浪速区のコーナーを攻めろ、驚異の6万円。

「大阪でコーナーを攻めている物件は?」と聞かれ、レペゼンなのが今回の部屋。

場所は浪速区稲荷一丁目。ここは浪速区湊町という大型のファミリー街と隣接するエリアで、住環境についてはお墨付き。また、少し北へ歩けばそこは南堀江で、休日の買い物やカフェ巡りなど、お金の使い所しかない魅惑の場所がすぐ近所、のグッドリッチ。

俗に言う「良い場所」でコーナを攻めているとは、一体どういうことなのか。早速室内を見てみよう。

コーナーではないが、攻めてるなという場所をまず発見。

こいつをペラッとめくると

ロストテクノロジー

外の景色が見える。そう、これはのぞき穴なのだ。

安心してほしいのは、今はモニター付きインターホンが標準装備されているということ。

ただもちろん昔住んでいた人はそんなものは無かった。めくった瞬間に口臭が届きそうなほどのFace to Face仕様。なので、「顔を確認してから居留守」ということができなかったのだ。(逆に口臭を確認してから入室拒否は可能だったかも)

テクノロジーの恩恵をヒシヒシと感じるし、当時の攻め具合も予感させるのぞき穴だ。

さて、室内はというとこんな感じ。

攻めてなく、キレイだ。

ではまず、左手にあるお風呂のような扉を開けてみよう。

やはりお風呂。

洗面台とバディを組んでいるタイプ。ということは、だ。

独り立ちしたトイレ

トイレはちゃんと独立している。

なぜわざわざこんなことを確認してるかと言うと、賃料が6万円と攻めまくっている価格設定だからだ。週3ピザ屋でバイトしていれば払える家賃。

さて、やたら水回りばかり攻めてしまったので、リビングを見ていこう。

正面の扉はトイレ。そして右手にキッチンがある。このまま後ずさりしていくと

大きなクローゼットが姿を現した。

今のところ、攻めてもないし、コーナーも存在しない。もう少し後ずさりしてく。

忍び寄るコーナー

いつの間にかコーナーに攻め込まれていた。

ただ後ずさりしていただけなのに、気づけば八方塞がり。ちょうど今のとろサーモンと同じ立場になってしまった。

クローゼット側から見るとご覧の角度。

大きな窓が壁一面に沿い、稲荷一丁目に差す光を全て受け入れようとしている。これが大阪を代表するコーナーだ。

ただ見たところバルコニーは無いので、この採光を利用しての部屋干しになる。

さらに別の角度から。

大迫力のマンション映画を見ているような景色。

 

 

マンション映画って何だ。まぁいいか。

浪速区稲荷一丁目のコーナーを攻めた部屋が、満を持して1部屋のみ空室となった。

カーテン代が少し高くついてしまうかもしれないが、その分、初期費用と賃料がものすごくお手頃、攻めに攻めすぎだと思う。オーナー大丈夫かと心配になるほど。

年内のうちに見ておかないと、年が明けてからでは無くなってしまっていることだろう。

お問い合わせは、渋井不動産まで。

賃 料55,000円
共益費5,000円
敷 金-
礼 金-
所在地大阪市浪速区稲荷一丁目
最寄駅JRなんば駅
築年月昭和42年8月
構 造鉄筋コンクリート造
間取り1R
面 積約24㎡
種 別賃貸マンション
所在階6階
E V有り
駐輪場無し
駐車場無し
ペット不可

お問い合わせ