北区上空の182㎡がまさかの敷礼ゼロ、高井不動産からお届け。

久しぶりの高井不動産

こんにちは、サトシです。

早いもので1月も半月が過ぎましたが、皆様ご調子のほどはいかがでしょうか。本日は儲かって仕方がない景気の良い社長様に向けて、高井不動産チャンネルからお送りいたします。

いかんせん高額な賃料ですから、厳重なセキュリティーに守られているのかと思いきや、意外にもすんなりと侵入することに成功しました。手口は簡単。クロネコヤマトの配送員になりすましたのです。やはり緑と黄色の服は持っておくもんですね。

メゾンエルミタージュ

ここが本日紹介する物件のバルコニーなのですが、ご覧くださいこのサイズ感。一体サトシ何人分でしょうか。決して僕が小さいのではありません。このバルコニーが広すぎるだけなのです。

とは言っても、ヘリコプターを常駐させておくには少しキャパ不足。いくらあなたが儲かりまくりの社長さんとは言え、たまには自分の足を使うことも大切ですよ。

メゾンエルミタージュ

もはや一軒家

マンションの最上階を独り占めするようにおっ建てられた182㎡。もはや「部屋」とか「一室」と表現することに違和感を覚えます。

物件の所在は北区長柄西二丁目。最寄りの『天神橋筋六丁目』駅からは徒歩10分。バルコニーからは大阪の景色を360度見渡すことができます。

メゾンエルミタージュ

大まかなサイズ感を捉えていただいたところで、まずはベーシックに玄関土間からご覧いただきましょう。

玄関ドアを開けた瞬間から、お金持ちのニオイがプンプンします。叶姉妹もこんなニオイなのでしょうか。採光性に優れたハイサッシの窓が、開放感と高級感を演出しています。

「このガラス、一枚ナンボするんやろ」なんて考えてしまうあたりに、僕のしみったれ根性が露呈されます。カーテン代だけでも相当な出費が予想されますが、嬉しいことにカーテンは設置済み。これは前の入居者様からの置き土産。ありがたく頂戴しておきましょう。

メゾンエルミタージュ

それでは玄関上がって右側からチェックしていきますが、詳しい位置関係は最後の間取り図でご確認いただければと思います。

それにしても、フローリングの組み方が小洒落ていますね。パーケットフローリングとでも言いましょうか。萌えますね。

メゾンエルミタージュ

納戸

天井高約4メートルはあるであろう納戸。

チェ・ホンマンでも最上段には手が届かないでしょうから、ここを使いこなすには高めの脚立が必須です。

メゾンエルミタージュ

続いてはトイレ。

赤青白のタイルが敷き詰められたトリコロールな空間です。男性を示す、女性を示す、要するにユニセックスということでしょうか。何はともあれ、横になって寝れるぐらいには広いですね。

今知ったのですが、『ユニセックス』と入力すると『男女兼用』と予測変換されるんですね。Macの賢さに喰らわされました。最近Be動詞を覚えた僕もビックリです。

さ、続けましょう。

洗練された和室

こちらは10帖の和室。

日本刀と掛け軸がこれでもかと似合いそうな床の間ですね。これは『書院造り』と呼ばれる和室で、室町時代から江戸時代初期に確立された武家の建築様式です。そりゃあ日本刀も似合います。

和室の隣には9帖の洋室があるのですが、最後にお見せする10帖の洋室と似たような雰囲気なので、記事の都合上今回は割愛させていただきます。

メゾンエルミタージュ

続いてはリビングを見ていこうと思うのですが、この時点で期待値はうなぎのぼり。

観音開きで迎え入れてくれるリビングも珍しいもんです。大きい家具を搬入させる気満々ですね。引越し業者さんとしては有り難い配慮ですが。

メゾンエルミタージュ

パカリ

Here we go.

メゾンエルミタージュ

 リビング18帖

物件のメインとなるリビングは18帖

ここに来てフローリングの組み方が変わりましたね。個人的には先程のパーケットフローリングの方が好みです。東と南を向いた窓からはたっぷりの採光。天井に取り付けられたシーリングライトも、この日当たりを前にしては無力もいいとこです。

引っ越し後は友人知人、美女大勢を掻き集めて新居お披露目パーティーでも開催してください。バルコニーも開放すれば100人以上は余裕で収容可能です。

メゾンエルミタージュ

右肩上がりの天井が景気の良さを表現しています。儲かりまくりの社長様にピッタリです。もっとも、反対側から見れば右肩下がりであることは言うまでもありません。大切なのは気の持ちようということです。

写真右手の扉を開けるとキッチンがございます。見てみましょう。

メゾンエルミタージュ

キッチンスペースだけで約8.5帖の広さを有し、6人掛けのダイニングテーブルでも難なく置くことができます。

パーティーを開催しようものならキッチンは戦場と化しますからね。もこみちを呼ぶにしてもシェフを雇うにしても、キッチンは広いに越したことはありません。写真では確認できませんが、排煙装置が付いているので常に強火で料理に勤しめます。

キッチンを奥に進むと、それはそれは上等な洗面台が現れます。特注品かどうかまでは分かりかねますが、少なくとも量産型の既成品ではなさそうです。

蛇口が伸びるシャンドレタイプではないので朝シャンの難易度は高め。ですが、ここに住むことを検討する方がそんなドタバタな毎日を送っているとは思えません。続いて紹介するバスルームで優雅な朝風呂をご満喫ください。

メゾンエルミタージュ

至福のひとときを

さて、噂のバスルームは一流ホテル顔負けの佇まい。職人さんが丹精込めて仕上げた一点物です。

このクラスになると浴室暖房乾燥機が当たり前のような顔で標準装備。真冬は服を脱ぐことすら億劫になりますが、入浴数分前に暖房をONしておけば万事解決です。

メゾンエルミタージュ

イマジンオールザピーポー。

浴槽に浸かっていることを想像してください。バスルームからは淀川の景色を独り占めです。いくらお風呂が大好きなしずかちゃんでも、長湯の果てに茹で上がってしまうことでしょう。

ご覧の通り正面にはマンションが建っていますので、裸を見せるのが恥ずかしいという方はブラインドを閉めるか身体を鍛え上げるかのどっちかです。

夜の姿も見ておきたいところですが、それは内覧時のお楽しみということでご理解ください。弊社の営業は18時までですが、それ以降の案内も喜んで承ります。

メゾンエルミタージュ

10帖洋室

最後に見ておくのは10帖の洋室。

この洋室からは冒頭のルーフバルコニーに出ることができます。窓1枚が通常の窓2枚分ほどの幅がありますから、窓の開け閉めだけでもなかなかの体力を消費します。か弱い女性だと手こずってしまうかもしれませんね。神取忍なら得意技の一本足頭突きでガラスごと粉砕するのでしょうが。

※神取忍(かんどりしのぶ):日本の女子プロレスラー。ニックネームは「女子プロレス最強の男」。

こちらの洋室には便利なウォークインクローゼットもスタンバイ。厚手のアウターでも30着から40着程度は収納できそうです。

ちなみに、割愛した9帖の洋室にも同サイズのウォークインクローゼットがございます。これなら部屋割りで揉めることもありませんね。

北区長柄西二丁目の上空におっ建つ当物件は182㎡の3LDK。これだけでも規格外の広さですが、それに加えて特大のルーフバルコニーが優越感を加速させます。存分に浸ってください。

気になる賃料は共益費込みの31.5万円。状態悪めの中古自動車が毎月一台買えるほどの賃料ですから、いくらお金持ちでもそう簡単にホイホイ出せる額ではないでしょう。しかし驚くことに、なんと敷金礼金がゼロ。初期費用をグンと抑えて入居することができます。こうなると売れっ子YouTuberが悪ノリで借りそうですが、僕としてはこの物件に愛情を注いでくれる方に住んでいただきたく思います。なんて言うのは横柄でしょうか。

あなたからのお問い合わせ、お待ちしております。

渋井不動産までどうぞ。
(物件番号:56846)

メゾンエルミタージュ

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ