OSBに魅了された北浜ワンルームは、卵井不動産より。

88北浜ウイング

雨の北浜

こんにちは、渋井不動産、否、卵井不動産の時間だ。

今回の舞台は、カフェやビストロの激戦区として名高い「北浜」だ。晴れていれば、大川のリバービューを楽しみながらランチでも嗜んでいこうと思ったのだが、ご覧の通り呆れるほどの豪雨に襲われている。

雨はどこかアンニュイな気持ちになるが、そんなマインドを吹き飛ばすほどのエッグい物件が、ここ北浜から出現した。物件の所在は堺筋線「北浜」駅から徒歩5分、住所で言えば西天満一丁目だ。では早速、雨宿りも兼ねて早速物件に急ごう。

※卵井不動産:街中に潜む希少価値の高い「エッグぅぅぅ」な不動産だけをセレクトした新しい物件ジャンル。

88北浜ウイング

アングラ感溢れる薄暗い共用部に迎え入れられる。日頃から、ありとあらゆる物件を駆け回っている私だからこそ分かる他にはない独特の空気感。既にエッグい匂いがプンプンしている。

重厚で艶やかな光沢を放つ木の門には、閂(かんぬき)と呼ばれるクラシックな施錠方法が採用されており、チェーンソーでも持ってこない限り突破できそうにない。そんじょそこらのオートロックよりもよっぽど頼り甲斐がありそうだ。とは言え、この門は締め切られているため、住人はその隣にあるオートロックドアから出入りすることになる。

88北浜ウイング

エレベーターで2階に上がってみると、そこに住戸は1戸のみ。言ってしまえばワンフロア貸切状態だ。

左手のアルミサッシが玄関なわけだが、室内を見る前にまずは右手に見えるオレンジ色の扉を開けてみよう。

88北浜ウイング

オレンジ色の扉を開けると非常階段。ここは2階だから、せっかちな人はエレベーターよりも階段を使った方が圧倒的に早い。

そして再び現れたオレンジ色の扉。ここもあなた専用のスペースとなっている。

88北浜ウイング

倉庫と言う名の・・・

そこはあなた専用の「倉庫」となっている。掃除用品やその他の生活雑貨をしまっておく分には重宝しそうだが、クローゼットや食糧庫として使うのは少し気が引ける。どこからどう見てもトイレの跡地丸出しじゃないか。

88北浜ウイング

随分焦らしてしまったが、ようやく室内を見ていこう。

アルミサッシは防犯面や隙間風などの心配があるが、このフロアはほぼ密閉状態だし、エントランスもオートロックと閂に守られているから、それほど大袈裟な心配はご無用だ。

ちなみに玄関土間は設けられていないため、靴はここで脱ぐか、新たに土間スペースを作るなどの工夫が必要になる。

88北浜ウイング

ビッグワンルーム

サッシを開けると広々15帖のビッグワンルーム

天井照明は蛍光灯。スポットライトやダウンライトなどのムーディーな雰囲気の方が似合いそうな気もするが、あいにくの埋め込み式なので素人がどうこうできる問題でもなさそうだ。明るい部屋が好みの方はこのままで良いかもしれないが、そうでない方はスタンドライトなどでムーディーさを演出してほしい。

ちなみに磨りガラスの大きな窓は『フィックス窓(通称:ハメ殺し)』になっており、開閉することはできない。もう一つ言っておくなら、この物件は高速道路の真下ということもあり、採光具合はイマイチを極める。あくまでも私の主観ではあるが、自動車の走行音などは全く気にならなかった。

88北浜ウイング

玄関入って左を向くとキッチンがある。スペックは電熱線の一口だが、外食が主であったり、カップ麺ぐらいしか作らないという人にとっては、案外どうでも良いことなのかもしれない。であれば、シンク横に設けられている調理スペースは、プラモデルなどの制作場所として使ってみるのもいいだろう。あくまでも一例だが。

88北浜ウイング

OSB合板

今更だが、この部屋には『OSB合板』がふんだんに使用されている。OSB合板とは、短冊状にカットした木片を熱圧着した合板材料のことを指し、その使い勝手の良さや頑丈さ、見た目の良さなどから、OSBの虜になる者が後を絶たない。

本来、水分に強い材料ではないため、水回りに使うことはあまり好ましくないが、見ての通りキッチン周りもOSBにまみれている。ここのオーナーも、さぞかしOSBジャンキーのひとりなのだろう。

88北浜ウイング

別の角度からもパシャリ。

一見クセの強い3色使いの床だが、この部屋では妙にそれがシックリきている。きっと、OSBが持つランダムな色味と表情が相まって、唯一無二のオンリーワンな空間が成り立っているのだろう。ブラウン、ナチュラル、ホワイト、そしてブラック、どんな色味の家具を置いてもばっちりハマってくれそうだ。

88北浜ウイング

先ほどの位置から90度回れ右すると、いかにもベッドが置けそうなスペースがある。

ポツンと置かれたビニール袋には、テレビのアンテナ線やLANケーブルがブチ込まれているだけなので、あまり気にしなくて結構だ。

88北浜ウイング

そして先ほどからずっと視界の片隅でチラチラしているここ。

OSBとプラベニヤで構成された簡素な造りだが、読者の皆様も大体の察しはついているだろう。

88北浜ウイング

ご名答。そう、水回りだ。

ご覧の通り、未だかつて見たことのないエッグい造りになっている。トイレはウオシュレット付きのFutoo!!の便器だが、あいにく扉には鍵がない。ま、一人暮らしが前提なら鍵なんて必要ないのかもしれないが。

その隣には風呂と洗面台がスタンバイしているが、あの風呂こそなかなかのクセ者だ。

※Futoo!!:普通に良い。

88北浜ウイング

こう見てみると、外の景色を見ながら気持ちよく入浴できそうな気がしないでもない。しかし、湯を張る量を少しでも間違えれば、室内はたちまち水浸しになる。

もし、あなたがシャワー派だからと言っても油断は禁物だ。通常、このような風呂には、水跳ねを防ぐためのシャワーカーテンを取り付けるものだが、いかんせんそれを取り付けるためのカーテンレールがない。そのため、慎重に慎重に身体を流す必要がある。コンパクトで無駄のない身のこなしが要求される上級者向けのバスルームと言えるだろう。

88北浜ウイング

・使いにくい風呂
・イマイチを極める日当たり
・バルコニーなし

住むとなれば腹を括らなければならない条件が3つも揃ってしまったが、それでも尚どこか魅了される当物件。前入居者は7年〜8年ほどここで生活していたというのだから、きっと病みつきになる何かがあるのだろう。

そんな北区西天満一丁目から突如現れた42㎡のビッグワンルームは、堺筋線「北浜」駅から徒歩5分

敷金礼金はゼロ、賃料は6.8万円での大募集だ。

「住みやすさよりも面白さ」を求める、そんなあなたに住んでほしい。きっと気に入るはずだ。

お問い合わせは渋井不動産まで。
(物件番号:50070)

88北浜ウイング

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ