城東区アングラハウス、76㎡で込6.5万円。

東中浜一丁目貸家

大阪市城東区

本日は少し足を伸ばして城東区へとやってきた渋井不動産。

これまで、この城東区に関しての紹介は月2件ぐらいのペースで紹介をしていたと思うし、それ以下の月もあったと思う。ただ、独特な戸建が発見されることが多く、最近渋井の中で密かに城東区ブームが沸き起こりつつあるので、これからは月に3件ぐらいのペースで紹介しようと思う。無論、それ以下の月もあると思う。

ここは城東区東中浜一丁目。周囲に目立ったレジャービルなどは無く、静かな住宅街の中に佇む一件の貸家である。

東中浜一丁目貸家

ガラガラガラっと玄関を開けると、昔ながらの広々とした土間。

ここにシューズボックスなどは無いが、ある程度の量ならこの土間に放置していても大丈夫そうだ。大事なピストバイクなどもここに置いておけば、スティールされる心配も無いだろう。

東中浜一丁目貸家

1階

小上がりあがって、ここが1階。

6帖の和室と、奥に板の間スペース、そしてトイレがある。トイレは意外にもウォシュレット付きの一品だった。ごくごく普通の空間である。

東中浜一丁目貸家

2階

続いて2階へやってきた。

ここも和室が広がっており、先程よりも少し広い7.5帖という広さ。この物件はまぁまぁ築年数が経っている(築44年)が、畳の綺麗さはそれなりに安心していただけると思う。

東中浜一丁目貸家

そのまま進むと、レトロな独立洗面台が姿を現す。

普段使いに支障は無さそうだが、朝シャンは難しそう。

東中浜一丁目貸家

洗面台の正面にはトイレ。

和式に蓋をかぶせただけのインスタント洋式。突貫工事ではあるが、正真正銘の和式よりまだマシなのかもしれない。

東中浜一丁目貸家

キッチンもこの2階にある。

コンロとデザイン性が無いレトロな一品。ただ調理スペースは割と広めだ。そして、キッチン横の外へ出れそうな扉を開けてみる。

東中浜一丁目貸家

リバービュー

バルコニーからのリバービュー

とても褒められたものじゃない、汚水のテンプレートみたいな色の川が目の前でせせらいでいた。晴れていればもう少し良い景色なのかもしれないが、曇っているときの世紀末感はなかなかである。

以上で、上階の紹介は終わり。

東中浜一丁目貸家

地下ステージ

続いて地下へ。

玄関土間入ってすぐ、地下へと誘う階段が暗闇へと伸びている。しかもよく見ると壁沿いにシューズボクスがあるじゃないか。チクフルらしからぬ機能美。

それではこれから、地下へと向かう。

東中浜一丁目貸家

ここが地下フロア。

「地下」という響きにワクワクした人もいるだろうが、特に代わり映えの無い、6帖ほどのフリースペース。扉の向こうにキッチンがあるが、ここもコンロは無いので自身で備え付ける必要がある。

東中浜一丁目貸家

こんなスペースもある。

意外と広さのある地下なので、物置にはとても優秀である。

東中浜一丁目貸家

ただ、この地下で気をつけないといけないのはその天井高。

171センチのスタッフで天井パツパツ。なんならご覧のように梁が飛び出ているので、圧迫感はそれなりにある。地下室に開放感を求めるのはお門違いなのかもしれないが、ここで何か作業をする際は中腰必須だ。

東中浜一丁目貸家

そして地下浴場。

この物件唯一の風呂場がまさかの地下。このポジショニングのせいで、毎日一回はこの地下へ馳せ参じないといけないことに。窓はあれども光は来ずだが、追い焚きは付いている。

東中浜一丁目貸家

これにて全てのフロアの紹介は終わりだ。

この城東区にある地下付き戸建は、76㎡込6.5万円で募集中だ。(礼金は2ヶ月)最寄りの片町線鴫野駅まで徒歩8分。お部屋探しの条件が「レトロな貸家」「ちょっと変わったもの」である方は、この城東区へ引っ越すのも視野へ入れてみるのもいいだろう。

お問い合わせは、渋井不動産まで
(物件番号:54768)

東中浜一丁目貸家

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ