モダンがウリの古民家、込8.8 万円で庭付き。

喜連三丁目貸家

ごきげんよう、渋井不動産の時間だ。

世間様は盆休み到来といったところだが、本日の渋井は少し足を伸ばして平野区喜連三丁目にやってきた。平野区と言えば、大阪市内で最も大きな区であり、最も人口の多い区でもある。そのため、治安や住みやすさを「平野区」で一括りにすることはできない。最寄駅の谷町線「喜連瓜破(きれうりわり)」駅は、平野区の中で最南端の駅であり、駅周辺には下町風情溢れる個人経営の飲食店などが多く点在している。

休むことなく賑わう、ミナミ・梅田付近で暮らすことに疲れ果ててしまった方もいることだろう。そんな方にも是非検討して頂きたいエリアだ。

そんな平野区喜連に潜む桃源郷に皆さまをお連れしよう。

喜連三丁目貸家

駅から歩くこと約9分、民家と民家に挟まれた細道を奥に進むと紹介の物件に到着する。

初見殺しと言っても過言ではないほど分かりづらい場所にあるため、新居に友人を招く際には、必ずオモテまで迎えに出ることになるだろう。

喜連三丁目貸家

築年数不詳

玄関前に到着。

隣の家と壁を一枚隔てただけの連棟住宅だ。そして築年数は不詳。所在地も分かりづらいし、いつ建てられたのかも分からない平屋だが、ひとつだけハッキリしていることがある。それは、今年の8月にフルリノベーションが完成されたばかりであるということだ。そして怪しげに光っているということだ。

これがどういう意味かはもうお分かりであろう。つまり、リノベ後の初めてのお相手になれるチャンスということだ。どうか優しくしてあげてほしいと切に願う。

喜連三丁目貸家

デリケートな玄関扉を優しく開けると、築年数なんてどうでもよく思えるほどの美しい空間が姿を現す。「造形美」とでも言えようか。古き良さを残したリノベーションが、現代に於ける桃源郷を思わせてくれる。新たな「映えスポット」として、インスタ女子がここに集まるのも時間の問題であろう。

先に言っておくと、この貸家は42㎡の1DK。写真で確認できる2枚の扉は、バスルームと洗面、そしてトイレに続く。リビングを見る前に、まずは水回りから制していこう。

喜連貸家

セーブポイント「土間」

とその前に、もう一度土間を振り返ってみよう。

あざといとさえ感じる間接照明が神々しく足元を照らしている。その神々しさたるや、まるでRPGのセーブポイントのようだ。人生に於ける重要な分岐点に立ったときは、この玄関土間で一度立ち止まってみてほしい。

喜連三丁目貸家

さて、セーブが済んだところで洗面台を見てみる。歯ブラシや洗顔用品を収納しておける小窓はありがたい配慮である。

現状、鏡はついていないので、室内の雰囲気に合った鏡をチョイスしてほしい。もちろん、アルミホイルを貼るというトリッキーなスタイルも悪くない。

喜連三丁目貸家

バスルームは良くも悪くもノーマルタイプ。

五右衛門風呂のようなものを期待していたが、広々とした浴槽は追い炊き機能付きで、誰もが快適に入浴できるハイテク仕様になっている。

喜連三丁目貸家

建物の外観を見るからに、誰もが「ボットン便所だろ」と高を括りそうなものだが、トイレはウォシュレット付きのハイカラ仕様。便座ウォーマーも装備されているため、寒い冬でも座るだけで暖を取ることができる。

喜連三丁目貸家

水回りを制したところで、続いては5帖の洋室。寝室にするのがマストな使い方であろう。

剥き出した梁と柱が、ただの白壁に絶妙なコントラストとメリハリをつけている。これこそ、古民家ならではの魅力と言えるだろう。ま、築年数不詳なので古民家なのかどうかすら微妙なところであるが。

喜連三丁目貸家

収納もこの通り大容量。

扉の建て付けはお世辞にも良いとは言えない。そのため、冒頭でも言ったように、どうか優しく扱ってあげてほしい。

喜連三丁目貸家

ダイニングキッチン

7.5帖のDKはムーディーな雰囲気。

ソファとテーブル、テレビを置けば精一杯な広さだ。一人暮らしなら何の問題もないが、二人暮らしなら少々窮屈に感じるかもしれない。ハシゴの先はまだ秘密にしておくが、使わない時は壁に立てかけておけるので、ハシゴが邪魔になることはないだろう。

それにしても、ムーディーなのは結構だが少し暗過ぎる。健康でいるためには日光を浴びることを忘れてはならない。

喜連三丁目貸家

ガラリ

雨戸を開けると、さっきまでのムーディーな雰囲気がウソだったかのように明るい室内に早変わり。そこまで日当たりが良いわけでもないが、それでも十分明るく感じるのは、さっきまでがムーディー過ぎただけであろう。

喜連三丁目貸家

室内が明るくなったところでキッチンを見ておこう。

コンロは2口ガスの魚焼きグリル付き。単身なら何不自由ないスペックだ。ちなみに魚焼きグリルをカッコよく言うなら「フィッシュロースター」だ。必殺技を繰り出すときにでも使って欲しい。

キッチンの向かいには、そこそこ大きめの冷蔵庫でもスッポリ収まりそうなスペースが設けられているので、邪魔になりがちな冷蔵庫の置き場所にも困らない。

喜連三丁目貸家

ロフト

秘密にしておくほどでもなかったが、ハシゴの先にはロフトが待っている。

屋根の造形美を眺めながら眠りにつきたくなる気持ちも分からなくはないが、ここに布団を敷くことはオススメしない。就寝、起床の度にハシゴを上り下りするのは明らかに面倒だし、なにより夏は暑いし冬は寒い。よほどの屋根フェチでない限り、物置きにしておくのが懸命だ。

喜連三丁目貸家

雨戸の先にある坪庭には、鹿威しや灯籠なんかを置きたくなる。メンテナンスがしやすく、美しさを保つにはちょうど良い面積だ。

玄関土間同様、縁側の下に間接照明でも仕掛ければ、これまた新たな「映えスポット」としてインスタ女子がここに集まるのも時間の問題であろう。

喜連三丁目貸家

そういえば洗濯物はどこに干せばいいのだろう。

あたりを見回してみると何やら黒塗りの階段が。

喜連三丁目貸家

階段の先には、いかにも洗濯物が干せそうなバルコニーが待っていた。

建物に対して異常に傾いているのが少し気になるが、ここまできて「設計ミス」なんて簡素な言葉で片付けるわけにはいかない。きっと何か意図があるに違いない。

恐らくではあるが、「あらゆる角度から世間を考察せよ」という設計者からの小粋なメッセージなのだろう。

喜連三丁目貸家

謎が解けたところで、屋根の造形にウットリしながら本日のおさらいに移ろう。

本日紹介した平野区喜連三丁目の貸家は年齢不詳。ロフトを含めると42㎡の1DK。古き良さをしっかりと残したリノベーションによって、外観からは想像もできないほど、クラシックかつモダンな雰囲気の室内となっている。

谷町線「喜連瓜破」駅からは徒歩9分。駅までは決して近いとは言えないが、電車にさえ乗ってしまえば、「天王寺」や「谷町四丁目」、「東梅田」にも1本でアクセスできる。谷町沿線に職場があり、都会の喧騒から逃れられたい方にはイチオシの物件だ。リノベ完了後、初の募集となるので、汚すも愛でるもあなた次第。

敷金はゼロの礼金は2ヶ月、その賃料は管理費込みの8.8万円。「初めてのヒト」になれるチャンスはまたとないだろう。

お問い合わせは渋井不動産まで。
(物件番号:48840)

喜連三丁目貸家

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ