江坂の洋館に住む、込13.4万円。

参番館

吹田市より登場

天気にも恵まれた四月のある日、渋井不動産は吹田市へと足を運んできた。ここは北大阪急行「緑地公園駅」「江坂駅」のちょうど間に位置する住宅街で、小学校区は【江坂大池小学校】、中学校区は【豊津西中学校】のエリアだ。

大阪市北区の不動産屋なのにそんな場所まで来たのは、「そこに渋い物件があったから」なのだが、ゲートを抜けて屋根が青い古民家が見える。いかにも渋そうではないだろうか。

参番館

洋館

その奥にもっと渋いのがあった。

ヨーロッパを中心としたレンガ造りの真っ赤な建物。小豆を主体とした餡を寒天で固めたもの。ヨウカン。こんな北摂になぜ洋館が、と驚いたのだが、さらに驚くべき情報が渋井不動産の鼓膜を直撃。なんと築5年。あのノートルダム大聖堂は築665年なのに、こっちはたったの5年しか経っていない。

「築浅めの洋館」が、ここ江坂町にあるのに驚いた。

参番館

エントランスはもちろんオートロック。

不法侵入を試みる不届き者も、この洋館の前では懺悔するしかない。そして郵便受けを見るとその数6。そう、この洋館は全6戸のために建てられた、選ばれし者しか住めない物件なのだ。

参番館

聖なる力を駆使しオートロックをかいくぐった我々の目に飛び込んできたものは、壁際に寄せられた小さなイス。どうやらあそこでミサが行われるようだ。

部屋は1・2階に3戸ずつ、今回は1階の部屋をご紹介しよう。

参番館

玄関扉を開けるとヨーロッパの風は吹き止み、ナチュラルな木の温もりを感じる空間へと切り替わる。C.W.ニコルの家みたい。

ではまずはリビングをご覧いただこう。

参番館

ヌクモリティ溢れるリビング

すごくナチュラリーなリビングだった。

LDKの広さは20帖あり、一面フローリングの景色。壁に板を貼ることでより温かみのある空間になっているので、これからの時期は半裸くらいがちょうど良いかも。

参番館

キッチンはさすがの一品。

某大聖堂の二の舞にならないよう、IHの3口でスタンバイ。そしてこのキッチンはカウンタータイプになっており開放的。反対側から見てみよう。

参番館

窓口がご覧の大開口。

64インチのテレビでも置けそうなほどで、せっせと調理する姿がリビングのあらゆるところから伺える。

参番館

こちらは8帖の洋室。

夫婦の寝室としてはちょうどいい広さだ。

参番館

こちらは6帖の洋室。

両洋室とも室内の明るさは問題無いが、エアコンが無いので自身で設置する必要がある。

参番館

続いて洗面周りを物色する。

参番館

頼れる水回り

独立洗面台が大きなボディで壁に寄りかかっていた。

この洗面台を見ると、やはり築の浅い物件は設備が強いなと思い知らされ、頼りになる。鏡周りに収納スペースが無いので、化粧品などの雑貨は全て引き出しの中へどうぞ。

参番館

バスルームに関してはローマ法王の自宅仕様。

この浴槽でゆったり浸かろうもんなら、法王も「セイ、Ho-o」と口ずさむに違いない。

参番館

トイレがこちら。

やたら窓が大きいような気がするが、大は小を兼ねるので問題なし。便の話ではない。

参番館

ここがバルコニー。

1階ということで柵の向こうにまた柵。サクサクと侵入することを許さない設計になっている、ハイテク洋館だということを再認識させられる。

参番館

以上で江坂洋館の紹介は終了だ。

78㎡の2LDKというゆとりある広さ、そして唯一無二の風貌で賃料は込13.4万円だ。北摂というファミリーに人気のエリアで、一味違った家の登場だ。

ナチュラルなテイストや海外の町並みが好きな方、吹田市に住むという選択はいかがだろうか。

お問い合わせは、渋井不動産まで。

参番館

渋井不動産に物件探しを依頼する

渋井不動産では、大阪市を中心とした住宅・店舗・事務所の賃貸物件を、幅広く取り扱っております。 ブログに掲載している物件はもちろん、捜索依頼のリクエストをいただければ、渋井不動産のメンバーがまごころを込めて物件をお探しいたします。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
お名前をご入力ください(法人の場合は、法人名とご担当者様のお名前をご入力ください)
渋井不動産からのご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください
渋井不動産からのご連絡に利用する電話番号をご入力ください
お問い合わせの種類をお選びください(複数選択可)
ご来店(内覧)をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください
リクエストの詳しい内容をお聞かせください
渋井不動産からのお知らせ