名作ヴィンテージ、千里山ロイヤルマンションとその希少価値について。

千里山ロイヤルマンション

みなさま、こんにちは。渋井不動産のKINPONです。

間も無く本格的な夏に突入しようかという6月の今日、いかがお過ごしでしょうか。本日は北摂エリアまで足を運んでみました。厳密にいうと吹田市。

その理由はもちろん、そこに渋い不動産があるからです。

千里山ロイヤルマンション

渋井不動産を長く愛読されている読者のみなさまなら、もしかすると先ほどの写真でピンと来ているのではないでしょうか?

そうです、あの大阪が誇る名作ヴィンテージマンションより空室が発生いたしました。

千里山ロイヤルマンション

その名も、千里山ロイヤルマンション。

天才建築家「遠藤剛生」が創造した大型分譲マンション。

昭和55年に建てられてから今まで、その稀有な見た目から入居希望者が後を絶たず、分譲売買でもその名前を見ることは稀、今尚その魅力が止まることをしらない真のヴィンテージマンションなのです。

千里山ロイヤルマンション

広大な敷地面積にはA棟からF棟までが軒を連ねるマンモスマンション。しかも衝撃的なことは、その建物一つ一つのデザインが全て異なるということ。

吹田市千里山西4丁目〜千里山竹園1丁目に渡る敷地内の、様々な地形・特性を考慮し設計されているのです。例えば過去にも紹介した「1番街A棟」は全戸角部屋設計の棟を空中廊下でつなぎ、G棟は地形の傾斜を利用して段々畑のようなデザインを採用し全戸にルーフバルコニーを設けました。

千里山ロイヤルマンション

そんな中、唯一テナントの誘致を考慮されて建てたのが、本日ご紹介するD棟なのです。

先述の2棟のようにデザインこそ派手ではないものの、質実剛健な作りはやはり迫力がありますね。鉄筋コンクリートの堅牢な躯体に差し込まれるポップなデザインが映えます。

千里山ロイヤルマンション

大きくカーブする廊下で抜ける共用部。ひらかれた隙間から見える竹林の緑で視界も楽しく、躯体のコンクリートとのコントラストも見事。

40年近くの時間がたってもなお、美しく清掃された共用部から品すらも感じます。

KINPONが人生最後に選ぶならこのマンションと公言している理由はそこにあります。

そしてようやくお部屋に到着しました。

過去2度に渡って紹介した千里山ロイヤルマンション、本日ご紹介させていただきますのはD棟のなかでも指折りの大型区画でございます。

千里山ロイヤルマンション

玄関を抜けると眼前に広がるリビングルーム、その広さ17.5帖。

床・壁・天井はもちろん、各部屋に通じる扉まで美装された室内。少し縦長のリビングなのですが、壁面が多く、意外と家具のレイアウトに悩むことないかもしれません。

千里山ロイヤルマンション

そして反対からのビューです。

採光口から差し込む光がリビングの先まで届いているのが、お分かりになりますでしょうか。

3階という低層ながらも、きちんと日当たりが確保されているあたりに遠藤建築の真髄を感じます。

千里山ロイヤルマンション

置かれたシステムキッチンも申し分なし。

シンク・調理スペース・ガス台共にナイスキャパシティで奥様もニッコリ。

千里山ロイヤルマンション

今回の募集区画は81.45㎡の巨大区画。先ほどの17.5帖のリビングを含め3LDKの間取りでございます。

洋室はリビングと同じく美しくリフォームされた上に、正面の収納も

千里山ロイヤルマンション

サッ!

千里山ロイヤルマンション

パカリ、パカリ

千里山ロイヤルマンション

パカリ、パカリ、パカリ

千里山ロイヤルマンション

シュタタタタ!

千里山ロイヤルマンション

きちんとキャパシティを確保している様子。

千里山ロイヤルマンション

ほぼ同じタイプの洋室が2つ、そして意外と嬉しい和の間が6帖で準備されております。

客間や茶間、居合斬りの練習等使い勝手は無限大。い草の良い香りに身を任せていただければ幸いです。

千里山ロイヤルマンション

では水回りをご覧くださいませ。

特筆取り上げるような突飛なところもなく、普通にいいよね、な空間がそこには広がっていました。

千里山ロイヤルマンション

お手洗いも、比較的ぽっちゃりした便器がスタンバイ。

千里山ロイヤルマンション

ただお風呂はすごくよかった。

新品に換装された浴室にはもちろん追い焚き機能付きでキッチンから自動湯はりを指令できる優れもの。

味のあるヴィンテージマンションには興味があるけど、水回りは綺麗じゃないとダメ。そんな皆様にもぜひオススメしたい、本日の物件でございます。

そして、最後にメインディッシュをご覧ください。

千里山ロイヤルマンション

希少価値が爆発。特大ビッグバルコニー。

そう、本日の千里山ロイヤルマンションのメインディッシュはこの特大ビッグバルコニーだったのです。

遠藤剛生建築のヴィンテージマンション、81.45㎡の3LDKという条件だけでも希少価値が高いのに、追い討ちをかけるかのように用意されたバルコニー。その広さ38.77㎡、バルコニーだけで。

千里山ロイヤルマンション

試しに私がしゃがんでみました。

ね、大きいでしょう。

千里山ロイヤルマンション

しかも見える景色がすべて「千里山ロイヤルマンションの空中廊下」という千里山ロイヤルマンションラヴァーにはたまらない景色。

かくゆう私もこのマンションの大ファン。この景色をみながら白飯3杯は食べれるんじゃないかなと。

千里山ロイヤルマンション

というわけで遠藤剛生建築、名作ヴィンテージマンションの巨大区画がただいま募集中です。

気になる賃料は共益費込み15万円と、バルコニーを含めた120㎡の床面積を無視した価格設定で募集中です。

そして、ただいま駐車場にも空きがございますので、カーラヴァーのお父様・旦那様も安心してお引越しを検討していただけますね。

千里山ロイヤルマンション

ほら、立っているだけでこんなに映えるマンション、他に絶対ないですよ。

ぜひ前向きにご検討くださいませ。

ちなみにこちらの区画、分譲販売も同時募集しておりますので、ご興味がございまいたら渋井不動産までお問い合わせくださいませ。

賃 料150,000円
共益費賃料に含む
敷 金150,000円
礼 金300,000円
所在地吹田市千里山西4
最寄駅北大阪急行 緑地公園駅
築年月1980年
構 造鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根
間取り3LDK
面 積約81.45㎡+38.77㎡
種 別分譲賃貸
所在階3階
E V有り
駐輪場有り
駐車場有り
ペット飼育不可

お問い合わせ