西区新町で見つけたサプライズマンション

「THE MANSION」初代チャンピオンの名に恥じぬ、見事お客様の部屋探しを終わらせた住宅担当シュワちゃん。

最近のシュワちゃんは、だんじり神輿の上で踊っているかのようなノリノリ具合。部屋探しのビートが流れれば、どんなリズムであろうと踊りこなす。

そんな彼が特殊なルートで見つけた部屋に入居が決まったので、見てみよう。場所は西区新町、旧渋井事務所があったエリアだが、紹介したシュワちゃん自身も「こんなのあったの!?」と驚いたそうな。ダミ声で。

階段物件

せっせと階段で5階まで登ると到着。

「そんなに(階段が)あったの!?」という驚きも、モチのロン。

さて、玄関を開け、まずはリビングから。和室と縦続きに繋がっており、LDKだけの広さは9帖ほど。

この時点では冒頭の驚きポイントは無さそう。

隣の和室は6帖。

畳もキレイで収納付き。ここだけ見ると旅館に来たような錯覚に陥る。

無骨バル

障子を開けるとバルコニーに出れる。

先程の和室からテイストがガラリと変わり、鉄骨の重厚感に囲まれている。屋根部分もガラス張りになっており、日当たりは申し分無し。

和室からのこの変化には少し驚いたが、これではまだ「こんなのアリ!?」とはならない。

もしかしたら他の部屋に驚きが隠されているのかも。

手前から順に洗面&お風呂、トイレ、洋室となっているので、その順番で中を追っていく。

洗面台に洗濯パン。

くまなく探したが、いたってFutoo!!な感じ。

 

※Futoo!!:普通に良い。

お風呂も、タイルのカラーがコートジボワール風(アイルランド風ともいう)なのを除けば、変わったところは無い。

驚きはトイレにあるのか。

トイレではなかった。

いや、ここはトイレなのは間違いないが、驚きポイントがトイレに無かったということだ。

最後の頼みの綱、洋室へやってきた。

約7帖という広さで、白い空間に浮いたブラウンの扉。「THE 寝室」というゲームがあれば、2面ぐらいで出てきそうなほどシンプル。

「そんなに驚くポイントが無かったんだけど」

確かに場所と広さ、綺麗さに対しての家賃を鑑みたときに「おぉ、それは安いよね」という驚きはあった。ただシュワちゃんが言っていたのは、もう少し意味深な感じだった。なのに無かっ・・・

ん?

ちょっと待て。

何でこんなとこにロンギヌスの槍が転がってるんだ。

やはりいた。

恐らくシュワちゃんが言っていたのはこれ。これじゃなかった日には、外科手術でサングラスを埋め込んでやりたい。頬骨に。

重厚感のあるロフト

何だこれは。「What’s」が過ぎる。

ただのロフトじゃない、鉄骨とコンクリートに囲まれた隠れ家的なやつだ。

このロフトがマンション最上階のため、今の時期は泣きをみるほど蒸し暑くなるが、冬場ならテントを張って野宿が可能。

もし藤岡弘、を迎える機会があれば、ぜひここで一晩寝かせてみては。コクが増すかも。

ここが藤岡弘、の寝床予定場所。

コンクリートの梁が形成する囲まれた感と、ぶら下がった裸電球の悲壮感が「秘密基地感」をさらに上昇させる。

なるほど、さすがシュワちゃん。いや、初代チャンピオン。最終的にはちゃんと「こんなのあんの!?」となった。

「前の入居者さんは、ここをどんな風に使っていたのか」が気になるが、恐らく「夫婦喧嘩したときの旦那さんのオアシス」的な場所だろう。

もしこのブログを見ている人が、自分のオアシスを求めて部屋探しをしているのであれば、一度渋井不動産を訪ねてみてほしい。

以上。

お問い合わせ