北区の清純派デザイナーズとその屋上、込11.8万円。

11月に入り「今年も残りわずか」という話題でモチキリの渋井不動産。

年内での引っ越しをお考えの方は、「マズイよ、そろそろ良い部屋見つけないとマズイよ」と出川気味になっているかもしれない。

あなたにとって良い部屋とはどんな部屋なのだろうか。キレイでピカピカの部屋なのか、古くてもいいから広い部屋なのか、駅まで好アクセスなグッドリッチな部屋なのか・・

考えだしたらキリがなさそうなので、渋井はこんな部屋を提案してみる。

デザイナーズマンション

「あぁこう来たか」と思っていただいたら9割方正解。

白く淡い光に包まれた清純派デザイナーズ。青いテープが貼られているのは「これからクリーニングされる箇所」であって、決して渋井の仕業ではないことをご理解いただきたい。

突き当り正面の扉は洗濯機置場なので、土間を抜けて左手へと進む。

するとまずはキッチンに出会う。

案の定フローリング以外が白くまとめられていて、カレーなどを作る際には細心のチャパティ注意が必要。

居室内はズドンと縦長に伸びたLDKと洋室。

リビングが11帖、洋室は6帖になっている。正面の窓が北向きではあるものの、室内の暗さはさほど感じない。

二人暮らしもできないことは無い、という広さだ。

たっぷりの収納力

洋室に引きこもってみた。

一般的にデザイナーズマンションは「収納力」が課題になりがちだが、これだけのクローゼットがあれば安心だ。

洗面台がコチラ。

デザイナーズ特有のクセは見受けられない、いたってFutoo!!の感じ。

※Futoo!!:普通に良い。

Attention

トイレもFutoo!!だ。

もちろんウォシュレット付きだが、渋井のニューカマーである「マックス」が「ウォシュレットの使いすぎは『痔』になりやすい」と言っていたので、その辺はホドホドに。

マックス:つい最近渋井不動産に入社した大型ルーキー。痔持ち。

お風呂は浴室乾燥機付き。

ここも、デザイナーズ特有のクセやスタイリッシュ感は無い。一通り見たが、全体的に住み心地の良い普通の一室といったところ。

これから引っ越すのであれば、こういった住み心地の良い部屋はどうだろうか。

「良いけど、何か物足りない」と思う人は、次の写真を見てほしい。

多分これなら満足してくれるはず。

自室のバルコニーから上へと伸びた階段。

コイツが連れて行ってくれる先は、一体どんな景色なのか。

階段を登った先、そこに待ち構えていたのは・・

BRB

ビッグルーフバルコニーの登場。

自室からしか到達することができない、入居者専用の空間が広がっていた。テントでも張ってサバイバルな生活をすることも可能だが、向かいのマンションの人から凄い目で見られるので、その点だけ注意が必要だ。

天満の清純派デザイナーズとその屋上に住める。

住み心地の良さとこの青空が手に入るこの部屋は、込11.8万円で登場。「せっかく引っ越しするなら、ちょっと面白いところ」、そんなイメージを持つあなたには、ピッタリではないだろうか。

お問い合わせは、渋井不動産まで。

賃 料108,000円
共益費10,000円
敷 金1ヶ月
礼 金1ヶ月
所在地大阪市北区天満二丁目
最寄駅南森町駅
築年月平成17年1月
構 造鉄筋コンクリート造陸屋根
間取り1LDK
面 積約45㎡
種 別賃貸マンション
所在階10階
E V有り
駐輪場有り
駐車場-
ペット不可

お問い合わせ