青すぎた最上階和洋ゲッチュー、13万円。

ごきげんよう、渋井不動産だ。

渋井不動産の物件情報も、えらいご無沙汰で大変申し訳無い感じではあるが、今日は「見どころ満載」「破壊力抜群」の渋いやつを仕入れてきたから勘弁して見てみてくれ。

(本エピソードは少し長めです。ご注意ください。)  

今日は一体どこに迷い込んでしまったのだろう。

ここ北堀江で、なんとも和洋がセッチューしている絶妙なエントランスを見つけたのが本物件掲載のきっかけだ。

エントランスには機能的な二段式自転車置場も搭載しており、知らない人に自転車をゲッチューされないようになっている。

エントランスの扉は大きく、まるで昭和のホテルのよう。

レトロアンティークの雰囲気ながらオートロック搭載で、さらにはカード式という最先端っぷりでお出迎えだ。こういうのを温故知新というのだろうか。

写真では伝わりきらない、独特の雰囲気があるからぜひ一度見に来てくれ。

大きな自動扉をくぐれば、めちゃくちゃ渋くて独特な雰囲気のエントランスロビーがその姿を現した。パワースポットか何かだろうか。

共用施設に「パワースポット」を完備した物件など、他にはない。

共用施設に飾られた小物の一つをパシャリしてみた。

アンティークな船の置物である。

★問題:この船の置物は、このマンションのどこかに隠れています。内覧時に見つけられた人には、もれなく観葉植物をプレゼント!ぜひ、クイズに挑戦がてら内覧に来てみてください。

割と綺麗なエレベーターを使って最上階まで上がってきた。

嬉しいことに、どうやらワンフロア一戸の特別ルームらしい。

部屋の期待度を高める石張りの壁重厚な木の玄関扉

早速中へ入ってみよう。

 

ガチャリ。

おお、思ってた感じとは違ったものの期待通りの一点モノ空間だ。

無垢材フローリングのめちゃ渋物件を期待していただけにツルピカ黒タイルは少し残念といった感じだが、

大きくてレトロな扉は渋いし、奥に見える濃ゆくて青いタイルが気になる感じである。

見てくれ、このシュールな光景を。

「めちゃくちゃ高い天井とツルピカの白タイル。洋風な照明が搭載されていて、円形の柱もなんだかヨーロピアンで素敵だわ。」

という説明がしたいところなのに、堂々と置かれたコタツ・オン・ザ・ホットカーペットが生活感を全開に出しまくっているではないか。

仕方が無いので、生活感全開のまま紹介していこう。

この広いリビングはかなり広く18帖もある。

南向きで、めちゃくちゃ日当たりが良い空間だ。

しっかし天井高えなぁと見上げると天窓まで搭載しているではないか。

天窓は、最上階ならではの希少価値高めの設備。渋いぜ。

勾配がつけられた(ナナメってる)天井も丸い柱も白い床も。

通常の賃貸物件とはかけ離れた不思議空間が、ここには広がっている。

あのコタツが通常サイズなのだから、広々18帖リビングの大きさは写真を見れば感じていただけるはずだ。

反対側からパシャリ。

おや?なにやら向こう側にやたらと青い壁が見えるぞ。

寄ってみよう。

寄ってみた。

青い。青すぎる。タイルは良いが、青すぎる。青好き以外は使ってくれるなと言わんばかりの凄まじく青いキッチンだ。

「青すぎ」と「青ずき」

濁点の付ける場所が違うだけで、意味は正反対。

ちなみにこれは、青すぎ

しかし、キッチン自体は使いやすい特大L字型システムキッチンだから安心してくれ。

気持ち悪いぐらいに並んだ取っ手の数から、その収納力の強さは感じていただけるだろう。

青すぎたキッチンから離れて、部屋の紹介に戻ろう。

こちらがリビングに隣接した洋室8帖だ。

パタパタと折戸をたためばリビングを更に広くし、タパタパと開けば個室として分けられる。

そんな機能的なナイス8帖に、おやおや?また渋いデバイスを見つけたぞ。

これだ。

内側も外側も観音開きという、珍しいひと品である。

見ての通りインナー観音開きは容易かったものの、アウター観音開きは鉄パイプが邪魔でカンノンビラきにくかったのは言うまでもない。

覗いてみると、どうやらここからの眺望は抜群に良いようだ。

アウター観音が邪魔で見えにくいので、バルコニーに出てみることにしよう。

素晴らしい「ヌケ」だ。

向こうに建つタワーマンションが若干邪魔というだけで、京セラドーム大阪まで見渡せる抜群の眺望である。

南を向いてパシャリ。

ここは9階なので危ないが、この屋根の上に猫でも置きたい気分である。

(ちなみに渋井不動産はおかげ様で大変忙しく、猫の手でも借りたい気分だ。よろしくどうぞ。)

ところ変わってこちらが6帖の寝室。

壁一面のクローゼット大きな窓が搭載された良い寝室だ。

この辺はさすが最上階独立角部屋といった感じで、全ての窓を開ければ凄まじい風通しを実現できる仕様である。

さぁ、見どころ満載の本物件もそろそろ終盤。あとは水回りを紹介して終わりにしよう。

こちらが洗面脱衣所

もちろん室内洗濯機置き場も搭載済みで、お馴染みの「脱いだらポイ」ができる良い脱衣所である。

淡い青色の便器にはウォッシュレットを搭載している。

言うまでもないが、キッチンとは雲泥の差だ。青さが。

そしてこちらが、嬉しい綺麗なバスルーム。

青すぎキッチンダブル観音など、良いのか悪いのか微妙なポイントが多かった物件だが、このバスルームだけは誰しもが良いと思える空間だろう。

しかしここにもまた、ガラスブロックの窓というコダワリをまた発見してしまった。

これがなかなか渋いと思う。

なぜなら「バスルームの窓といえば換気」という常識を覆す、希少価値抜群の珍しいひと品だからである。

それがどうしたと言われてしまうと終わりだが、ここまでコダワリの行き届いた賃貸物件が他にあるだろうか。いや、無い。

渋井不動産では「一点もの」「広くて安い」を定義に物件をピックアップしているのだが、ここまで見どころの多い物件は久しぶりだ。

見どころが多すぎて紹介文が長くなってしまったとは如何せんだが、以上で本物件の取材を終わりにしたいと思う。

久々の渋い不動産に、少々渋疲れしてしまった次第だ。

(渋疲れとは:物件が渋すぎて興奮することにより体力を失うこと。) 

と、思ったらまた何か珍しいものが・・・。

なんだろうこれは。

筆者の思うところでは、柿を干して干し柿を作ろうとしたものの干したことを忘れてそのまま引越してしまったため水分を失った干し柿かと思われる。

少々気持ち悪かったが、特に異臭は無かったので安心してくれ。

さて、干し柿が気持ち悪かったところで物件の紹介を終わりにしよう。

本物件、あなたの心はゲッチューできただろうか。

気になる家賃はというと、共益費をコミコミして13万円だ。

ぜひ、背伸びしてでも借りることを検討してくれ。

以上

(追記CV:本物件の壁は、写真を見ればわかるとおり全室「漆喰コテ塗り仕上げ」である。ザラザラしているためホッペタスリスリはできないので、十分注意してくれ。)

賃料共益費敷金礼金
12万円1万円0円20万円
所在地最寄駅完成年月構造
大阪市西区北堀江4-14-12西長堀昭和60年12月SRC造9階建
間取り専有面積バルコニー物件種別
2LDK約75㎡南向き賃貸マンション
所在階総戸数エレベーター駐輪場駐車場
9階14戸有り有り無し

お問い合わせ