住居でしかない貸事務所、南堀江で見つけました。

こんにちは、ozawaです。

今日は事務所のご紹介で、南堀江へ来ました。 先に感想を言うと「事務所って何だったっけ?」です。

ビルの4F〜5Fなのでエレベーターを使おうと思ったのですが、なんとこのタイミングで点検中。 仕方なく階段ダッシュで向かいます。

この日、大阪の気温は35度。

エレベーター会社に憤りを感じながら、玄関前に到着。

「この汗…無駄にするもんか!」(CV:大山のぶ代)

勇ましく心で叫びながら、玄関を開けます。

まずは事務所に全く見えない内装がお出迎え。

床は無垢材かと思いきや、無垢柄のフローリング。

まぁフェイントをかけられるのは先ほどのエレベーターで慣れているので、ここは華麗にスルー。

突き当たりの扉を開けましょう。

事務所なのにLDK約15帖。

この写真だけ見ると完全にファミリー向けのそれ。

「どうして事務所なのにこんな感じの設備なの?」と聞かれても僕はわかりません。 恐らく「アットホームな会社」の意味を履き違えたのでしょう。

「事務所・・?」

今僕は本当に事務所物件に来ているのか不安になってきました。 システムキッチンが導入されているますが、会社で使いこなす場面があるのでしょうか。

なるほど。このまま事務所の説明はさせないつもりのようです。

こちら水回り、独立洗面台と洗濯機置き場です。 Futooにえぇ感じです。

ここまでくれば、お風呂も当たり前のように付いてきます。

むしろ今の僕にとっては、無い方が不自然。

約15帖の洋室。

こちらも無垢っぽいフローリングが敷き詰められたお部屋。 ヌクモリティ溢れる使いやすそうなお部屋。 職場として使いやすいかどうかはわかりません。

階段を上り、5Fに到着。

エレベーターでここまで来ることが可能な様子。 ぜひそうしたかった。

約13帖の洋室。

いつまでたっても事務所要素が現れません。

とうとう5F最後のお部屋に来ましたが、和室。

事務所っぽさは全く無く、えぇ住居のご紹介で幕を閉じることとなりました。

見たかった映画は見れなかったけど、代わりに見た映画もよかった。でも見たかった。そんな少し寂しい気持ち。

そんな寂しい気持ちはこのバルコニーで吹き飛びました。

ピンクの屋根から差し込む光は、誰もが愛のメモリーメロディーを口ずさんでしまう空間に仕上げます。

まぁこの日は暑すぎて太陽光が鬱陶しかったですが。

さて、お部屋の紹介も済んだし、帰るとしましょう。

・・と思いきや、やりました! 隠し扉です。しかも上の階へと続いている。

これは確実に事務所的なヤツが待ち受けているに違いありません。

何より僕が「よくやった!」と社長に褒められることは確実。昇給・昇格・ボーナス、様々な幸せが脳裏をよぎります。

漢・ozawa、皆様のお部屋探しを終わらせるために、階段を駆け上がります。

たどり着いた先は事務所的なアレではなく、ルーフバルコニーでした。その広さおよそ50㎡。

部屋ではなかったですが、テンションは上がっております。

しかし、これほど広いバルコニーでいったい、何をすればいいのか。

それはここの事務所で働く人がサービス残業中に考える、最初の仕事です。

オーマイガットトゥギャザー

いかがでしたでしょうか。

内装の90%以上(ほぼ100%)が住居な事務所が、南堀江で待ち構えております。エレベーターが使えるようになれば、1F〜バルコニーまで移動は楽々…のはず。

お家賃は25万円となっております。

お問い合わせは、渋井不動産まで。

賃 料250,000円
共益費0円
敷 金250,000円
礼 金500,000円
所在地大阪市西区南堀江3
最寄駅西長堀駅
築年月平成8年7月
構 造鉄骨造
間取り3LDK
面 積約133㎡
種 別賃貸マンション
所在階4~5階
E V有り
駐輪場-
駐車場-
ペット-

お問い合わせ