みなさんこんにちは。KINPONです。

今日は皆さんにお見せしたい物件があるのでご紹介します。

【人物紹介:KINPON】

渋井不動産初代広報担当にして、現マネージャー。

普段は白と黒の服しか着ないが、この日は珍しく蛍光イエローのTシャツだった。モヒカンから伺える尖った提案スタイルで、数多の空室を幸せにしてきた。

そのルックスのイカツさは天龍と並ぶが、性格は温厚で甘党。

そんなKINPONが紹介したい物件というのがコチラ。

大阪市中央区平野町一丁目にある「メロディーハイム平野町」でございます。北浜はオフィス街に佇むヴィンテージマンションの一室を事務所として利用できる、渋さ溢れる物件だ。

先日「渋井不動産で事務所を探したい」というお客様にココをご提案したところ、そのお客様のセンスが開眼されたらしく、即決。

そして数日後「俺の事務所がメロディーハイム」という意味不明なLINEをお客様よりいただきましたので、取材にきました。

1階共用部の写真がこちら。

いいですね、このヴィンテージ感。チョット加工しただけでおそらくフォトジェニックな一角になること間違いなしです。浮かれている大学生あたりにこの共用部で自撮りしていただきたいものですね。

時代を感じる、案内板の指先が指す方向に進みます。

2階に到着。

先程の共用部とは雰囲気が変わり、「THE・オフィスフロア」な雰囲にかわりました。

ここが渋井不動産がご紹介し、新たに生まれ変わった事務所「ビリケンスタジオ」

大阪のシンボルキャラクター「ビリケン」をこよなく愛する社長がいる事務所で、写真・動画作成からイラスト制作等のクリエイティブ事業を展開されております。

扉を開け、完成された内装を確認しようと歩を進めると・・

来客を迎えるメニービリケンズ。大阪市との癒着を疑ってしまうほどのビリケン愛を感じました。

さて、ここで入居前が実際どんな感じだったのか見ていただきましょう。

「3人で使う、割と広めの事務所」という希望でしたので、約21坪のスケルトン状態だったこの空間を紹介いたしました。

そして現在はどんな風に仕上がっているかというと・・

こんな風に完成。

ここは写真やイラストの編集を行う作業場。

天井はあえて躯体剥き出しのままにし、スポットライトでデザイナーズ風に仕上げました。クリエイティブ集団らしい事務所。

ちなみに渋井不動産事務所もこんな感じ。

そしてこちら、フォトスタジオ。

メジャーリーグに登板したかのような空間。ここで写真撮影をするというのだから、野球好きの方はテンションあがビッシュ間違い無し。

そしてこの野球のイラスト、驚くことにビリケン社長がご自身で描かれたとのこと

弊社広報担当のozawaと比べてみました。ozawaの身長は171センチ、この絵がまぁまぁのスケールで描かれているのがお分かりになりますでしょうか。

せっかくなので、ビリケン社長と男の一球勝負をしてもらうことに。

ozawaも快諾していましたが、どこにそんな自信があったのか、これほどまでに打ち取れそうな打者はそうそういませんね。一応野球経験者とのこと。

キャッチャーは完全にアウトローを欲しがっております。

【人物紹介:ozawa】

渋井不動産二代目広報担当。小学2年生のときに「兄が野球をやってるから」という軽いノリで自身も野球を始めたが、5年生の冬でリタイア。以後、球技を転々とするも、公式戦に出た経験は一度もない。

「二軍のおそろしさを見せてやる」そう言わんばかりの睨み。

今日あったばかりの社長相手に、これほど睨みを効かせられるのは素直に尊敬してしまいます。

治療中・・・

危うく乱闘騒ぎになるところでしたが、ビリケン社長の殺気にozawaが丸め込まれる形で収束しました。

最後は仲良くツーショット。ビリケンスタジオさん、ご協力ありがとうございました!

渋井不動産は住居だけでなく、このように事務所や店舗のご紹介もさせていただきます。

立地や坪数など、テナントを探す条件に「カッコよさ」をプラスして探してみませんか?

お問合わせは、渋井不動産まで。

お問い合わせ