散らかした十三の2LDKは、106㎡で込12万円。

大島紬ビル

ごきげんよう、渋井不動産だ。

今日は十三のとあるビルにやって来たのだが、間違えて裏口から入ってきてしまったようだ。しかしこれは良い収穫になった。なぜならバイク用の駐輪場があると分かったからだ。「50ccなら駐めてもいいよ」という物件はよくあるのだが、ここには250ccのビッグスクーターが2台も駐められている。ひょっとすると黙認されているだけかもしれないが。

大島紬ビル

オートロックはないようなので、このままエレベーターに乗り込む。向かうは最上階の6階。なんでも6階だけ特別仕様になってるらしく、入居者の自己顕示欲をこれでもかと満たしてくれそうだ。

大島紬ビル

VIPなオートロック

6階に着いてみると、早速玄関ドアが現れた。と思ったのだが、どうやら違うようだ。実はこのビル、6階部分のみにオートロックが設けられており、入居者の安全をドアという名のSPが守ってくれている。まさにVIP待遇だ。しかもよく見るとこのSP、なんだかドット柄というか音楽室の壁みたいだ。もしかして吸音素材だろうか。このSPは不審者どころか騒音すらも弾き返すのだ。しかし通信教育で北斗神拳を習っていた私に死角はない。ガラ空きになったSPの秘孔を突き、開錠させることに成功した。

大島紬ビル

SPを倒して中に入ってみると、説明不要の特別感に驚かされる。「なぜ石畳なのだろう」「なぜ燈篭とハニワがあるのだろう」「なぜ壁が赤いんだろう」なんてことを考えても仕方ないので、とりあえずは喜んでおこう。

本日の部屋はこのまま直進して、突き当たりを左に曲がった先の角部屋だ。

大島紬ビル

ここが本当の玄関ドアだ。写真右手のガラスの中には蛍光灯が1本。が、つかなかった。周囲を物色してみたが、つけ方も分からなかった。

共用部にこれほどこだわりがあるなんて、室内を見るのが非常に楽しみになってくる。

大島紬ビル

こんにちは。

ん?

大島紬ビル

きたなっ!

こんな状態ではさすがに取材を続行できない。前の入居者が退去したばかりとは言え、こんな状態の部屋を紹介したところで何も伝わらないだろう。なにより、日頃よりこのブログを読んでくれている渋井ファンの皆様に失礼だ。

今日はここで切り上げよう。そして皆様にはありのままを伝えよう。そう決心し、玄関ドアに振り返ってみると。

大島紬ビル

ご丁寧に箒とちりとりが立てかけられている。なるほどそういうことか。やれやれだぜ。

大島紬ビル

テイク2

ある程度のゴミを掃き取ったところで、仕切り直してテイク2。遠慮なく私に感謝してほしい。

まずは向かって右側のLDKから見ていこう。

大島紬ビル

20帖のLDK

20帖という広さ以外はFutoo!!のLDKだ。共用部で見たこだわりの強さはどこに行ったのだろうか。しかし清潔感は保たれているようだ(私のおかげで)。

Futoo!!:普通に良い

大島紬ビル

反対側から見てみても、広いこと以外Futoo!!なことに変わりはない。ここから確認できる逆「コ」の字型の壁の裏側にはキッチンがある。

大島紬ビル

見ての通り真っ赤なシステムキッチンだ。コンロは2口で、魚焼きグリル付き。ステキッチンには一歩届かなかったようだが、カセットコンロを置けば3口になるし、ポテンシャルは俄然高めだ。

大島紬ビル

LDKを確認したところで、次は2つの洋室と水回りを見ていこう。玄関ドアの真正面にある扉が水回りだ。まずは水回りからご覧あれ。

大島紬ビル

ここにもゴミはひとつも落ちていない。私のおかげである。左から独立洗面台、洗濯パン、バスルーム、トイレ、銭湯の脱衣所みたいな棚、という並びだ。 洗面台はFutoo!!だったのでバスルームから覗いてみよう。

大島紬ビル

浴槽が大きいこと以外Futoo!!のバスルーム。追い炊き機能はもちろん標準装備だが、やはり共用部ほどのこだわりは感じられない。もしも風呂が共用だったなら、源泉掛け流しの露天風呂になっていたのかもしれない。

大島紬ビル

次にトイレだ。一番Futoo!!でよかったところが一番クセが強かった。壁と床のタイルは薄ピンク、手洗い場はド・ピンク。仕上げに、便器は白とオフホワイトとド・ピンクのスリートーン。これには東心斎橋のクラブ「THE・PINK」もタジタジだ。

15帖洋室

そしてこの15帖の洋室にはところどころ和室のテイストが盛り込まれている。東向きの大きな窓からはたっぷりの採光。日中は電気不要の省エネ仕様だ。もっとも、最初から照明などついていないのだが。

大島紬ビル

洋室の外は、やっつけ工事でできたロングバルコニーが広がっていた。小銭とかめちゃくちゃ下に吸い込まれそうである。

ちなみにLDK側にもバルコニーがあり、このバルコニーよりもやや広い。

大島紬ビル

それがこちら。

本当に気持ち程度だが、こちらのほうがやや広い。そして小銭を落としても安心。

大島紬ビル

8帖洋室

続いて8帖の洋室。それにしても先ほどの15帖洋室も同様、以外と自由度の低い部屋だと思った。というのも、棚や建具の形を見る限り「ここにはコレ、あそこにはアレ」といったように、置く物・置ける物が限られてくるのではないかと思う。ま、物の配置に悩まなくていいと思えばメリットなのかもしれない。

大島紬ビル

部屋を出ると一枚の扉にばったり。開けてみよう。

大島紬ビル

W.I.C

ウォークインクローゼットだった。片方につき厚めのコート15着ぐらいは掛けられそうだが、実際に掛けたわけではないのであまり鵜呑みにしないでほしい。それにしても空間に対するこだわりは相変わらず見えてこない。特別感があるのは共用部だけで、室内は非常に住みやすそう。なぜ共用部だけインパクト「強」にしたのだろうか。

大島紬ビル

最後になったが、この部屋の天井は柔らかいクッション素材だ。しゃがみジャンプして頭をぶつけてもタンコブにならない仕様だ。その代わり、頚椎がやられる可能性はグンと上がる。

大島紬ビル

さて、ハニワでも見ながらおさらいに入ろう。

私のおかげで紹介できることに至った十三東三丁目の最上階2LDKは両面バルコニー106㎡。それに加えてSPの吸音によって共用部も室内も静か。最寄り駅は阪急「十三」駅から徒歩8分。同ビル1階には歯医者があるので、虫歯の心配は不要だ。

敷金は、礼金は1ヶ月、賃料は共益費込みの12万円

お問い合わせは渋井不動産まで。
(物件番号:46279)

大島紬ビル

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ