姫里の「地下浴場と屋上」定食、5.9万円。

姫里一丁目戸建

まいどおおきに、こちら渋井不動産。

ここは国道2号線を北上して淀川を渡ったところだ。今日は姫里一丁目からとっておきの戸建てをディグってきたぞ。今見てもらっているのは今回紹介する物件の裏口にあたるところなのだが、朽ち果てた赤レンガにロマンを感じる、そんなあなたにピッタリの物件だ。

※ディグる:「掘り起こす」などの意。DJがよく使う

姫里一丁目戸建

こちらが正面から見た全体像である。第一印象は2階建てのプレハブ小屋といったところだ。

さっそくお邪魔しようかと思ったのが、玄関扉の鍵が全然開かない。通行人に不審な目で見られながら20分くらい格闘したのち、なんとか開錠に成功。開けるのに少々コツがいるが、慣れればどうってことはない。扉をグッと押しながら鍵をクィッと回す感じだ。

それではお邪魔します。

姫里一丁目戸建

定食屋「LDK」

玄関土間を上がるとすぐにLDKが登場。カウンターといい、対面キッチンのデシャップ感といい「もともと定食屋だったのかな?」と思わせる内装だが、真相は不明だ。家族横並びで食事するのも悪くないかもしれない。斬新ではあるが。

姫里一丁目戸建

カウンターに座って左側のガラス障子を開けるとトイレと独立洗面台がある。写真は割愛するが、独立洗面台はよく見かけるタイプで、年季は入っているがまだまだ現役だ。

その向かいにはこちらのトイレ。この物件は昭和54年生まれの40歳だが、便器は比較的新しいものが導入されている。写真には映っていないが、ちゃんとトイレットペーパーホルダーもあるからご安心を。そしてウォシュレットを諦めかけたそこのあなた、ちょっと待った。写真に映っていないだけで、ウォシュレットのリモコンもちゃんと設置されているぞ。

しかし風呂場が見当たらない。近所の大衆銭湯に通うしかないのだろうか。

姫里一丁目戸建

トイレを出てカウンターの裏側に回るとハイパー広々システムキッチンだ。これほどキッチンが広いと、元定食屋だと疑われても何も文句は言えまい。三口コンロと魚焼きグリルに加え、収納もたくさん設けられているのは嬉しい限りだ。

姫里一丁目戸建

キッチンの横には2階へと続く階段がある。

ミシ・・・ミシ・・・

姫里一丁目戸建

軋む階段を上がると5帖の洋室と6帖の和室がスタンバイ。まずは既にチラリしている洋室の方から覗いてみよう。

姫里一丁目戸建

5帖の洋室

床のフローリングはどこか懐かしさを感じる市松模様。なぜ懐かしいのかを考えてみると、学校の床も市松模様だったことを思い出した。そういえば天井の材質も学校の天井で使われてたものと同じだ。ちなみにこの天井の柄はトラバーチン模様(正式名称:ジプトーン)という。中間テストには出ないので覚えなくても大丈夫だ。

姫里一丁目戸建

和室に向かう途中には謎の空間。私には試着室にしか見えない。

姫里一丁目戸建

6帖の和室

和室の雰囲気も昔ながらの感じだ。畳の状態は決して新しくはないが、「その昔ここで誰かが生活してたんだな・・・」というヒューマンドラマを感じられる。

奥には洗濯機置き場があり、その奥の扉はバルコニーにつづく。洗濯機置き場とバルコニーが近いというだけで、面倒な洗濯が少し楽になる気がする。あくまでも気がする。面倒なことに変わりはない。

姫里1丁目戸建

洗濯機置き場の向かいには何やらハシゴが。

姫里一丁目戸建

おおお。

そしてこの蓋がなかなかに重い。眩い光が差し込むその先には・・・

姫里一丁目戸建

おおおおお。

姫里一丁目戸建

ビッグルーフバル

たどり着いたのはビッグなルーフバル。ここに来る用事が特になかったとしても、「屋上」というだけでワクワクしてしまう。ここにベンチを置いて夜空を見上げながら一人黄昏てみるのも悪くない。しかしここは交通量の多い国道2号線沿い、静かに黄昏るというのは諦めた方がいいだろう。

ルーフバルがあるだけでも充分希少価値は高いが、この物件にはあとひとつ、更に希少価値を高めるボーナスステージが用意されている。

姫里一丁目戸建

実はキッチンの横には2階に上がる階段だけではなく、地下へと続く階段が隠されているのだ。まぁ私が勝手に隠していただけで、現地に行けば速攻で目に入る。というわけで、さっそく下りてみよう。

ミシ・・・ミシ・・・

姫里一丁目

ボーナスステージ「地下」

地下の広さは13帖。コンクリート特有の匂いが少し鼻につくが、「地下」とか「屋上」という言葉にビビビッとくる人にはこの上ない物件ではないだろうか。しかし厳密に言えば「地下」と呼べるのかどうかは微妙なところだ。その理由は内覧の際に実際に目で見て確かめてほしい。あくまでも私は「オーナーが地下と言うのだから地下なのだ」という長いものには巻かれるスタンスだ。

そしてエアコンが付いていないので当然だが、夏は暑いし冬は寒い。写真を撮っているだけなのに汗だくになるほどだ。「物置き」として使うのがベターだろう。

姫里一丁目戸建

今更だが、この家は2SLDKという間取り表記になる。「2」は2階の2部屋、「LDK」は1階の定食屋部分。そして「S」がこの地下部分にあたる。

「『S』って何?スーパー?スペシャル?」

と思った方のために解説しておこう。私的には「スーパー」も「スペシャル」もハナマルをあげたいところだが、業界的には不正解だ。ここでいう「S」とは「サービスルーム」の意味である。要するに、「居住空間としては使えないけど物置きとして使っちゃえよ」という意味合いの空間だ。まぁこの家に住むのはあなたなのだから、ここで寝ようが食事をしようが立ちションしようが、もちろんあなたの自由だ。

次に磨りガラスの扉を開けてみよう。

姫里一丁目

ん?ここにきて再びボーナスステージか?

姫里一丁目戸建

地下に風呂

風呂はないものだと半分諦めていたが、なんと地下室にあった。壁のタイルと浴槽、そして鏡にが施され、なかなかにオシャレだ。建物全体の中でここだけがズバ抜けてナウい。どうせなら五右衛門風呂ぐらいのものを期待していたのだが、普通に良い

姫里一丁目戸建

地下・1階・2階・ルーフバルコニー、と随分ボリューミーかつ高カロリーな内容になったが、家賃は驚くほど低カロリーだ。

場所は国道2号線沿いの姫里一丁目、最寄り駅は阪神本線「姫島」駅から徒歩7分、JR東西線「御幣島」駅からは徒歩11分。駅チカとは言えないが、それ以上にこの2SLDKは魅力的だ。ちなみにこんな感じの戸建だが、意外にもペットの飼育は不可。残念だ。

敷金は0円の礼金は2ヶ月、賃料は込5.9万円の低カロリープライスで登場だ。

お問い合わせは渋井不動産まで。
(物件番号:45997)

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ