西日が照らす靭本町の広すぎたワンルーム、込8万切る。

横井第一ビル

こんにちは、広報担当のオザワです。

誰が呼んだか、世間は11月を迎えました。そして迎えてすぐの11月2日には「渋井不動産5周年感謝祭」があります。18時から始まるこの夜会は、エントランス・ドリンク・フードの全てがオールフリーとなっております。皆様こぞってご参加くださいませ。

そして今僕は11月の風にさらわれて、靱本町三丁目へとやってきました。阿波座駅から徒歩3分、「食パン」の文字が風になびく、あみだ池筋沿いの某ビルです。

横井第一ビル

共用部は割と狭いです。すれ違うときに相手方の体臭が気になる程度には狭いです。

それもそのはずで、このビルは昭和40(1965)年のレトロまっしぐらビルヂング。そんじょそこらの甘ちゃんレトロ物件と年季の入り方が違うので、ビル自体からもうっすら加齢臭がします。

横井第一ビル

最上階へ

エレベーターのボタンもご覧の通り。

表示されている7階が最上階なのですが、本日の物件はここからお届けします。50年前の最上階、果たしてどんな室内なのでしょうか。

横井第一ビル

ガチャリの前にこちらが玄関です。「果たして〜」とか言って室内に入るかと思いきや、一旦ここを挟みます。

見た目に関しては、正直ビルが築50年なので「まぁこんなもんだろう」と、特段の驚きはありません。インターホンの位置が高すぎることぐらいですかね。

横井第一ビル

すごく高かったですよね、インターホンの位置。そして中に入ると「セピア」で画像編集したかのような景色。

時刻は夕方16時過ぎだったせいで、西日が室内を物憂げに照らしていました。

横井第一ビル

広すぎるワンルーム

それにしても広い。

ワンルームなのに50㎡50㎡なのにワンルーム。言い方は入居者にお任せしますが、どちらにせよ間取りに対して広いことは間違いないです。エアコンも2機装備しているところを見ると、広すぎて1機じゃ全然快適にならないのでしょう。

横井第一ビル

バルコニーは無し

ちなみに部屋は尖ってます。

ツンツンに尖った室内を西日が照らす。これをツン照れというのでしょうか。僕は違うと思いますが、真相は闇の中です。

ちなみにこの部屋、バルコニーはありません。この西日を頼りに洗濯物を部屋干しする形になります。

横井第一ビル

キッチンの向かいには独立洗面台と洗濯パンがあります。

洗面台は置いといて、洗濯パンの汚さが目に余ります。入居までにはキレイになっていることを祈りましょう。祈ればキレイになります。

ちなみに、祈らなくてもなります。

横井第一ビル

そして風呂。

さっきの洗濯パンを縦にニュッと伸ばしたぐらいの浴槽。もはや洗濯パンなのかもしれません。肩まで浸かることは夢のまた夢。サッと身体を流す程度の日々が始まります。それにしてもこの部屋、どこもかしこも西日が差し込んでいて、風呂場も眩しそう。風呂上がりはこの西日で乾かすのも乙なのではないでしょうか。

横井第一ビル

最後にトイレ。

薄い水色のタイルに囲まれたレトロな空間ですが、便器自体はウォシュレット付き。ここだけ見ると、なんとなく学校のトイレみたいですね。それ以上は何もありません。

横井第一ビル

明日が周年感謝祭ということもありサクサクっと進めた物件紹介でしたが、いかがでしたでしょうか。

靱本町の広すぎた50㎡ワンルームは、込7.8万円で募集開始。1LDKにもなりそうな広さをぶち抜いた、贅沢なレトロビルの最上階。(敷金2万円、礼金8万円)バルコニーは無いものの、この賃料でこの広さのワンルームに住めるのであれば「まぁ無くてもいいか」となるはずです。

バルコニーの存在価値を問う、靱本町の広すぎたワンルーム。ぜひどうぞ。

お問い合わせは、渋井不動産まで。
(物件番号:53103)

横井第一ビル

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ