『君はBLALYSを知っているか。』

大阪府豊中市の閑静な住宅街を国道176号線沿いに南下すると見える、コンクリートの塊

その風景から反駁する異質な建物が、関西の高級レジデンスを多数手がける菅匡史氏によって創造された郊外型超高級デザイナーズマンション「BLALYS」である。

まず、ステルス戦闘機のような幾何学模様のパッチワークを思わせる外観に度肝を抜かれる。

築年数も10年と大台に乗って、ますますこの希少価値に磨きがかかったのではないだろうか。この以前も以後も、このマンションと類似したマンションは存在しない。

まさに唯一無二の菅デザインである。

エントランスをくぐる前に、ザッとマンションの概要を説明をしておこう。

❏ 物件名称:BLALYS(ブラリス)
❏ 主用途:共同住宅
❏ 設計:菅匡史建築研究所
❏ 築年月:2007年3月
❏ 構造:RC造 地上5階建

荘厳なエントランスを抜けると国道沿いの喧騒はなくなり、緑が満たされた中庭に2.8メートルの高さから落ちる水の音だけが響く。

特徴的な外観を裏切らない、インダストリアルな雰囲気と交錯する木々のヌクモリティ。

シンボルツリーと飛び石という乖離しているはずなのに近い、無機質と有機質のコントラストが非日常的な世界を作り出しているではないか。

『郊外型超デザイナーズ』とはよくいったもので、市内では絶対に作ることができない贅沢なランドスケープ。

広大な敷地面積をフルに活用した建築家のイメージが細部まで行き届き、マンションの品格を描く。

『特定の主義や様式にとらわれず、本質的に何が求められているのかを感じることを通して、普遍性の高い、感動を与える空間を創造することを追及している。』

建築家 菅匡史氏の言葉通り、異質でありながらもどこか既視感や懐古的な感情さえ芽生えるデザインは、画一的で面白くないそれらの建築と隔意を持つ。

ではさっそく、お部屋の紹介に移ろう。

今回は幸いにも3つのタイプを拝見させていただくことができた。

玄関を開けると開放感が加速する、ビッグワンルームタイプ。

床には大判のタイルが貼られ、天井はその躯体を剥き出しにして出迎えてくれた。

低層の建物が多いこの街だからこそ手に入れた、抜群の日当たり。

高く伸びた天井から均等に配置されたスポットライトが、夜になれば部屋を照らす。

トイレ・洗面台・浴槽。三種の水回りはスケルトンとコンクリートの箱に纏められ、品のある佇まいで鎮座する。

デザイナーズマンションらしいといえばそうなのだが、どこか他にはない特別感を感じるのは、この建築と見事に調和しているからだろうか。

面積:50.40㎡

家賃:8.5万円〜

ビッグワンルームとほぼ同じ床面積を三層メゾネットに仕上げたタイプ。

圧迫感を一切感じさせない天井高は見事。

上階に続くステップにも透け感があり、見た目も軽やかである。

ロフト部分には寝室と水回りを配置し、

採光がしっかりとベッドスペースに届くように工夫された躯体の開口部分。

さらに上階に踏み出せば、

そこに待つ、この部屋に住むアナタだけのルーフバルコニー。

しかも美しいウォールナットカラーに塗装された、ウッドデッキバルコニー。

先ほどのビッグワンルームタイプとはまた違った趣のステキな間取りだ。

面積:49.12㎡

家賃:9.2万円〜

そしてとうとうトリを飾るのは、BLALYS内最大の床面積を持つ「オーナーズルーム」

その名の通り、元々はオーナー様自ら使う予定で設計した、至極のメゾネット

いままで紹介した全てのタイプの住居には、カメラ付きインターフォンとALSOKホームセキュリティーを標準装備し、玄関横のパネルで操作する。

30帖のリビングの扉を開ければ、超本格的なキッチンシステムが顔を出す。

上階へ上がれば、

ココだけでもビッグワンルームと呼べる、15帖の寝室。

採光口は外とジャバラの扉で仕切られ、横幅3メートルほどの開口を魅せる。

外に出れば先ほどのタイプと同じく、全面に敷かれたウッドデッキバルコニーが。

その広さ、寝室とほぼ同じ面積を持ち、開放感と特別感は言わずもがな。

マンションの敷地内には駐車場も完備し、月極料金も12,000円〜と市内に比べて安価な設定。

愛車と共に過ごす至極の名作ライフも決して悪くない。

その他共用設備として、レンタルサイクルも導入している。ちょっとした買い物や、散策に使ってほしいと、CYCROC社のFLAT1が2台、INZIST BICYCLEの26インチクルーザーが1台スタンバイしているのだ。

郊外型超デザイナーズ「BLALYS」

その特異な存在感は、まさに唯一無二の建築物。

異才菅建築士によって具現化された、次世代のスタンダード。それはこの場所に住まう人々が愛着を持ち、大切に想う集合住宅なのだと渋井不動産は感じた。

大阪は北摂に置かれた名作、BLALYSを是非見て知ってほしい。

最新の空室状況と、お問い合わせは渋井不動産まで。

 

以上。

お問い合わせ