動画新時代の幕開け、その名も「Osmo」

osmo

こんにちは、広報担当のオザワです。

本日は渋井不動産に新たなガジェットがやってきましたので、そいつを紹介しようと思います。

いきなりですが、皆さんは動画を撮影するとき、どんな撮影機器を使っていますか?大半の人はiPhoneでお手軽に撮影しているでしょうが、「もっとキレイに動画を撮影したい!」という向上心の権化のような人にオススメしたいアイテムがこちら。

osmo

【DJI Osmo Pocket】

2018年12月に発売されたジンバル(揺れや傾きを軽減する回転台)搭載カメラ、通称オスモ。驚いたと思いますが、まさかの最新ガジェットではなく、1年ちょっと前のアイテムを今更紹介しております。重さはわずか116グラムと、一般成人男性一日あたりの排便量(約200グラム)よりも軽く、持ちやすい設計。

以下ザックリとですが、現時点で僕が認識しているOsmoの特徴を記載しておきます。

osmo

特徴

手ブレ補正がスゴい

4K動画が撮影できる

カメラが自動で被写体を追っかける

今のところ、僕の脳が受け付けている簡単な特徴はこんなもんです。他にももっとあるのですが、なにぶん手に入れたばかりなので詳しく把握できておりません。

ちなみに、この小さい画面もタッチスクリーン仕様で、購入時の値段は4万円を切ってました。もっと詳しく知りたい方のために良サイトを見つけましたので、気になる方は以下をご覧ください。

dji Osmo Pocket公式サイト
↓↓↓
https://www.dji.com/jp/osmo-pocket

osmo

さて、ではこれからそのOsmoの持つ「カメラの新世界」をご覧いただこうと思います。「手ブレ」に関してが一番わかりやすいので、その違いをご覧いただきましょう。

比較対象は僕のiPhone7+、被写体はこちら。

osmo

サトシです。

広報担当として僕と一緒に記事を執筆しているのですが、今だになんでこんな髪型のやつと一緒に働いているのかわからなくなるときがあります。キレイに撮ったところでパンチパーマの解像度が上がるだけかもしれませんが、ここはひとつ我慢してくださいませ。

ご覧いただくのは動画で、後ろ向きのまま走って、なるべく手ブレしないよう「固定」を意識しながら撮影しました。ではまずはiPhoneの動画をご覧ください。

こちらがiPhone7+での撮影動画です。

こちらがOsmoでの撮影動画です。

osmo

いかがでしたでしょうか。Osmoの方が走っている最中も明らかに手ブレが減り、よりパンチパーマの鉄砲玉が迫ってくる恐怖を味わっていただけたかと思います。このように、Osmoは誰でも簡単に動画の質をあげることができる画期的なアイテムなのです。

そして、このOsmoの機能を駆使すれば他にも、シーンごとに様々な動画を撮影することができます。このあたりは僕が習得しましたら記事にしたいと思っておりますので、次回をお楽しみに。

以上、オザワでした。

渋井不動産で働く

渋井不動産でお仕事をしてみませんか?渋井不動産では、一緒に働くメンバーを募集しています。興味のある方は下の採用応募フォームをご入力いただき、送信してください。
ご氏名をご入力ください
性別をご指定ください
生年月日をご入力ください
希望する職種をお選びください(複数選択可)
連絡に使用するメールアドレスをご入力ください
連絡に使用する電話番号をご入力ください
面接に都合の良い日時をご指定ください
応募動機や詳しい希望職種など、採用担当者へのメッセージをご記入ください