ミッションインポッ渋ルーム〜都島区の最新1DKに潜入せよ〜

9月某日、西区1ミーハーな男と言われるozawaは、都島区へ来ていた。上司のKINPONから潜入調査の命令があったからだ。バイクで走っている途中、橋の上から見える「帝国ホテル大阪」の景色に少しだけ目を奪われたが、すぐに仕事を思い出し現場へ向かった。

o「KINPONさん、やっと着きました。どうぞ。」

LINEの無料通話をスピーカーでトランシーバー代わりにし、自分の近況を西区にいる上司に報告する。

K「共用部はどんな感じだ?」

o「エレベーターが無いですね。ということは・・」

K「部屋は渋いだろうな。よし、突入せよ。」

急いで4階まで駆け上がる。

o「玄関前まで来ました、どうぞ。」

K「そこはどんな感じだ?」

o「ひとことで言うとハートフルです。愛に溢れている感じです。どうぞ。」

K「・・よくわからんが、慎重に調査を進めるように。」

o「突入しました。まずは4帖のダイニングキッチンです。玄関右手にキッチン、左手にお風呂、その奥にトイレのようです。どうぞ。」

K「ふむ。家についたらすぐにご飯が炊けるのか。まさに『パパっとライス』だな。」

o「確かこのキッチン横に、新しく洗濯機置場ができるんですよね?」

K「えっ、あ、うん。」

o「あ、そのキッチンなんですけど、ガスの3口で凄く使い勝手が良さそうです。一人暮らしには十分すぎるほどです。どうぞ。」

K「それは良い。設備は強いに越したことはないからな。調理スペースはどうだ?広いか?」

o「えっと、ちょっと待ってください。今確認します。・・・あ、なるほど。」

o「エッフェル塔も置けるぐらい広いです。どうぞ。」

K「??何が置けるって?」

o「エッフェル塔です、パリの。どうぞ。」

K「(例えが下手すぎだが、広いってことか・・)わかった。」

o「あとなんか『葉っぱの写真』があります。1、2・・8枚も。どうぞ。」

K「えっ!?そんなに写真あるの?」

o「あっ、写真は1枚です。8枚は葉っぱの数です。エイトリーブズ、どうぞ。」

K「ややこしいわ!ってかどうでもいいわ!」

o「トイレに潜入しました。無垢風の壁紙が貼られていて、ウォシュレットは無しです。どうぞ。」

K「そのトイレなんだが、実はそこもこれから少しだけ改装が入って、ウォシュレット付きになるらしい。」

o「アップデートされるんですね。それは良かっ・・・・ん?隊長!何かあります!」

K「(隊長?)」

o「小さい秋です!どうぞ!

K「だからよくわからんって!」

o「まさかこんなところで四季を感じるとは・・」

o「風呂場へ来ました、どうぞ。」

K「Futooか?」

o「洗面と合体しているタイプというだけで、いたってFutooですね。伸びたシャワーがアジャ・・アナコンダみたいです。どうぞ。」

K「お前今アジャコングって言おうとしただろ。」

o「洋室に来ました。どうぞ。」

K「そこの広さは11帖だ。雰囲気はどうだ?」

o「床は無垢風のフロアシート、天井は躯体剥き出し、照明はスポットライト、まるでデザイナーズマンションですね。どうぞ。」

K「かなり渋そうだな。」

o「角度を変えてみましたが、どこから見てもモテそうです。どうぞ。」

K「考え方の角度も変えろ!」

o「隊長。何やら縦長の、収納のようなものがあります。開けてみてもいいでしょうか?」

K「いや、ここは慎重に応援を待て。無理はするな。」

o開けました!どうぞ!

K「なんで待ってくれないんだよ!」

o「これは・・ウォークインクローゼット。抜群の収納力ですよ。どうぞ。」

K「4帖のダイニングキッチンと11帖の洋室、さらにウォークインか・・これは恐ろしい住み心地だな。」

o「バルコニーに来ました。前日の雨の影響で水が溜まっていますが、それ以外は問題なしです。」

K「そうか、了解した。任務はそれで終了だ。戻ってきていいぞ。」

無事全ての任務をこなし、渋い部屋の潜入調査を終えたozawa。

疲れをものともせずにバイクを走らせると、またあの景色が目に入った。

「あの部屋は誰が住むのだろうか。」

そんなことを思いながら、事務所へ戻るozawa。彼の潜入調査はこれからも続く。

 

最新の空室状況やお問合わせは、渋井不動産まで。

賃 料58,000円
共益費5,000円
敷 金50,000円
礼 金100,000円
所在地大阪市中央区中野町四丁目
最寄駅桜ノ宮駅
築年月昭和48年10月
構 造鉄骨造4階建
間取り1LDK
面 積30㎡
種 別賃貸マンション
所在階4階
E V無し
駐輪場有り
駐車場無し
ペット不可