南堀江のレトロが、無垢デザイナーズになって復活。込6.6万円。

『自信アリ』

ここは大阪市西区南堀江、これまで何度か渋井で紹介したレトロマンションより、このたびリノベーション部屋が登場した。

「あのマンションでリノベーションが行われるなんて」と、渋井もザワついたほどで、早速室内を見るために部屋へと走った矢先、たまたま施工主さんと鉢合わせた。

聞くところによると、「このマンションでこれほど内装に手を加えたのは今回が初めて。他には無い唯一の室内に仕上げ、今後他の部屋で空室が出たとしても、同じようにする予定は無いです。室内の雰囲気はめちゃくちゃ自信アリです。」とのこと。

ホンマかいな。

ホンマや。

まだ全貌を明らかにしていないが、この時点で思わず声が出た。今までは無かった背丈の高いウッドなシューズボックスから始まり、壁紙、床のフローリング等も全て一新されている。

室内に上がり、まず最初に出会う水回りがこの独立洗面台

鏡を置いていないあたりに、ここでのライフスタイルが「無造作な生活」をテーマにしていることが伺える。どうしてもスタイリングの仕上がりをチェックしたい場合は、蛇口のステンレスに映った自分をよく見て確認するしかない。

たぶん面長に映ってよくわからないと思うが。

そして洗面台からチラリと向きを変える。

そこには期待以上の空間が広がっていた。

そりゃ自信アリって言うわ、と納得してしまった。

かつてのレトロ感を全て拭い去り、デザイナーズ風に仕上げたスタイリッシュな空間。趣を180度変えた試作部屋第一号は、このマンションの住人、いや、西区から羨望の眼差しを集めるに違いない、見事な仕上がりになっている。

無垢&コンクリ

無垢フローリングコンクリートむき出しの壁は、寒暖のコントラストとデザイン性を兼ね備えた相性バツグンのコンビ。

「将来はこんな部屋に住んでみたい」と想像するときは、大抵このコンビでは無いだろうか。

リバービュー

窓の外を眺めると道頓堀川が鈍い色で広がっていた。

南側なので日当たりは良いが、実はこの部屋、いかんせんバルコニーが無い。しかし、その代わりになる場所はちゃんとある。

この屋上だ。

日が暮れてくるとこのように美しいサンセットな景色が広がる。洗濯物から哀愁のニオイがしそう。

さて、室内にもう一度目をやると、壁際には生活家電や衣服をまとめられるよう収納棚、洗濯機置場が設けられていた。

おや?

なんか出てる。

オレンジのチューブが脱腸している。耳を傾けても何も聞こえず、ペロリしてもオレンジの味はしなかった。道頓堀川の清流を汲み上げる装置なのかもしれないが、現状不明。この物体については引き続き調査を進めていき、内覧時には正体を突き止めておくことにする。

そしてキッチンがこちら。

ガスの元栓が無いのでIHでの調理となる。

原型のまま

これまでの完成度を見た後で、別の意味で衝撃を受けたのがこのお風呂。

シャワーヘッドとカランが小ぎれいになっている以外は、年季100%のレトロ風呂のまま。浴槽は小さめだが、その分シャンプーはいっぱい置けそう。

トイレはご覧のニュータイプ

やはり風呂のみ当時のままのようだ。

風呂だけ生まれ変わることがなかったが、それでもこの部屋のクオリティが高いことには間違いない。しかも、デザイナーズマンションなら8万ほどはしそうな内装だが、ここなら込6.6万円で住むことができる。

これまでも、そしてこれからも出ることは無いであろう、このマンション唯一の部屋。早いもの勝ちで、募集スタートだ。

お問い合わせは、渋井不動産まで。

賃 料60,000円
共益費6,000円
敷 金-
礼 金50,000円
所在地大阪市西区南堀江二丁目
最寄駅桜川駅
築年月昭和56年7月
構 造鉄筋コンクリート造
間取り1R
面 積約30㎡
種 別賃貸マンション
所在階4階
E V有り
駐輪場有り
駐車場無し
ペット不可

お問い合わせ