「南堀江の名作」と呼ばれたアイツが帰ってくる、込8.5万円で。

南堀江の名作リノベをご存知だろうか。渋井不動産がこれまで何度かHPでご紹介したお部屋だ。

もしご存じない方は↓↓のブログを見てくれ。

【唯一無二】南堀江のレトロリノベ最新作、8万円。

正直、そこに全部書いてある。

本日ご紹介する間取りは1LDKなので、上記リンク先のお部屋とは異なるが、このマンションが持つ魅力を愛情込めて書きこんでいる。

ということは、だ。皆さまがリンク先のブログを読んだとすれば、このマンションの魅力については説明が済んだ、ということになる。

過去に書いたブログを活かし、今回のお部屋紹介をスマートにこなす。「なんて画期的な説明方法なんだ!」「ステキ!」そんな声が聞こえてきそうだな。

(*もしこの時点で、まだこのマンションの魅力についてご不明点がある場合は、コチラ→【唯一無二】南堀江のレトロリノベ最新作、8万円。

さて、お部屋の紹介はまた別の話なので、ご説明しよう。

本日ご紹介する間取りは、冒頭でも言ったとおり1LDK。

これはLDKの写真、広さは10帖。塗装で仕上げた白い壁が、壁紙でありがちなチープさを排除している。

写真右奥、緑のタイルがギッシリ貼られたスペースがある。見てみよう。

(*緑のタイルをもっと見たい方はコチラ→【唯一無二】南堀江のレトロリノベ最新作、8万円。

濃ゆいグリーン、通称コユーンのキッチンだ。

ステンレスが放つ重厚感・インダストリアル感を、緑タイルのレトロ感で中和し、モダンレトロな空間が出来上がっている。(コンロは消え去ります)

(*他のお部屋の濃ゆさも確認したい方はコチラ→【唯一無二】南堀江のレトロリノベ最新作、8万円。)

モダンレトロに身を置きビュー。

リビングにつけられた照明も、お部屋の雰囲気にマッチ。シンプルなデザインで、明るすぎず、暗すぎずなイイ塩梅だ。

さて、リビングお隣の洋室だ。広さは6帖。

シャッッ!!と開閉するタイプのクローゼットは、もうお馴染みだと思う。

(*全く馴染んでない方はコチラ→【唯一無二】南堀江のレトロリノベ最新作、8万円。)

さて、もう一度リビングをみていただこう。

さきほど紹介したキッチンの先に、新たな扉が現れている。

いったいどこへ繋がっている扉なのか・・

(*アメリカンセパレートについて知っときたい方はコチラ→【唯一無二】南堀江のレトロリノベ最新作、8万円。)

 風呂・洗面台・トイレ(写真手前)の水周り三点セットが、広めの箱にまとめられているではないか。これがアメリカンセパレートと呼ばれる水周り。

壁で仕切られてはいないけど、それぞれが独立しているかのような広々空間だ。

紹介は以上だ。

渋井不動産が愛してやまない不朽の名作リノベ、今回のお部屋も家賃8万円で募集開始だ。

ちなみに、嫌というほど貼ったリンク先のお部屋→【唯一無二】南堀江のレトロリノベ最新作、8万円。も併せて募集中だ。

ビッグワンルームに住むか、1LDKに住むかが選べてしまうビッグチャンス。ものにするしかない。

お問合わせは渋井不動産まで。

賃 料80,000円
共益費5,000円
敷 金0円
礼 金200,000円
所在地大阪市西区南堀江四丁目
最寄駅西長堀駅
築年月昭和57年4月
構 造壁式RC造4階建
間取り1LDK
面 積約40㎡
種 別賃貸マンション
所在階2階
E V無し
駐輪場無し
駐車場無し
ペット不可

お問い合わせ