立売堀のツンデレメゾネットに弄ばれた僕。

オルフェアV番館

ごきげんよう、渋井不動産だ。

本日の舞台は標識が示す通り、西区立売堀一丁目。この大きな道路は府道41号線、「なにわ筋」と言ったほうが分かりやすいだろうか。

各線「本町」駅からは徒歩5分、長堀鶴見緑地線「西大橋」駅からだと徒歩8分ほど。頑張れば堀江やミナミも徒歩圏内だし、めちゃくちゃ頑張れば梅田だって徒歩圏内(約40分)グッドリッチだ。

オルフェアV番館

紹介の物件は今年の5月で16歳を迎えるピチピチマンションの1階。エレベーターの混雑にも巻き込まれないし、災害が起こった際は誰よりも素速く避難することができる。ちなみにエントランスは安心のオートロック付きだ。

また、1階に住戸はここだけなので、他の住人さんからは管理人と勘違いされるかもしれない。多くは語らず、見たことないレベルのドヤ顔で応戦してくれ。

オルフェアV番館

早速室内へ潜入。

まずは三菱電機が誇る電気温水器「ダイヤホット」に迎えられる。シューズボックスも完備で今のところ文句ナシだ。まだ序章も序章だが。

そして写真をよく見てほしい。ここは1階だと言うのに、どういうわけか下に続く階段がある。メゾネットとは聞いていたが、まさかダウンメゾネットだとは思いもしなかった。この先の期待が膨らむ。

オルフェアV番館

半地下

1階なのにダウンメゾネット。つまり、この空間は半地下というわけだ。15帖の広さを有し、インテリアを楽しむのにも充分なゆとりがある。

さっきも言ったが、1階部分に住戸はここだけなので、それなりの音量で音楽を楽しむことができる。とはいえ、ガチのサウンドシステムを持ち込んで地鳴りレベルの重低音を鳴らすのはやめてくれ。「常識」という言葉はあまり好きじゃないからここでは使わないが、あくまでも「良識」の範囲内で楽しんでほしい。キャンバスのような壁にプロジェクターを向ければ、簡易ホームシアターの出来上がりだ。

ちなみにバルコニーは南向きなのだが、日当たりは皆無だと思っておいてほしい。

オルフェアV番館

塀の中での生活

その理由は見ての通り。

一般的に「1階は日当たりが悪い」と認知されているが、ここは1階よりも低い半地下。そして目の前にはマンション。それに加えてこの高すぎた塀。役満である。

外の光は多少なりとも入ってくるが、直射日光とは無縁の生活を余儀なくされる。つまり、シャバにいながらムショ暮らしを疑似体験できるというわけだ。眺望もなければ希望もない。そこにあるのは猛烈な虚無感のみだ。

オルフェアV番館

塀に囲まれていると気が滅入ってしまいそうなので、続いては上階を見ていくことに。

一度下げておきながら再び上げさせる。ツンデレもいいとこ。もしくは私のことをチョロQだとでも思っているのだろうか。ま、対女性の場面に於いても、マイナスからのスタートの方が燃え上がる私にとっては屁でもない。

オルフェアV番館

LDK12帖

上階には12帖のLDK。

半地下の洋室部分と大差ない雰囲気だ。異なる点があるとすれば、キッチンがあるかないかぐらいのものだろう。

オルフェアV番館

IHの3口に魚焼きグリル、広々シンクが搭載されたシステムキッチン。いかんせんIHなので、パラパラチャーハンを作るには少々パワー不足かもしれないが、普通の家庭料理を作る分には何の不満もないだろう。

ここで大切なお知らせだ。実は当物件、数年前に一度紹介したことがある。その頃のキッチンと言えば、IHの1口に洗面器サイズのシンクだったのだが、この度めでたくパワーアップして帰ってきたというわけだ。

さて、最後に水回りを確認しておさらいに移るとしよう。単純にトイレに行きたいだけなのだが。

オルフェアV番館

なんてこった。

キッチンとトイレは目と鼻の先の距離なのだが、見ての通りそこには落とし穴が待ち構えている。飛び移ろうかとも考えたが、失敗した時のことを考えると足がすくんでしまった。捻挫で済まないのは火を見るより明らかだ。

つまり、料理中に催した場合は一度階段を下りて再び上る羽目になる。その逆も然り、用を足している途中で急にチャーハンを炒めたくなった場合も同じだ。

まさに届きそうで届かない、高飛車ギャルの悪戯に似ている。どれだけ私を弄べば気が済むのだろうか。

オルフェアV番館

アメセパ

やっとの思いで辿り着いた先はアメセパ。

トイレと洗面台が同じ空間にあるので、用を足しながら歯を磨くことができる。もちろんその逆も然り。これは人類三大発明のひとつかもしれない。

スペックとしてはいずれもFutoo!!だ。

※Futoo!!:普通に良い。

オルフェアV番館

少し下世話な内容が続いてしまったものだから、風呂でも入って綺麗さっぱり洗い流すとしよう。広々として使いやすそうな浴室だ。嬉しい浴室乾燥機付きだが、湯はり・追い焚き機能はない。

もう一度言おう。湯はり機能はない

オルフェアV番館

しかし「みはり」ならある。聞き慣れない機能だ。

なんのこっちゃと調べてみるとなかなか優秀な機能であることが分かった。どうやら、センサーが浴室の温度と湿度をはかり、衣類が乾いた頃に自動で停止してくれるらしい。

そういえば以前、加湿器を「強」にしたまま寝床に就いて朝起きたときに床がビッチャビチャになっていたことがある。そんなドジっ子の私にも付けてほしい機能だ。

オルフェアV番館

というわけでおさらいだ。

本日紹介したツンデレメゾネットは58㎡の1LDK。物件所在は西区立売堀一丁目。最寄りの「本町」駅からは徒歩5分ほどで、堀江や心斎橋もスグのグッドリッチからの登場だ。

一度下げておきながら再び上げさせられるし、太陽の届かない塀の中で暮らすことになるが、普段女性の尻に敷かれがちなあなたにはお似合いの物件かもしれない。

敷金ゼロ礼金2ヶ月、賃料は共益費込の12.8万円での大募集中だ。

今さらだが、SOHO利用も相談可なので受け身の社長さんには是非とも検討していただきたい。

お問い合わせは渋井不動産まで。
(物件番号:58153)

オルフェアV番館

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ