中津に建つ超高級レジデンス【ザ・セントラルマークタワー】を攻めてみた。

ごきげんよう、本日は久しぶりに高井不動産の登場だ。

先日、渋井不動産に一本の電話が入り、「大阪梅田に近いオススメのレジデンスは無いですか?30万前後で。」とお問い合わせをいただいた。張り切って物件の写真を撮りにいったが、結論を言うと、問い合わせは弊社代表取締役隊長のイタ電だった。

くじけそうだった。

我々渋井不動産は「街に眠る一点物」の発掘は他の追随を許さない高いスキルを持っているが、高級レジデンスももちろん大好き。今回のイタ電はメンタル的にキツかったが、高級レジデンスに足を運んだ結果、やっぱりいいお部屋だったのでご紹介させて頂く。

 

まずはこれを見てほしい。御堂筋線中津駅5番出口だが、その上を見上げると・・

目線を遮る、天高く伸びたこの巨体。

到着した中津5番出口は、このマンションと直結させるために完成したほど。大阪市の北大阪エリア再開発の一端を担い、大きな期待と努力を以て2015年完成したタワーマンションである。

*ちなみにこのマンションの鍵を借りに行った時、そこの社長と遭遇したが超イケメンだった。嫉妬で帰りたくなったほどだ。

【ザ・セントラルマークタワー】

阪急梅田駅・JR大阪駅まで徒歩圏内建物は中津駅直結という規格外の立地の良さを誇る。

1〜3階外壁基壇部には石を用い重厚さを演出し、4階からはガラス手摺を用い軽快なファサードデザインを落とし込んだ。

高層階からの眺望もずば抜けており、現在も総戸数415戸に空きが出ないほど人気。

ここで簡単に、セントラルマークタワーのアレコレについて説明しよう。

所在地:大阪府大阪市北区中津1−6−29

規模:地下1階、地上35階建

構造:RC造(免震構造)・一部S造

売主:住友商事、 MID都市開発、大和ハウス工業

設計・監理:前田建設工業・長谷工コーポレーション共同企業体

最高度:121.83m

※「前田建設工業」は、堅牢な建築に定評があり、ドームから電力発電所、空港といった数々の名建築を生み出してきた会社。安藤忠雄建築事務所の施工も多い。2019年には創業100周年を迎える。

天井まで伸びたハイサッシから入る自然光が心地よく、エントランスから臨む敷地内のランドスケープも美しい。

歪な形状の敷地を緑で埋めるというダイナミックさも、タワーマンションならでは。

エントランスを抜けると可憐なコンシェルジュに迎えられ、住人だけが使えるラウンジがある。

ラウンジとは休憩室を意味するが、こんないいマンションに住んでいたら、部屋のほうが快適なんじゃないかと思ってしまう。

が、確認はしておこう。

この螺旋階段をのぼると・・

高級家具屋に入店してしまった。いや、違う。ラウンジだ。

そんな座り心地の良さそうなものを並べられたら、使いたくなるに決まっているじゃないか。

朝の出勤前や簡単な打合せにちょうど良いラウンジ。ナイスホテルライク。

ラウンジでの休憩もほどほどに、32階に到着。31階だったらサーティワンアイスクリームにちなんだボケを用意していたのだが、残念ながら今回はお蔵入りだ。

ちなみに1階からここまで、エレベータで1分弱かかる。ノンストップでこれだから、恐ろしい高さだ。

エレベータを降りると、タワーマンションらしい共用廊下と出会う。

新町のザ・サンクタスタワーとも共通しているのだが、その広大な敷地面積ゆえ中は迷宮だ。部屋が見つからず、廊下に肩を落として座り込んだとしても、そのフカフカなカーペットが優しく包み込んでくれる。

それでは室内に入ってみよう。

玄関扉を開けた瞬間に包まれるゴージャス感。漫画のような大理石とシックなインテリアのバランスがステータスを加速させる。

案内用のスリッパもなんとなく高級感をテカらせており、履いてもいいのか少し迷った。

シューズボックスのスペースだけでコレ。

今回のお部屋が3LDKのファミリー向けということもありこの大きさなのだろうが、ウォークインクローゼットくらいの空間だ。

玄関あがって右手にはトイレ。

タンクレスのえぇやつであることはもちろん、手洗い場もこじんまりしていて上品だ。

もちろん洗面も

ナイスホテルライク!

バスルームも、高級レジデンスの名にふさわしい仕上がりだ。

そこに置かれた設備も言わずもがな。

LDKのご紹介だ。

15.5帖の大きさで、手前のオレンジがかった場所がキッチン、その横の黒い扉が洋室だ。

キッチンはこのように調理スペースとカウンタースペースが対面になっている。

数多くの料理を振る舞うときも、コレだけのスペースがあれば効率よく調理ができそうだ。

そしてこちらが洋室。

このお部屋は7.5帖、5.1帖、4.7帖の3つの洋室があるのだが、お部屋の雰囲気は同じなので今回は一部屋だけのご紹介にとどめておく。

写真は7.5帖。

さ、皆さまお待ちかね。32階からの景色をたのしむ時間だ。

このマンションは地上35階建で最高121mらしいので、おおむね110m前後の高さだろう。

正直に言うが、めっちゃ怖かった。

これほどの高さに対して免疫が無いので、カメラで写真を撮るのもかなり苦労した。

しかし、その怖さを押してでも撮りたくなるほどのスカイビュー。

ベランダの方角は南東だが、東向きが一番抜けている。

朝日が室内に差し込み、さわやかな一日が始まることだろう。

もちろん夜景もすばらしい。

大阪の梅田という大都市の魅力を存分に味わえる景色だ。ピアスタワーとこの高さで目を合わせられるのも、ここに住む特権のひとつだ。

上空から眺める梅田の街はとてもロマンチックで、アーティストのジャケット写真に使われそうだ。

この夜景を見ながら、奥様に向かってこう言えばいい。

「寸分の差だが、君のほうがキレイだよ」

キマった。

・・・

・・

〜FIN〜

紹介は以上だ。

全てにおいて隙がない中津の超高層レジデンス。3LDKのファミリータイプが込31万ちょいで住める。

しかもここのお部屋、ペットも飼育可。(小型犬のみ)

梅田の喧騒から半歩だけ離れたこの場所は、大阪の再開発で最もホットな場所。

余裕がある方、ぜひ一度検討されてみては。

ザ・セントラルマークタワーに関する最新の空室情報とお問合わせは、渋井不動産まで。

 

以上。

賃 料300,000円
共益費14,600円
敷 金0円
礼 金2ヶ月(ペット飼育時3ヶ月)
所在地大阪市北区中津一丁目
最寄駅中津駅
築年月平成27年1月
構 造RC造(免震構造)35階建、一部S造
間取り3LDK
面 積約77㎡
種 別賃貸マンション
所在階32階
E V有り
駐輪場-
駐車場-
ペット小型犬一匹飼育可

お問い合わせ