【予告】北堀江のアンティークリノベがもうすぐカミングバック。

2018年4月、遂にあの部屋が帰ってくる。リノベーションという大手術により、アンティーク家具が似合う室内に生まれ変わったというあの部屋が。

大阪市西区、緑豊かで人気の高いこのエリアは、流行の発信地である「堀江」が存在する。数々のファッションカルチャーが集まるオレンジストリートが有名だが、その余波は周囲の建物にまで影響を及ぼし、風変わりで独創的な内装へと変化していく。

誰もが思った。「ここは日本なのか」と。

ディズニーが贈る不朽の名作「シンデレラ」。壮大な城に施されたインテリアは、王宮ならではの高級な調度品や装飾が所狭しと使用されている。そして海外からの文化が頻繁に流入するようになった今、その余波はとどまること知らず、遂に大阪の西区にまで届いたのだ。

日々の疲れを感じさせない新人類の誕生か。

パソコン・携帯などITテクノロジーの急速な発達。皮肉にもその余波が社会的現象となり、我々に襲いかかる。ストレス社会と銘打たれた現代人にとって、癒やしはどこで手に入るのか。

大阪が誇る銘菓「堂島ロール」

「生クリームを食べるための新しいロールケーキ」と言われるほど、従来のケーキとは一線を画したクリームの含有量を誇る。今でこそ落ち着きはしたものの、その余波という余波が与えた影響はインテリアにまで及んだ。

一般的に「無垢材」と聞くと、木独自の茶色であることが多い。

しかし、ファッションカルチャーの先駆けである堀江では、その範疇にとどまらない。有名なカフェテリアが立ち並ぶこのエリアでは、並の内装では勝ち残ることはできない。店主が思考を凝らし、客に愛される仕上がりにできてこそなのだ。そしてここで重要なキーワードは「余波」。彼らが試行錯誤で作り上げたカルチャーの余波、余波では済まされないほど大きなものかもしれないが、それらは今もなお堀江で波打っているのだ。

北堀江 is Back.

アンティーク家具を愛し、北堀江を愛する人へ捧ぐ珠玉の部屋が、帰ってくる。果たして、今度は一体誰の手に渡るのか。

間もなく、空室。

最新の空室状況やお問合わせは、渋井不動産まで。

賃 料135,000円
共益費10,000円
敷 金-
礼 金3ヶ月
所在地大阪市西区北堀江一丁目
最寄駅西大橋駅
築年月昭和56年2月
構 造鉄骨鉄筋コンクリート造12階建
間取り2LDK
面 積約70㎡
種 別分譲賃貸マンション
所在階3階
E V有り
駐輪場有り
駐車場無し
ペット-

お問い合わせ