シェア
XL
堀江のレトロアンティーク「メゾンドオーク」

皆様お待ちかね、渋井不動産だ。

「これを待ってた。」

そんな人もいるかもしれない。

そう、本日ご紹介するのは、北堀江の有名アンティーク賃貸「メゾン・ド・オーク」の一室である。

メゾン・ド・オーク

滅多に空室の出ないこの物件から、今回出たのは共益費込10万円大きなワンルーム。

早速部屋の紹介に移りたいところだが、メゾン・ド・オークを知らない渋い不動産探しニューフェイスのために、まずは激渋な建物全体像を紹介することとする。

こちらが建物外観。レトロアンティークな佇まいで、一階には有名店「北極星」が入居している。

(卵アレルギーの私には用のない話だ。)

メゾン・ド・オーク

最近、自分の名前をここまで誇らしげに表示しているマンションは少ない気がする。
(どこかで見たマンション「サンプラザ中野」もまぁまぁ誇らしげだったが、コイツほどではない。)

『MAISON DE OAK』

「よくぞ来た。どうぞ入ってくれ」という声が聞こえてきそうな、重厚感溢れるダンディなエントランスである。

メゾン・ド・オーク

こちらがエントランスホール

平成には生まれない、昭和のデザインで作られた渋い敷きレンガの広々空間だ。

その広さからは「余裕」を感じることができ、新築マンション好きの方も一度目にすれば気に入る空間かと思われる。

メゾン・ド・オーク

その「余裕感」がリアルに表現されているのが、この「中庭」だ。

中庭のあるマンションはたまにあるものの、メゾン・ド・オークにはティータイムを楽しめるテーブルと椅子、そして井戸までが搭載されているのである。

どうだ渋いだろう。テーブルは限定一つのため順番待ちは避けられないが、入居後はぜひ利用してくれ。

メゾン・ド・オーク

中庭から見上げた景色も、堪らなく渋いので要チェックである。

外観の渋さ同様、重厚感抜群で強烈なレトロアンティークを感じることができるぞ。

メゾン・ド・オーク

こういう建築をなんていうのかは知らないが、なんか渋い。

内向きでコンニチワしているバルコニーは、本来であればウィークポイント。

しかしここでは違う。この独特のレトロな雰囲気が、ウィークポイントですら渋くしてくれてるわけだ。あっぱれ。

メゾン・ド・オーク

古くてサビサビしてる渡り廊下。

正直言うと、そこまで手入れもされておらず古臭い。

しかしこれもまた良い雰囲気を出しているというのだから、空き家に困るオーナー様(新築同様のリフォームなんかしちゃった方)なんかが知ったら残念がること間違いないだろう。

古くても、そのままで良い空間もあるのだ。

メゾン・ド・オーク

とまぁなんとなく「メゾン・ド・オーク」の渋さが伝わったところで、部屋の紹介に移りたいと思う。

この写真が、玄関を開けた瞬間のビューだ。

H型の広いワンルームは実にその広さ21帖。濃い色のフローリングが印象的なシンプル空間である。

メゾン・ド・オーク

キッチン部分まで入れて21帖のワンルームだから、この居室空間は約12帖ほどだろうか。

それでもこの白と茶のシンプルな空間は、二人暮らしまでカバーできる十分な広さがあると言えるだろう。

実際の広さは、その目と肌と毛で感じてくれ。

メゾン・ド・オーク

窓のある方向が南。

6階部分の南向きということもあり、採光力は抜群。

ナイス居心地の快適空間である。

メゾン・ド・オーク

部屋をあえて塞がない「扉なしのスクエア開口」が渋いポイント。

メゾン・ド・オーク

機能性の高い壁一面の収納も魅力のひとつ。

早速開けてみよう。

メゾン・ド・オーク

パカり。

 「よくぞ来た。どうぞ入ってくれ」という声が聞こえてきそうな、重厚感溢れるダンディなクローゼットである。
メゾン・ド・オーク

んまぁ正直普通に良い物件で「言うことがない」わけで、後は写真で楽しんでくれと言いたいところ。

最近やけに暑いし、パチパチとタイピングする私の手もそろそろ限界だ。

手汗ビショビショでキーボードが壊れる前に無言になるかもしれないので、注意してくれ。

メゾン・ド・オーク

左がキッチンで右がバルコニーだ。

(テキトーな紹介?いやいや、適当な紹介である。)

メゾン・ド・オーク

キッチンはFutoo!不動産というか、なんだったら少し弱め。

入居の際、ガスコンロは持参するタイプだ。

ちなみに、渋井不動産がオススメするガスコンロはリンナイ社製「クロワッサン」で、既に生産が終わっている希少価値の高い一品だが普通にヤフオクで出回っているから、この機会に購入を検討してみて欲しい。

また、希少価値シリーズで私が探しているものがある。

「イチローズ・モルト トランプシリーズ ♠9」

見つけた人は、ぜひ渋井不動産に連絡してくれ。この場を借りて、皆様にお願いする。ぜひ。

メゾン・ド・オーク

キッチン向かいのバルコニー。先ほどご紹介した通り、向かいの家とコンニチワするタイプだ。

私事で申し訳ないが、以前私が住んでいた部屋もここと同じような間取りで「キッチン向井のバルコニーの向井の家が向井さん家だった」という奇跡があった。

ここの向かいは向井さんだろうか。入居後、もし向井さんだった時はぜひ教えてくれ。

 

メゾン・ド・オーク

だんだんFutoo!不動産に偏ってきた感は否めないが、水回りはこんな具合。

アメリカンセパレートと言われるトイレ開放型だ。

しかし水回り設備は比較的新しいものが導入されており、水回りにうるさい女子も、これなら納得せざるを得ないレベル。

メゾン・ド・オーク

浴室には換気のできる小窓も設けられており、清涼感があってよろしい感じだ。

メゾン・ド・オーク

といった具合でどうだろう、物件紹介の仕方としては二流だったことを反省して、今回の記事は終わりにする。

もっとこう尻上がりな紹介にしたいところだったが、中身よりも建物全体の雰囲気の方が渋かったことが失策の要因といえる。 リズムも悪かった。

しかし今回ご紹介した「メゾン・ド・オーク」は、共益費込10万円のいわゆる広すぎたワンルームで、「空いている」ことに価値がある物件であるため少々予算オーバーでも飛びつく価値が十分あるひと品だ。

ぜひ検討してくれ。

 

以上

メゾン・ド・オーク
賃料 共益費 敷金 礼金
9万円 1万円 6万円 16万円
所在地 最寄駅 完成年月 構造
大阪市西区北堀江3 西長堀 昭和52年3月 RC造8階建
間取り 専有面積 バルコニー 物件種別
ワンルーム 48㎡ 有り マンション
所在階 総戸数 エレベーター 駐輪場 駐車場
6階 有り 有り 空き無し
渋井不動産からのお知らせ
シェア
  • 堀江の有名レトロアンティーク賃貸「メゾン・ド・オーク」に空室発生。
  • 西区

渋井不動産の最新情報をチェックする