梅田まで歩ける福島区の60㎡1LDKが、この価格のワケ。

北一ビル

市内上位ランカー「福島区」

ここは大阪市福島区。大阪の住みたい街ランキングではどの媒体でもだいたい上位に食い込む、90年代の小室ファミリー的人気を誇るエリアである。言わずとしれた梅田までのアクセスの良さ、そしてグルメも唸る名店が数多く立ち並ぶ商店街という、この二本柱が人気の主軸である。ご覧のような高架下からの画では想像もつかないだろうが、駅周辺には築浅で綺麗なマンションも多数見られる。

北一ビル

築浅物件が多数見られると言っても、ブログで紹介するのはその限りでは無い。

1階共用部には自転車がもたれかかり、このご時世に手書きの注意書きが壁に貼られている。ちなみに、これから向かうフロアは2階。エレベーターはあることはあるのだが、中2階から乗る形になるので、そのまま階段で部屋へと向かったほうが利口だ。

北一ビル

室内へと入ると、ビルの経年と比例しない小奇麗な空間が広がっていた。

右手にはシューズボックス、そして突き当りには収納と非常に気が利いている。小物が密集しがちな玄関スペースではあるが、これぐらいワイドでゆとりある空間であればスペース的な心配は無さそうだ。布団を敷けば寝れる。

北一ビル

リビングへ向かう途中には洗面台などの水回りがある。

この脱衣所だけで3帖ほどあり、布団を敷けば寝れる。起きてすぐトイレ、歯磨き、そして朝シャンと、非常に効率的な生活を送れそうだ。

北一ビル

広いリビング

リビングは期待を裏切らない14帖

壁際に置かれたキッチンは、真新しさこそないもののガス3口システムキッチン。ダイニングテーブルを置いたとしても、ソファーなどの家具を置く余裕はある。

一応キッチン側からも見ておこう。

正面にエアコンが確認でき、左手の扉を開けると洋室だ。

北一ビル

広い寝室

リビング隣の洋室も11帖とかなりの広さ。

写真右手の壁際にベッドを配置するのであれば、長さ3mほどのベッドでもOK。細かく計測していないが、シングルベッドを縦に2つ並べることもできそうだ。

北一ビル

ウォークインクローゼット

そしてこの洋室には巨大なウォークインクローゼットも備わっている。

前後二列に配置されたハンガーパイプのおかげで、夫婦二人の洋服を区別しながら引っ掛けることができる。もちろん、季節ごとに前後を入れ替えるという収納方法でも構わない。

この1LDK、60㎡という広さで込9万円小室的人気エリアの1LDKが9万円という破格の賃料で登場だ。「安い」のにはだいたい理由があるのだが、それは一体何か。

北一ビル

理由その①:バルコニー無し

それはバルコニーが無く、日当たりもかなり乏しいことだ。

東・南と窓があるが、東側はこの有様。換気のときしか窓を開けることは無さそうだ。

北一ビル

理由その②:日当たり悪め

南側もマンションに囲まれており、見下され具合が尋常ではない。こんな曇りの日に言うのはどうかと思うが、日差しは期待できない。

安い理由は、ここにありだ。

北一ビル

福島区の1LDK60㎡が込9万円、礼金は20万円だ。場所と広さだけで見たら通常は13万円はしてくるであろう一部屋だが、安い理由はバルコニーと日差しに恵まれなかったためだ。場所は福島区福島六丁目、最寄り駅はJR福島駅で徒歩5分。そしてJRの大阪駅までも徒歩10分というグッドリッチで登場だ。

もし、あなたが市内での二人暮らしを考えているのであれば、この場所でこの賃料は非常に魅力的なはずだ。あとはバルコニーが無くても大丈夫か、日当たりは悪めでも大丈夫かをぜひ話し合ってほしい。とは言っても、ゆっくり話している暇は無いので、その点だけご注意を。

お問い合わせは、渋井不動産まで。
(物件番号:54988)

北一ビル

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ