石油ストーブはコロナがオススメ!この冬の暖房器具10選!

    〜はじめに〜
    「暖房器具10選!」は嘘だ。購入したストーブ一点を紹介するのみとなっているため予め了承の上、読んでいただきたい。

    11月1日、渋井不動産はOPENした。が、客足だけでなく深夜の事務所が寒すぎて代表は半泣き状態だ。そんな冷えきった心を温めてくれるのはコーヒーか、家族か、酒か。いや違う、ストーブだ。ということで一足お先に真冬の暖房機器「石油ストーブ」を購入した。「価格.com」を利用したのは言うまでもない。

    石油ストーブと一口に言っても多種多様。石油ファンヒーターも視野に入れてGoogle先生に聞いていく。そこで目に止まったのが、アラジン社製の石油ストーブ。ストーブ一筋80年の強者だ。butしかし。お値段が春。まだ冬も来てないのにお値段が春なのは笑えないため見送った。

    決定に至るまでの無駄なエピソードは割愛するが、最終的にコロナ社製「SL-66G」に決定。決め手となったのはストーブらしい外観と暖房力だ。なんとこのコンパクトなサイズでコンクリート床の部屋23帖に対応している。事務所は61帖あるので全く足りないが、自分の近くに置くことにしてこれに決めた。

    間違いないことをして申し訳無い。早速購入したストーブでヤカンを沸かし、カップラーメンを製作。チンチンに沸騰したヤカンは持ち手部分が限界突破しており、手軽に火傷を負わせてくれるから注意して欲しい。

    しかしヤカンというものを初めて使用したという、素人童貞のような経験しか無かった私は、ヤカンの持つ沸騰力を甘んじていたようだ。高温突破したお湯を注いだ結果、教科書通り3分待った私の大切な晩飯が台無しになってしまった。

    具は完璧でも、麺が死んでしまったのだ。たった3分で。カップの向こうに見えるヤカンがケンシロウに見えたのは当たり前のことだったのかもしれない。今回覚えた教訓は、ヤカンで注いだ際は待ち時間は1分だ。メモ帳にでも書いて社内で共有(シェア)したいと思う。

    不動産屋で独立してハヤ6日が経つが、晩飯はかなり粗食だ。あまり儲かっていない。がしかし、たくさんの花を贈っていただいた方や応援してくださる皆様の期待を裏切らないよう、地に足をつけて渋い不動産を進めていこうと思う。

    今日は一件、渋いマンションの一室を仕入れてきた。第一回NONFIXリノベーション計画の幕開けの日。取引は大安に設定した。乞うご期待。