弁天町から現れたエッグぃ貸家、投げやりな賃料で募集中。

hayashisouko

暖かい日が続いていたが、またもや急激に寒くなった今日このごろ。どうも、渋井不動産だ。

やってきたのは港区弁天三丁目。紹介の物件までは中央線「弁天町」駅から徒歩10分。この小さくてのどかな『弁天公園』のスグ近くだ。

ここ最近、小奇麗なリノベ物件や小洒落たデザイナーズ物件の紹介が続いていたということで、久しぶりにエッグいのを持ってきたぞ。そう、本日は卵井不動産チャンネルからのお送りだ。

※卵井不動産:街中に潜む希少価値の高い「エッグぅぅぅ」な不動産だけをセレクトした新しい物件ジャンル。

hayashisouko

それがコチラ。

築年数不詳の連棟貸家だ。

写真でも分かるように、現状はかなりキている。床はホコリまみれだし、畳を踏んだ瞬間、これまで体験したことのないグニャリとした感触に襲われる。もはや「誰が住むねん」と言ってしまいたくなるほど。しかもクリーニングやリフォームが入るわけでもなく、現状そのままの引き渡しだ

hayashisouko

DIY前提

「おいおい、正気かよ」という声が聞こえてきそうだが、私は至って真面目である。

というのもこの物件、基本的に室内の改装は自由。とは言えここはあくまでも連棟貸家。誤って壁をブチ抜いてしまうと、隣の住人さんとコンニチハすることになるからその辺りは要注意だ。管理会社の人に「原状回復義務とか無いんですか?」と聞いたところ、「そんなモンはありません。何をしようが今の状態よりは良くなるでしょうから」と清々しいほど開き直った回答をもらったぞ。

どうしても現状のままが良いと言うのなら話は別だが、DIYやリノベーション素材として考えた方がいいだろう。もしくはただの倉庫として使うかだ。

hayashisouko

2階部分

続いては2階部分。

いかんせんこんな状態だから、室内の細々とした箇所なんて見るまでもない。例えば私がここで「土壁がステキ」などと言ったところで、一体誰が納得してくれるだろうか。

ま、こんな見てくれではあるが、一応トイレもあれば風呂もある。もちろん和式便所に正方形浴槽だ。それについては全然構わないのだが、絵面的に見せれたモンじゃないのでここでは割愛するとしよう。

ここまで見てきて思ったこと、私ならただの倉庫として使うに一票だ。そしてホコリのせいか、何だか喉がイガイガしてきたぞ。

なに見とんねん。

hayashisouko

というわけで一旦外に避難。

写真左手の引き戸は先程の室内へと続く。で、右手のシャッター部分はと言うと、実はこちらもあなたのテリトリーだ

hayashisouko

電動シャッター

しかも新品の電動シャッターときた。

私が散々ディスったばっかりに、いよいよ本気を出してきたようだ。そうこなくっちゃ。

Let’s イグニッション

ヴィィィィーン

hayashisouko

荒野倉庫

現れたのは荒野と化した倉庫

サイズ感としては幅2300奥行き7200、シャッターの全高は2500。難易度は高いが、キャラバンやハイエースでも何とか格納できそうだ。内覧の際、実際に試してみることをオススメしておこう。

ちなみに地べたは瓦礫にまみれているが、入居者が決まった暁にはばっちりコンクリートで舗装してくれるらしい。まるっきり現状渡しだと思っていたから、これは嬉しいサービスだ。

hayashisouko

天井を見上げてみると、どうやら2階部分と思わしき空間が待ち構えている。とは言え、頼りなさそうな梁にペラッペラの板が敷かれているだけだ。一歩でも立ち入ろうものなら、一発で底が抜けてしまいそうなほど弱々しい

それに反して「こっち来いよ」と言わんばかりに立てかけられたハシゴ。やけに挑発的だが、ここは受けて立とうじゃないか。

念押ししておくが、どう考えてもデンジャラスなので読者のみんなは絶対にマネしないでくれ

hayashisouko

【速報】コワい

hayashisouko

デンジャラスゾーン

2階部分の様子がコチラ。この写真は国宝級に貴重な一枚となるだろう。

そしてさすがの私でもここまでが限界だ。すまない。身の危険を呈してでも、ありのままを伝えようとする私のジャーナリズム精神に絶大なるリスペクトを送ってくれ

hayashisouko

恐怖のあまり心泊数が180をオーバーしそうなので、そろそろおさらいに移ろう。

本日紹介したコチラの物件は居住空間・倉庫部分も合わせて約48㎡。最寄りの「弁天町」駅からは徒歩10分。何度も言うが現状渡しとなるので、倉庫利用やDIY前提の物件であることは予めご承知おき願いたい。

目も当てられないほどヤレた室内とは裏腹に、倉庫部分には新品の電動シャッター付き。自分だけのガレージハウスを作り上げてしまうのも悪くない。

敷金ゼロ礼金2ヶ月、気になる賃料はなんとたったの5.5万円。もはや投げやりとも思える賃料での登場だ。

お問い合わせは渋井不動産まで。
(物件番号:58397)

hayashisouko

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ