あの頃が馳せる道頓堀2DK、5.8万円。

道頓堀プラザ

ここは大阪市西区南堀江

オレンジストリートから発せられる若者カルチャーが名物のこのエリアで、本日は築50年近いオールドマンションの一室をご紹介しよう。ご覧の通り今は階段を上っているところだが、心配無用。マンション自体にちゃんとエレベーターはある。ただ、エレベーターに乗るためにはまずこの階段を上らないといけないので、結局のところ階段は避けられないのだが。

最寄り駅は千日前線の「桜川」駅で徒歩4分、なんばHatchも近いのでライブへも好アクセスだ。

道頓堀プラザ

美しいアーチ

エントランスの階段を上り終えると、美しいアーチに目を奪われる。

この連続アーチはまるで、甲子園で槇原から放ったバース・掛布・岡田の伝説を再現しているかのようだ。このようなアーチや手すり装飾の「レトロ感」が、ハマる人にはハマるのだろう。

そしてそれはもちろん、渋井不動産も例外ではない。

道頓堀プラザ

ヘリンボーン

玄関を開けると、築年数とはかけ離れた清潔な室内と出会う。

ヘリンボーンの床を見る限り、リノベーションの手が加わったことは間違いない。ちなみにヘリンボーンとは「ニシンの骨」という意味で、似ているからそう名付けられたらしい。

広さは4.5帖ほどで、周囲を見渡せば扉ばかり。まずは一番左手のガラス戸を開ける。

道頓堀プラザ

風呂だった。

浴槽が築年数モロの、三角座りで入浴を強いられるオールドスタイル。お湯が出れども心は寒い、三角座りでの入浴はどこか、そんな物寂しさを感じる型なので注意が必要だ。

道頓堀プラザ

トイレももちろんオールドスタイルまっしぐらだが、そんなことより床のトカゲ感がすごい。塗装によるテカリ、そして緑カラーによる爬虫類感が全面に出てきてしまった。トイレで言いたかったことは以上である。

道頓堀プラザ

キッチンにも目を通しておこう。

明治の刺客と言わんばかりの、圧倒的な板チョコ感。ミルクチョコか、いや、ビターチョコか、そんなことはどうでもいい。コンロは無いので自身での設置が必要、そして調理スペースも工夫しないとほぼ無いので気をつけてくれ。

道頓堀プラザ

こちらは6.5帖の洋室。床を見るとヘリンボーンでは無くなっており、あれはダイニング・キッチンだけの装飾であったことがわかる。

築年数のせいか、どこかノスタルジックな雰囲気だ。

道頓堀プラザ

隣接する4帖の洋室も同様にヘリンボーンではなかった。

両部屋とも南向きなので日当たりは申し分ない。ただ、エアコンはこの4帖の洋室にしか設置されていないので、寝室として利用するならこちらをオススメする。

道頓堀プラザ

リバービュー

窓を開けると道頓堀バービュー。

年中変わらず、いつも青汁のようなディープグリーンの景色が味わえる特等席。耳をすましても川のせせらぎは全く聞こえないが、ただこうやって眺めているだけでなぜか癒される。これが川沿い物件に住む大きなメリットなのだ。

道頓堀プラザ

ちなみにエレベータで「R」と表記された階に向かえば

道頓堀プラザ

このように共用の「屋上」に来ることができる。室内にバルコニーが無い代わりに、ここで洗濯物を干すことができるので、ここで川を眺めながらゆっくりとした時間を過ごすのもいいかもしれない。

本日紹介した部屋だが、30㎡の広さで賃料は込5.8万円。人気の南堀江で6万切るリーズナブルさは非常に魅力的ではないだろうか。屋上に干すのが面倒なら、室内で干せばいい。それぐらい広さにも余裕はあるはずだ。

西区で一人暮らしを始めるのなら、リバーサイドだ。

お問い合わせは、渋井不動産まで。
(物件番号:46006)

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ