市岡元町の戸建てがリニューアル、奥歯も唸る8万円で敷礼ゼロ。

こんにちは、広報担当のオザワです。

先に言っておきますが、僕は何者かに追われているわけではありません。世界観が追ってから逃げてるそれですが、あえてこの場所にいます。ご安心ください。

そう、このチョコとバニラのミルフィーユような外観の戸建。ここに来たかったのです。芭蕉も泣き寝入りするほど細道の奥に建っています。

インターホンがなんかギリギリですね。早速お邪魔しましょう。

なるほど。土間スペースは広めで、来客の出入りがしやすい思いやり設計ですね。ここに来るまではあんな細かったのに。

ではセオリー通り、1階フロアの探索からはじめましょう。

さて、部屋に入るとまず電気を点けるかと思いますが、一部の照明はリモコン式となっております。

この奥歯のようなものがリモコンですので、間違えて屋根の上に投げることがないようご注意ください。

ダイニングにダイビングしました。6帖という絶妙な広さ。ここでご飯は食べれないこと無いと思いますが、少しマイセーかなと。

最近リフォームが終わり、床は新品のフローリングです。

*マイセー:「狭い」をワールドワイドに変換したもの。

そしてキッチンもおニューになったとか。

西日本一のタイルの祭典に招かれたかのような囲まれ具合。キッチン下収納の無垢っぽいのは、ぽいだけです。モノホンの木ではありません。

※モノホン:「本物」をワールドワイドにほぐしたもの。

隣接の洋室は8帖

デザイン性に富んだ照明があたり一面を照らし、ヌクモリ溢れる空間です。すぐ眠くなりそう。

先ほどの洋室右奥の扉を開けると、トイレとお風呂。トイレは普通に良いヤツだったので、お風呂のみご紹介します。

追い焚き浴室乾燥機付き3WAYバスルームです。

読んでそのままの意味なのですが、追い焚き・浴室乾燥機が備わっており、蛇口×2+シャワーの3WAYで水を確保できる優れもの。江戸時代なら許されないほど水路を独占しています。

注:独立洗面台はありません。

さて、二階に来ました。

上品な濃いブラウンのフローリングが敷かれた廊下。頬ずりしたいほどツヤツヤですが、事案になるのでやめておきましょう。

まずは階段側の洋室、広さは4.5帖

その横にある洋室は5.5帖とさっきよりちょい広め。しかも収納も先ほどより大きいものなので、部屋割りで多少の殴り合い揉め事は起きるかもしれません。

最後にバルコニーのご紹介。

広さは3帖ほどですが、ミニ屋根付き。写真左端中央、申し訳なさそうに生えた蛇口は洗濯機用のものです。

※周囲はファミリーが住んでいる戸建てに囲まれているので、どこからか奥歯が飛んでくるかもしれません。予めご了承ください。

港区市岡元町の戸建てがフルリニューアルでオープン。

しかも敷礼ゼロの特典付きで家賃は8万円です。

驚きで歯がグラつきそうですね。

最新の空室状況やお問合わせは渋井不動産まで。

賃 料80,000円
共益費-
敷 金-
礼 金-
所在地大阪市港区市岡元町二丁目
最寄駅弁天町
築年月昭和39年8月
構 造木造2階建
間取り3DK
面 積述べ約59㎡
種 別貸家
所在階-
E V無し
駐輪場-
駐車場無し
ペット-

お問い合わせ