北堀江のリノベ1DKが、インサイダー有りで込5.3万円。

「堀江で一人暮らしを始めたい」

これから引っ越ししなくてはならず、西区のどこに住みたいかを考えたときに人気なのが堀江。ファッション・カルチャーの先駆けとなる有名店舗が軒を連ねているので、周辺を散策すればその折々の賑わいがあり、住んでいて飽きることがない。

今日はそんな憧れを集める場所「堀江」より、一人暮らしを始めたくなる一室をご紹介しよう。

キッチンがガス2口のシステムキッチンとやたら強い。

もちろん、ガスの3口というもっと上の強さはある。しかし、先に聞いてほしい。この部屋は賃料が込で5.3万円。もう一度言う、5.3万円。IHの1口が相場のこの賃料で、これほどのキッチンなのだから「やたら強い」と言える。

お風呂も洗面台とフューチャリングしたタイプで、しかもピカピカ。

あの賃料だとトイレも同じ空間にあるのかと思ったが、そうでは無い。トイレはトイレでしっかり個室を設けているのだ。

その噂のトイレがこちら。

セパレートなだけでも御の字なのに、なんとウォシュレット付きで新品。こんなことが許されていいのか、相場を覆す何かがどこかに潜んでいるのではないか。

【突然こんにちは、堀江在住の堀江モンです。ここで皆様だけに、僕が知っている限りの情報をインサイダーします。】

インサイダーその1

・部屋まで階段4階

《北堀江四丁目に佇むチクフルビルヂング。その1室にリノベーションという手を加えたため、室内環境はピカピカ良好。しかし、外はチクフル。階段での出入りを余儀なくされた入居者は、日々の足腰に労力を強いられるのであった。》

美しいトイレをご覧いただいた後は、洋室へと視線を移そう。

ガラリ

真新しい洋室は6.3帖。

エアコンが付いており、ここでの時間は「快適さ」が約束された贅沢な空間。大きめのベッドを置いても余裕があり、一人暮らしをする人にとっては「どこに文句をつけたらいいのか」という状態。

インサイダーその2

・角度がキツめ

《階段で部屋までたどり着かなければならないことは前述の通りですが、その一段一段の段差が割とキツイ。ここは「何かを得るためには、何かを犠牲にしなければならない」という、弱肉強食の世界でもあるのであった。》

そして洋室には小ぶりながらクローゼットまで。

「至れり尽くせり夏木マリ」とはこのことで、そういうことだ。

インサイダーその3

・共用部のチクフル感がモロ

年季の入った柱、昭和のアパートで見る照明、土壁。この廊下を歩くだけで、昭和48年という時代の潮流を全身で受け止めることになります。》

インサイダーその4

・バルコニーが無い

《この部屋は専用のバルコニーが無い。そのため洗濯物を干す際は部屋干しか、ある場所で干さなければなりません。》

インサイダーその5

・屋上で干す

《この共用の屋上は入居者なら自由に出入りでき、「外干し派」の方はここで洗濯物を干すことになります。ちなみに、インサイダーでブタ箱行きとなった私は、IT業界から干されました。》

洗濯物を干しながら、のんびりと景色を楽しむことができる屋上。4階の部屋からなら、ワンフロア分だけ登ればいつでも来れる素敵な場所だ。

階段4階でバルコニー無しだが、室内はピカピカでセパレート。しかも賃料込5.3万円で北堀江に住める。

堀江に引っ越したいなら、今がチャンスだ。

お問い合わせは、渋井不動産まで。

賃 料53,000円
共益費賃料に込み
敷 金50,000円
礼 金100,000円
所在地大阪市西区北堀江四丁目
最寄駅西長堀駅
築年月昭和48年4月
構 造鉄骨造
間取り1DK
面 積約26㎡
種 別賃貸マンション
所在階4階
E V無し
駐輪場無し
駐車場無し
ペット不可

お問い合わせ