最初だけクセが強い北堀江の1LDK、込9万円。

こんにちは、オザワです。

最近は寒さが一段落した日が続いておりますが、何故かくしゃみが止まらず鼻も詰まりました。死ぬのでしょうか。

さて、本日は北堀江四丁目にやって来ましたが、エントランスのクセがかなり強め。魑魅魍魎がズラリと並んでおり、壁の大理石も「アフリカで来賓に出されるスープ」みたいな柄です。OMOTENASHIされているということでしょうか。

そしてこちらが管理人さん(♂)。

凛々しく血色が良い顔。発情期かな。

エントランスだけで話が長くなってしまいそうだったので、お部屋前に来ました。

石張りのレトロな壁と白モダンな扉がいい具合に融合しており、なんとなくアラジンを思い出します。

扉を開けると人工大理石の廊下に、象徴的な照明がセットされていますね。

電気は点きませんでしたが、じっと見ていると胸のあたりがムズムズしてきます。

ここで確実に言えることは、ピンクの電球はかなり危険ということです。

水周りまで大理石のアプローチは続きます。

よく見ると梁の部分が「漆喰コテ塗り仕上げ」になっており、波打った模様になっているのが特徴。(後に紹介するリビングもコテってます)

ザラザラした手触りですので、触れるたびにお父さんの髭面が思い浮かびます。

そしてビッグでワイドなバスルーム。

老若男女問わず納得の広さ。「文句を言われる筋合いは無い」といったところです。

さて、コチラが15帖のリビングです。

元々2LDKだった間取りを1LDKへ改装したため、このような広々リビングへと進化しました。渋井的にはナイス判断と言わざるを得ません。

にゃいす判断。

噛みました。

気を取り直して、先ほどあえてスルーしたシースルーエリアです。

玄関とリビングを仕切る壁はこのように透明性100%になっているので、来客情報が筒抜けに。

サプライズゲストを呼ぶときは、覆面を被らせてリビングへ誘導してください。

キッチン向かいの、パタパタ仕切るタイプで生まれる洋室は6帖の広さ。

正面の収納もレトロな扉になっており、アンティーク系の家具を置けばマッチすることマッチがい無しです。

間違えました。最後の最後でやってしまいました。もう〆ます。

エントランスのクセが少々あるものの、お部屋の中は案外スッキリ。二人暮らしでも納得の広々56㎡で、家賃はなんと込9万円。競争率が高くなること間違い無しのこのお部屋、管理人さんも誰が入居するのか心待ちにしております。

最新の空室状況やお問合わせは、渋井不動産まで。

*メール・お電話で多数の反響をいただいておりますが、渋井不動産が提案する渋い物件は一点物でございます。すでに成約済みの場合は悪しからずご了承くださいませ。

渋い物件をサーチし続ける渋井不動産の業務管理の都合、一度でもご来店いただいた方には、渋い物件の情報を迅速にお知らせいたします。

遠方・お仕事のご都合等、お忙しい中大変恐縮ではございますが、一度渋井不動産オフィスまでご来店いただくことを強くオススメいたします

賃 料80,000円
共益費10,000円
敷 金-
礼 金200,000円
所在地大阪市西区北堀江四丁目
最寄駅西長堀駅
築年月昭和60年12月
構 造鉄骨鉄筋コンクリート造9階建
間取り2LDK
面 積約56㎡
種 別賃貸マンション
所在階5階
E V有り
駐輪場有り
駐車場-
ペット不可

お問い合わせ