【お知らせ】オロナミンC、はじめました。

    こんにちは、ozawaです。 お盆休みも終わり、いつも通り最高の営業を開始しようとしたこの日、謎の荷物が刺客により届けられました。

    なんだこれは・・

    オ・・ロ・・?

    オロナミンCでした。なんとその数500本!業務提携と言っても遜色ないほどの入荷量。

    実はこれ「夏バテしたら部屋探しできないじゃん」と社長が思いつき、独断で購入したもの。ご来店いただいた方にはもれなくオロナミンCを一本プレゼントしちゃいます。

    「いくら何でも多すぎ」「俺たちにも還元しろ」というスタッフの声をフル無視して行われている企画ですので、ウソでもいいから「元気になりました!」と言ってくれれば幸いです。

    せっかくなので一回並べてみようということになり、せっせと作業に入ります。(写真はシュワ店長)

    これが割と時間を費やすので、オロナミンCについて説明しましょう。

    オロナミンCはかの大企業「大塚製薬」の人気商品の一つ。当時の看板商品であった「オロナイン軟膏」のオロナと、「ビタミンC」のミンCを組み合わせてその名前がつけられました。1965年2月に発売され、2011年5月には累計販売本数300億本達成するというバケモノ商品。

    興味本位で「一日にどれだけ販売されているのか」を計算しようと思い、デスクにある100均の電卓を叩きました。

    が、そもそも300億という桁が入りませんでした。改めてオロナミンCの販売本数は頭おかしいと再確認した上で、10年ぶりくらいに筆算しました。

    足し算・掛け算・割り算というE難度の技法を使い、一日約1,777,119本の販売という回答を導き出すことに成功。(46年3ヶ月で300億本という数字で計算しました)

    今回購入したのが500本なので、なんと全国一日販売本数の約0.0002%がコンビニ・スーパーではなく、まさかの不動産事務所に到着したという結果に。ちなみに0.0002%という数字は、僕が来世も人間に転生できる確率と同じ数字です。

    次にビタミンCの効能についてお話しします。

    抗酸化作用があり、老化の予防や肌の改善などにいいとのこと。ただ、摂りすぎには注意が必要であり、ビタミンCの致死量は720gと言われています。レモンに換算すると3万6千個分。レモン1個の重さが85gとして約3t相当の摂取が必要になりますが、その前にアゴが砕けますね。

    そんなこんなで並べ終わりました。

    それではご覧ください。

    バン!

    バン!!

    ババン!!

    やはり圧巻のビュー。なんとかアンケート記入スペースは確保しましたが、かつてない程のオロナミンCに見つめられる形になります。

    しかしここで問題が一つ。

    接客のシミュレーションをしてみましたが、「謎のプレッシャーが押し寄せてきてリラックスできない」という悲しい結末に。

    じゃあ机はやめてインテリアにしよう!という天才のそれに近いアイデアを思いつき、再度並べ替えます。

    前はこんなだったのが・・・

    こう!

    ここも!

    さらにここ!

    もちろんここも!

    忘れずここも!

    まさかの渋井号にも!

    (変な勢いがついてしまったスタッフの暴走により、車検が通らないレベルで配置されています。)

    1時間かけ、ようやく部屋全体の配置が終了しましたが、どこもかしこもオロナミンCだらけに。王宮なら陥落するレベルで囲まれています。

    オロナミンCによる「渋井ジャック」と言っても過言ではありません。

    というわけでしばらくの間、大塚製薬協賛オロナミンC、はじめました」企画を実施中!

    ご来店いただければ元気ハツラツになることはもちろん、スタッフ一同も常にハツラツでお待ちしております。

    「あなたの部屋探し、元気ハツラツで終わらせます。」

    ご静聴ありがとうございました。