう。

タイルの柄が気になるが、それ以外はFutoo!!。強いていえば洗面台がシャンドレタイプではないということぐらいだ。

※Futoo!!:普通に良い。

四ツ橋セントラルハイツ

ブラックタイルが敷き詰められたトイレ。

便器のシルエットが妙にどんくさい。おそらくだが、クラシック便器にウォシュレット付きの便座をコンバートした成れの果てだろう。

四ツ橋セントラルハイツ

ウォシュレット付きとは言っても、いわゆる“おしり”ボタンしかないミニマリスト。ま、使い勝手に関しては問題ないはずだ。

四ツ橋セントラルハイツ

最後にバスルーム。

ここもどこかクラシックなモデルの浴室だ。シャワーヘッドだけ新しめなこと以外は特筆することはない。

四ツ橋セントラルハイツ

南堀江一丁目という誰もが憧れるグッドリッチから、61㎡のビッグ1LDKが登場だ。四つ橋線「四ツ橋」駅から徒歩5分、オレンジストリートまでは徒歩30秒ほど。

職場から近過ぎるというのも場合によっては考えものだが、この界隈で活躍するカップルさん達に是非検討していただきたい。

そして何と言っても、当物件はペットの飼育が相談可

敷金ゼロ礼金2ヶ月、賃料は共益費込月額10万円だ。

このエリアにしてこの広さ、そして魅力的な賃料とこのオーラ、嬉しさのあまり愛犬も走り回るに違いない。

お問い合わせは渋井不動産まで。
(物件番号:66253)

四ツ橋セントラルハイツ

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ