ちょっと珍しい「LDK+S」の間取りin京橋。込10万円。

渋井不動産です。どうもです。

4月に入って「おっ!」と思う部屋が多く出没しており、世間で引っ越しシーズンと言われる時期は過ぎたものの、今お探し中の方はかなり良いタイミングかと思います。ブログに載せたいのは山々なのですが、広報担当オザワの執筆が悲しいほど遅い(サボりがち)ので、早めに部屋探しを終わらせたい方は事務所に来ていただいた方がベターです。

さて、本日はちょっと珍しい「LDK+S」という間取りの部屋を紹介します。間取りでよく見る「1LDK、2LDK」の頭の数字が無い。要するに「リビングと納戸がある」という間取りです。

「どういうことだよ勝俣!」とアッコさんに怒られる前に、今回は先に間取り図を見ていただきましょう。

ご覧の通り玄関を開けてすぐ納戸。7帖もあるなら洋室にしたほうがウケるはずなのに、世間の声を無視し納戸にしました。ッシャー!!

では中を見てみましょう。

これが噂の納戸(7帖)と土間。

天井の照明・土間に敷かれたタイルなど、思っていた以上に内装のデザインが凝っていて「お金かけてるなー」という感じがします。8万以上は間違いなくかかっています。

この土間と納戸のスペースをいかに格好良くできるか、玄関を開けてすぐのインテリアはかなり重要になります。この部屋を良くみせるも悪く見せるもココ次第と言っても過言ではないので、センスが問われます。

リーサルウェポンのシステムキッチン。

ガス4口・調理スペースも広いおかげで、和・洋・と幅広いカルチャーの料理も楽々できます。

リーサル横は水周りへと続いており、扉は無し段差で何となくは隔てましたと言った感じです。

安らぎのリビングは16帖と広め。

部屋の中心にロールカーテンがあり、一応空間が仕切れるようになっておりますが、このままでいいと思います。

仕切ったとて。

正直使うタイミングは無いかと。この西日本一の「仕切ったとて」が見たい方は、使ってみてください。

リビングと納戸を繋ぐウォークインクローゼットがこちら。

収納力は言わずもがなですが、やはりこの抜けた先に「例の納戸」があることも考慮してインテリアを組む必要があります。

もう寝室にしたらいいんじゃないかなと半ば諦め気味で紹介を終えますが、皆さんの発想・センスが爆発することを祈っております。

広めの1Kに収納が付いた感覚で家具を配置すれば、希望はありそうですね。

家賃は込10万円、広さや設備を考えるとかなりリーズナブルな価格で募集中です。

最新の空室状況やお問合わせは、渋井不動産。

賃 料100,000円
共益費-
敷 金100,000円
礼 金200,000円
所在地大阪市城東区新蒲生二丁目
最寄駅京橋駅
築年月平成7年9月
構 造鉄筋コンクリート造
間取りLDK+S
面 積約56㎡
種 別賃貸マンション
所在階5階
E V有り
駐輪場有り
駐車場有り(空要確認)
ペット不可

お問い合わせ