【売買】こんな家に住みたい。阿波座セントラルハイツの最上階が募集開始。

ここは大阪府大阪市西区。

かつて水都として繁栄した、大阪の街を色濃く感じるエリアです。
土佐堀川や木津川、道頓堀川に囲まれた立地は、流通の要として居を連ね、戦後は問屋・卸業者が集まる商都に発展いたしました。

戦前には大阪市の重要な官公庁が大阪市西区にならび、その後御堂筋の開通によって現在の大阪市内のレイアウトが形成されたのです。

大阪市西区の特色は、何と言っても住みやすい地域性ではないでしょうか。

西区の中央に位置する靱公園も、戦前は街路樹・建材の人工林として使われ、戦中は航空機の発着場でしたが、現在では丁寧に作られたランドスケープが美しい憩いの場所に昇華されています。

心斎橋・なんばエリアにほど近い立地にも関わらず公園や緑地帯が多く、住み心地のよさ・利便性においては他の地域にはない特色と言えるでしょう。

本日ご紹介する物件の所在地は、大阪市西区立売堀(いたちぼり)。
かつて戦国時代に伊達家が所有していたことから、その地名になったと言われています。
(伊達の読みを音読みにするとイタチとなる。)

実は、今回記事を執筆している私自身もこの立売堀に住んでいます。
新町と阿波座に南北を挟まれた場所ですが、前述の伊達家の由来を聞いてからこの住所に愛着が湧きました。

そんな立売堀の一番西側、木津川の側で1974年11月に竣工したマンションを本日ご紹介いたします。

阿波座セントラルハイツ

・築年月:1974年11月
・総戸数:180戸
・所在地:大阪市西区立売堀六丁目
・構 造:SRC造11階建
・施 主:東光商事株式会社
・施 工:鹿島建設株式会社
・管 理:三菱地所コミュニティ株式会社
・交 通:大阪メトロ中央線・千日前線「阿波座」駅 徒歩4分/大阪メトロ長堀鶴見緑地線「西長堀」駅 徒歩6分

竣工から40年以上が経過した分譲マンションですが、手入れの行き届いた共用部から、住民のみなさんに愛されている様子が伺えますね。

弊社HPをご覧の皆様の中には、リノベーションの素材として、築年数が経過したマンションの購入を検討されている方もいらっしゃると思います。
共用部が清潔か否か、また定期的な修繕の有無などをキチンと確認されることも大切です。

阿波座セントラルハイツのエレベーターの停止階は「1」「4」「7」「10」の4フロア。
その他の階には停止階からそれぞれ玄関前に伸びた階段を上下していただきます。

本日の物件は11階の最上階ですので、10階フロアでエレベーターを降ります。
そして目的の号室前に伸びるステップを昇ります。

出会う玄関扉も、定期的な改修が伺えます。

竣工当時の扉はもちろん入れ替えられ、前述の通り築古マンションの購入を検討されている方にも心からお勧めできる物件です。

それでは扉を開けてみましょう。

室内に入ると大きく開かれた空間が私を待っていました。

大切な自転車を置いておくこともできるほど、大きく取られた土間部分。框(かまち)からすでにヌクモリティを感じさせる無垢材がふんだんに使用されています。

Designed by Teruhiro Yanagihara

柳原 照弘

1976年香川県生まれ。デザイナー。
2002年自身のスタジオを設立。デザインする状況をデザインするという考えのもと、国やジャンルの境界を超えたプロジェクトを手がける。クリエイティブディレクターとして家具ブランド KARIMOKU NEW STANDARD、革小物ブランド TYP/Morpho、陶磁器ブランド 1616/ arita japan、佐賀県とオランダ共同の有田焼プロジェクト2016/ 等の国際的なブランドの立ち上げに参加。

THREE、FIVEISM by THREE、JINS、竹尾淀屋橋見本帖等、店舗設計も多数手がけるデザイナーが、本物件のリノベーションを担当いたしました。

この内装に仕上がったのは、売主様がこの物件と出会った約10年前。

西区の築古分譲マンションでは珍しく、70平米を超える面積に出会い、そしてスケルトン状態から組み立てました。

当初はコの字を描くワンルームが完成し、その後お子さんの出産や暮らし方の変化に伴い、現在の1SLDKに間取りを変更いたしました。

阿波座セントラルハイツ

限りなくシンプル&フラットに近い空間を演出し、キッチンまわりにはオーナー様のこだわりが反映されています。

今でこそ主流になったステンレス仕上げのシステムキッチン。施工当時は珍しく、今見ても無垢材とのコントラストが新鮮に感じます。

売主様の趣味が料理だった為に、使っていくうちに棚を足したり、手元を照らすランプを設置したりと、ライフスタイルや使い勝手によって変化させていくことも、物件を購入する大きなメリットですね。

憧れていた大ぶりなダイニングテーブルも、大きなカウチソファも飲み込めるリビングの広さは18.5帖。

キッチン横に置かれた収納は固定されず、可動式のものを造作いたしました。

リビングに面したベランダも採光抜群、室内に心地よい日差しを届けてくれますね。

前述の通り、当初は間仕切りのない70平米を超える空間でしたが、家族が増えることで扉を新たに設けました。

こちらは納戸として活用できる3帖ほどのサービスルーム。

阿波座セントラルハイツ

そしてこちらが主寝室になる、7帖の空間。

あえて収納を設けないことで、無垢材の貼り目に沿って自然光差し込む空間が心地よく、清々しさを感じます。

また、写真奥に収納を組み立てていただければ、天井に施したカーテンレールで目隠しをすることも可能です。

阿波座セントラルハイツ

水回りは極力シンプルに、必要十分な設備のみ設置。

壁にはタイルが貼られ、清潔感があります。

阿波座セントラルハイツ

浴室には1216サイズのユニットが導入されています。

阿波座セントラルハイツ

お手洗いも、もちろん前回のリフォーム時に施工済みです。

阿波座セントラルハイツ

立売堀六丁目、阿波座セントラルハイツから登場した74.29㎡1SLDK。住まうあなたの想像力と、秘めた拡張性を楽しんでほしいと思います。

気になる価格は2620万円。

金利0.7%35年ローンを組むと仮定して、簡単なシミュレーションをしてみると、月々の返済額は7万円。そこに管理費・修繕積立金を含めても、月々9万円ほど。

場所・内装のクオリティーを踏まえた上で、もしこの物件が賃貸募集された場合、月々14〜15万円ほどでしょうか。それほどのポテンシャルを感じる物件です。

また、竣工当時には雑誌「Pen」にも掲載されました。

既存の内装に新しいエッセンスや内装工事をプラスして住んでいただいても◎。
内覧は随時可能となっております。ご予約はお電話、もしくはメール・LINEにて承ります。

ぜひ、ご検討くださいませ。

阿波座セントラルハイツ

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ