あなたの家、バルコニー狭くないですか?お求めやすいビッグバル2選。

皆さんは「ビッグバルコニー」に憧れたことはないだろうか。「バルコニーで物思いにふけたい」・「夜風に包まれたい」・「なぜか欲しい」など理由は様々だが、その需要はかなり多い。

勝手にそう思った渋井不動産は、絶賛到来中の引越しシーズンに合わせて、大きいのを用意した。しかも2部屋

1部屋目は大阪市北区西天満の部屋。梅田までチャリで10分ほどで行ける好立地なエリアだ。

内装は全て新しいものに取り替えられ、床も日差しをハネ返すほどテカっている。俺のデコくらいテカっている。

玄関が3マス+税の大きさしか無いが、そこは皆さんの手でどうにかしてくれ。

キッチンは一口ガスの、別名「孤独のグルメ」

ここも試行錯誤で調理スペースを確保するしかないが「一人暮らしならお湯さえ沸かせれば大丈夫」という謎理論で話を進めていく。

部屋の北側でこの大開口ウィンドウが存在感を主張している。キレイな室内にインダストリアルな窓というギャップが渋い。

室内の半分ほどはありそうなビッグバルコニー。

「渋井にしては大きさが控えめじゃない?」と言われそうだが、これでも殴り合いができるほどには十分大きい。

以上が一軒目、西天満のビッグバルコニー部屋だ。

簡単に概要を載せておくので、お酒のアテにでもどうぞ。

*ちなみにこちらのお部屋はSOHO利用も可です。

住所:大阪市北区西天満三丁目

家賃:4.2万円

管理費:1.15万円

礼金:4.2万円

広さ:16㎡

ところ変わって都島区東野田まで来た。京橋駅まで徒歩1分という、疲れ知らずな立地だ。

1部屋目の扉と似すぎているが「ビッグバルコニーの部屋はエメラルドブルーの扉」と相場が決まっているのだろうか。

かなりフェチが強めの相場をご覧いただいたところで、部屋の中を見てみよう。

ブラウンを基調とした上品な内装がお出迎えするコチラの部屋は1DK。

ここも孤独のグルメ仕様のキッチンだが、カウンター付きだ。

小窓の向こう側へと料理を運びやすくするためなのか。そもそも向こう側にはいったい何があるというのか。

*本日の記事は全て「ビッグバルコニー」のご紹介記事です。

リビングは6帖ほどでウォークインクローゼットもある。そこまで収納力は無いが、もし大きい荷物等があれば別のところで保管しておける。

え?どこにって?

*ご存知の場所です。

ここに。

部屋の広さを超えてしまったビッグバルコニー、なんと25㎡。そして12階という高層階も相まって、開放感が凄まじい。ここに住めば「いいちこ」のCMで使われそうなこのキレイな夕焼けも、アナタだけのものだ。

以上でビッグバルコニーの紹介を終える。

簡単に概要を載せておくので、白飯のお供にどうぞ。

 

 

最新の空室状況やお問合わせは、渋井動産まで。

住所:大阪市都島区東野田町1丁目

家賃:6.3万円

管理費:1.031万円

礼金:15万円

広さ:24㎡