俺色に染まれ、阿波座の2DKはDIY可で込8.8万円。

ダイアパレス阿波座

夏の甲子園が盛り上がっている今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

どうも、渋井不動産です。

本日は西区立売堀(いたちぼり)四丁目にやって参りました。現在は立売堀と表記されるこのエリアですが、その昔は「伊達堀」と書かれていたそうです。というのも、あの伊達政宗がこの付近に掘を作り、陣地を構えていたそうです。それから時は流れ、この近辺で材木の立ち売りが許可されたことにより、「立売堀」という漢字が当てはめられたそう。随分簡単に説明しましたが、簡単に言えばただの当て字です。

全く余談ですが「伊達男」という言葉も、伊達政宗が由来だそうです。

ダイアパレス阿波座

さて、本日紹介する物件までは駅から徒歩3分。この一方通行を逆走すれば到着です。左手に緑が生い茂っている場所は「薩摩堀公園」。広くはないですが、ゆったりとした時間が流れるのどかな公園です。

ダイアパレス阿波座

到着しました。

紹介のお部屋は7階の角部屋。エレベーターはありましたが、面倒だったので瞬間移動しました。築38年ではありますが、共用部は比較的清潔な方です。

それでは早速室内に参りましょう。

ダイアパレス阿波座

あっか。

第一印象はそれに尽きます。壁という壁、そして天井までも真っ赤に塗り上げられており、玄関ドアを開けた瞬間から、ただならぬ雰囲気に包まれます。塗装の荒さから察するに、きっとプロの仕業ではないでしょう。

これがどういう意味かはもうお分かりですね。

そう、DIY可でございます。詳細を確認したところ、「基本的にご自由にどうぞ」とのことだったので、妄想を膨らませながらお楽しみ頂ければと重います。もちろん、新品の壁紙をご希望なら、張り替えた状態でのご入居も可能です。

ダイアパレス阿波座

情熱的な赤

土間を上がれば即8.5帖のDK。ダイニングテーブルを置くのが限界かと思われます。

それにしても赤いですね。ここまで塗り上げるとなると、なかなかの体力と時間を消費しますから、前の入居者様が相当な赤フェチだったことが伺えます。そして、真っ赤に燃ゆる太陽のように情熱的だったということも。

キッチンにはウッドチップが貼られていますね。そのスペックはいかに。

ダイアパレス阿波座

弱めなペニンシュラ

「ペニンシュラキッチン」と言えば聞こえはいいですが、その実態は一口ガスで調理スペースも狭め。シンクはホーロー製の特注品だそうです。シンクが大きいのは嬉しいですが、もう少し調理スペースを確保してほしかったというのが正直な気持ち。とは言っても、まな板をシンクに掛け渡せば解決できます。

ダイアパレス阿波座

キッチンからのビューも真っ赤です。

赤い壁とは裏腹に、フローリングは無垢。赤は「情熱」を連想させ、無垢は「純粋さ」を連想させます。そうですね、例えるなら熱闘甲子園を見ている気分です。ひょっとすると、赤い壁は甲子園の「赤土」をイメージしたのかもしれませんね。

扉の奥は4. 5帖の洋室です。甲子園の感動を超えることはできるのでしょうか。

ダイアパレス阿波座

Futoo!!でした。

唯一イジられてる点があるとすれば、ウッドチップが扉に貼り付けられていることくらいでしょうか。敢えて扉上部のみに貼り付けたのか、それとも途中で面倒臭くなったのか、その真相は知る由もありません。

※Futoo!!:普通に良い。

ダイアパレス阿波座

ガラリ

収納は十分な広さですね。収納を取っ払えば、4.5帖から5.5帖ぐらいには広がりそうです。

この物件は2DKなので、もう一部屋ご紹介しておきましょう。

ダイアパレス阿波座

こちらの洋室は先ほどよりも一回り広い6帖。そしてFutoo!!

正面の窓は北向き、左手の窓は西向きですが、角部屋ならではの二面採光で、照明なしでも十分明るい空間となっております。

ダイアパレス阿波座

こちら逆ビュー。

ご覧の通り収納はございません。壁なんて見てても仕方ないので、バルコニーに出てみましょう。

ダイアパレス阿波座

引き回しバル

ご覧くださいこの広々バルコニー。バルコニーは広いというのは、やはり気持ちがいいものです。が、突然の雨が降ってきた場合、洗濯物は全滅します。

ですがご安心ください。

ダイアパレス阿波座

実はこのバルコニー、引き回しになっており、西側には屋根が設けられております。洗濯物はここに干すのがクレバーでしょう。これによって、北側は一時的な物置きとして使うことになりそうです。

最後に水回りをチェックしておきましょう。

ダイアパレス

3点セパレート

私の勝手な先入観から、ユニットバスだと思い込んでいたのですが、全てセパレートでした。いい意味で裏切らましたね。

上半身を捨て去った独立洗面台ですが、普段使いには何の問題もないかと思われます。

ダイアパレス阿波座

洗面台向かって左側にはトイレがあります。

おまると見間違うほど小さな便器に、ウォシュレットはついておりません。が、便座はU字型なので衛生的と言えるでしょう。

ダイアパレス阿波座

最後を締め括るにはFutoo!!過ぎたバスルーム。

もちろん、追い炊き機能ございませんが、汗を流すには十分ですね。

ダイアパレス阿波座

さて、一通りの紹介を終えたところでおさらいに入りましょう。

西区立売堀に現れた2DK35㎡。熱闘甲子園を彷彿させる室内ですが、お気に召されない場合は、ご自身で塗り替えるのもいいでしょう。むしろここまで読んだ方は、自分でやりたい派の方ではないでしょうか。

気になる条件は敷金ゼロ礼金2ヶ月、賃料は共益費込の8.8万円での大募集です。

で す がそれは一般的な業者のクリーニング・壁紙の張替えなどが入った場合の話。もし「現状このままでいいよ。DIYするし。」という場合は、礼金はゼロになります。つまり、DIYがお好きな方にとっては非常にありがたい条件となっております。そんな2DK、思う存分あなた色に染め上げてください。

お問い合わせはお早めに、渋井不動産まで。
(物件番号:48589)

ダイアパレス阿波座

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ