ああ、浪速区のリバーサイド。礼金ゼロで6.5万円。

毎年センター試験の日は寒波になるのに、2019年は平穏な快晴。今年はどうやらひと味違うなと肌で感じながら、やってきたのは浪速区幸町。堀江エリアから川を挟んで南側に位置するこの幸町は、浪速区だがほとんど西区と同じ住心地が感じられる場所だ。

玄関ドアを見てわかる通り、今回紹介の物件は少々年季が入っているレトロ物件。だが、インターホンはかなりハイテクなようだ。

ピッピッとピーと、ピポピポと。

3種類の音を巧みに使い分け、室内の異常を住人に知らせてくれる安心サポート機能付き。

この機械の感度がどれほどのものかわからないが、餃子を食べた後に大きめのクラクションをこいてしまった場合は「ピッピッ」と鳴ってしまう恐れあり。

室内は適度に換気しておくべし。

思ってたよりもキレイ。

「SHISHAMO」を初めて生で見たときと同じ感想がこぼれた。

※SHISHAMO:女性スリーピースロックバンド。今けっこう売れてる。

そしてまずはリビングに到着。

広さは8帖、特段変わり映えのないFutoo!!な空間。

Futoo!!:普通に良い。

角度を変えても特に・・おや?

窓の外がせせらいでいるような気がしたが、気のせいだろう。

キッチンはコンロ無しなので自身で設置するタイプ。薄いイエローとあずき色のアクセントが昭和の香りを漂わせ、畳み掛けるように薄いピンクのタイルで覆われている。

キッチン小窓から見える外の景色は・・やっぱりせせらいでるな。

川を眺める生活

ガラッと窓を開けると目の前に道頓堀川がせせらいでいた。

室内から川を眺められるという選ばれた立地。日々の仕事に追われた焦燥感やストレスも、道頓堀川が洗い流してくれそうだ。

渋井不動産の社訓には「川」にまつわる語録があるので、併せて紹介しておこう。

ああ 川の流れのように
ゆるやかに
いくつも 時代は過ぎて
ああ 川の流れのように
とめどなく
空が黄昏に 染まるだけ

「ああ」から始まるという珍しい社訓ではあるが、いかがだっただろうか。CDで出せばめちゃくちゃ売れそうな気がする。

さて、部屋紹介に戻り室内の天井を見上げると、梁がゆるやかなアーチ状になっていた。こういう細かい部分にも気配りができている点がグッド。

見上げたついでに何か見つけた。

何だこれは。冒頭のインターホンが異常を感知する機械だろうか。

有線放送

正解はさっきのは有線放送のスピーカー。

実はこの部屋は有線放送がいつでも聞けるという、ラジオっ子にはたまらないナイスな環境でもある。

iTunesで好きな曲を好きなときに聞ける時代になったが、有線から流れる曲に耳を傾け、自分に合った曲が流れるのをひたすら探すのも良い。

そして場所は変わってこちらは6帖和室。

キレイな畳からはい草の良い香りが漂い、非常に落ち着いた空間だ。

照明も渋かった。

リモコンで「暖色系」か「寒色系」の明るさに調節可能。この和室には暖色の明るさがマッチすると思う。

バスルームはというと洗面台とペアを組んでいた。

独立洗面台は無いものの、ここを見る限りトイレは独立しているようだ。

読みどおりだった。

ウォシュレットこそ無いが、セパレートされているだけでも充分ありがたい。

家に帰って、ラジオを聞きながら川を眺める。そんな川の流れのようにゆっくりとした生活にあこがれている方は、この浪速区幸町のリバーサイド部屋はいかがだろうか。

38㎡もの広さがあるのに賃料は込6.5万円と非常にリーズナブルで、しかも敷礼0。

初期費用も20万円以下におさまる嬉しい部屋だが、募集は1部屋のみなので、お早めに。

お問い合わせは、渋井不動産まで。

賃 料60,000円
共益費5,000円
敷 金0円
礼 金0円
所在地大阪市浪速区幸町三丁目
最寄駅桜川駅
築年月昭和62年2月
構 造鉄筋コンクリート造
間取り1LDK
面 積約38㎡
種 別賃貸マンション
所在階3階
E V有り
駐輪場無し
駐車場無し
ペット不可
物件お問合せ番号37235

お問い合わせ