飾らない君が好き、阿倍野区の単身男部屋が月額5.7万円。

丸中マンション

本日の舞台は阿倍野区。

『てんしば公園』や『あべのハルカス』など、再開発が著しい阿倍野・天王寺エリアだが、この地区には百年以上の歴史を持つ路面電車が現役バリバリで走っている。その名も阪堺電気軌道上町線、いわゆる「ちんちん電車」だ。

今さらだが、なぜ「ちんちん電車」と呼ぶのだろうと調べてみると、どうやら昔の車掌さんが“チンチン”という音が鳴るベルを使っていたからだそうだ。

丸中マンション

「へぇ〜」ともならない知識をドヤ顔でひけらかしたところで、本日はあべのハルカスの麓、阿倍野区は王子町一丁目からお届けしよう。

やってきたのは昭和44年築の鉄骨造アパートメント。見ての通り階段物件だ。勇んでストレッチしてみたが、紹介の部屋はたかだか2階。14段の階段なので、7段飛ばしで駆け上がればたったの2歩で上りきれる。

丸中マンション

玄関前に到着したところで、まずは当物件のウィークポイントを挙げておこう。

エレベーターがないというのも立派なウィークポイントであるが、2階程度ならまだ許容範囲内だろう。もうひとつのウィークポイントとしてはバルコニーがないということ。かと言って浴室乾燥機もない。家庭用の乾燥機を買うか部屋干しのどっちかだ。

2つのウィークポイントを挙げたところで早速室内を見ていこう。

丸中マンション

好きだ。

いきなり告白したものだからさぞかしパニクっているだろうが、あくまでも「室内の雰囲気が好き」という意味だ。妙な勘違いはしないでくれ。

シューズラックはゆとりある幅感で建て付けらており、ハイカットスニーカーでも型崩れを起こす心配はない。

丸中マンション

30㎡の1K

メインの居住空間となるのは6.5帖の洋室。

決して広くはないが、奥にベッドを置いて手前にソファとテレビを置けばそれなりにインテリアも楽しめるはずだ。床座スタイルのジベタリアンならもっと広々と使えるだろう。

「日当たり抜群」と言えるほどではないが、南向きの窓からはそれなりの太陽光が差し込んでいる。おかげでカラッとした室内環境だ。

※ジベタリアン:地べた(床)に座る人。

丸中マンション

一見すると簡素な仕上がりだが、我々のツボはばっちり抑えられているようだ。

床はフローリングでもなければクッションフロアでもない。ただのコンパネだ。しかしそれでいい。足し算ではなく引き算で導き出されたシンプルなデザインは何年住んでも飽きがこない。オシャレと呼ぶには程遠いが、ダーティーで男らしい仕上がりとなっている。

押入れの襖が外されたことによってダイニングテーブルとしても使えてしまう。DJブースにするにしてもちょうど良い高さだ。仮に収納として使う場合、カーテンレールが取り付けられているので恥ずかしいコレクションも隠しておくことができる。安心してくれ。

丸中マンション

天井はコンクリート剥き出しか?と思いきや、そうではないようだ。さしずめ壁紙を剥がしたときに現れる何らかの下地材だろう。そこに這わされた2本のダクトレール。スポットライトでムーディーでダーティーな雰囲気を演出してくれ。

写真をよく見てもらえればお分かりいただけるが、天井にはアンカーが数箇所打ち込まれているので、観葉植物をぶら下げるなんてこともできる。インテリアの幅も広がるに違いない。

丸中マンション

続いてはキッチンと水回りを見ていこう。

ちなみに、当物件の内装デザインを手掛けたのは『9(ナイン)株式会社』。ホテルの内装から店舗デザイン、一般住宅のリノベーションに至るまで、数多くの実績を持つデザインオフィスだ。余談だが、代表取締役の久田氏はスポーツが苦手だそうだ。

誰かに部屋を自慢する際、ちょっとした小咄として覚えておくといいだろう。

※『9株式会社』公式HP→https://www.ninedesign.jp/

丸中マンション

話が脱線したが、キッチンはステンレスのスタイリッシュ仕様。調理器具や調味料はキッチン下部、食器は上部の吊戸棚にしまっておくといい。

キッチンの対面には洗濯機置き場。冷蔵庫は洗濯機の横に置くことになるだろうか。

丸中マンション

水回り

洗面台は超小ぶり。顔を洗うだけでも一苦労なサイズ感だ。朝シャンの難易度ときたら絶望的。もはや手洗い場と言ったほうがしっくりくる。

風呂とトイレはどちらもFutoo!!の一言。セパレートなだけで万々歳だが、念のために確認しておこう。

※Futoo!!:普通に良い。

丸中マンション

三角座り入浴必須の正方形浴槽に追い焚き機能なんてあるはずもない。汗を流すだけなら十分だろう。

これと言った特徴はないが、強いて言えば小窓があるので換気能力は高めだ。

丸中マンション

続いてのトイレはウォシュレット完備の高年式モデルだ。

浴室と同じくこれといった特徴は見られないが、強いて言えば小窓があるので換気能力は高めだ。同じことを2度も言わせないでほしい。

丸中マンション

一通りの紹介を終えたところでおさらいに移ろう。

阿倍野区王子町一丁目から登場したこちらの物件は30㎡の1K。最寄りの阪堺電気軌道上町線「松虫」駅からは徒歩3分、谷町線「阿倍野」駅からは徒歩8分ほど。

簡素な内装だが、抑えるべきポイントはバチッと抑えられている。この飾り気の無さに男心はくすぐられるのだ。エレベーターとバルコニーがないという弱点はあるが、それらの弱点は賃料に反映する。

敷金ゼロ礼金1.5ヶ月、賃料は共益費込みの5.7万円

正直なところ、5万円台で我々のツボを突く物件はなかなか出てこない。そんな中現れたこちらの物件、さぞかしすぐに埋まってしまうことだろう。

お問い合わせはお早めに、渋井不動産まで。
(物件番号:59798)

丸中マンション

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ