シェア
セイワ南堀江リバーレジデンス
S

コンパクト1LDK

セイワ南堀江リバーレジデンス
オートロック・エレベーター・宅配BOX完備

やってきたのは、南堀江一丁目のちょっとええデザイナーズ。35㎡の1LDKで月額10万円を超える賃料帯は、エントランスから漏れ出すラグジュアリーを見て合点がいきました。

お部屋自体は、決してガチガチにデザイン性があるわけではありません。しかしながら、どんな意匠にも代えがたいとっておきの希少価値があるのです。

セイワ南堀江リバーレジデンス

ロケーション×日当たり

セイワ南堀江リバーレジデンス

窓の外には、道頓堀川越しの湊町リバープレイス。このエリアを象徴する「なんばHatch」をこれほどの距離で感じられる点は、当物件の大きな醍醐味と言えるでしょう。

※なんばHatch・・・湊町リバープレイスの中核施設であるライブハウス。日本のライブハウスとして唯一、優良ホール100選に選出されている。「見た目が八角形だから」という名前の由来に反し、実は凄いライブハウス。

日が落ちてライトアップされると、眺望はグッと大人びた表情をみせます。昼は透明感あふれる永野芽郁かと思えば、夜は艶やかな長澤まさみに変身するくらいのギャップ。どちらも好き。選べない。

セイワ南堀江リバーレジデンス

加えて、この南向きの日当たりをご覧くださいませ。窓いっぱいの日光が、120%の勢いをもって室内を照らしているではありませんか。

緑がかった大きな窓は、まるで水族館の大水槽を見ている錯覚に陥ります。

セイワ南堀江リバーレジデンス

ちなみにこの大水槽は、5.5帖洋室の窓。寝室にこれほど理想的な採光面があるなんて、カーテンをつけるのが勿体ないくらいですね。

大きな陽だまりは部屋の半分を占め、ゆらゆらと揺れる川の流れまで投影されていました。

セイワ南堀江リバーレジデンス

ガラス戸を隔てた先には11帖LDK。キッチンはIH2口のシンプルスペックで、背面に洗濯機置場と収納を配置しております。

セイワ南堀江リバーレジデンス

リビング・ダイニングも南向きの窓に覆われ、日中は照明いらずの調光。窓際に植物や生花を並べた日には、光合成が追いつかないほどの日光が降り注ぐでしょう。

手前のバルコニーも日当たり十分。サイズはややコンパクトにおさまっております。

セイワ南堀江リバーレジデンス
洗濯物を干しているときの眺望

設備紹介

セイワ南堀江リバーレジデンス

では、このタイミングで玄関へ立ち返り、各設備をご紹介していきましょう。

スクエアのフロアタイルゾーンには、シューズボックス・トイレ・パウダールームの扉を配置。すなわち、どこまでを土間にするかは住人のお心ひとつということです。

セイワ南堀江リバーレジデンス
セイワ南堀江リバーレジデンス
セイワ南堀江リバーレジデンス

各水回りは、ちょっとええデザイナーズがそのまま反映されたクオリティ。

バスルームには追い焚き・浴室乾燥を完備し、シャンプードレッサーやウォシュレット付きのトイレなど、機能性・清潔感ともに、文句なしの一言ですね。

セイワ南堀江リバーレジデンス

西区南堀江一丁目から登場した35㎡の1LDKは、大阪メトロ四つ橋線『四ツ橋駅』徒歩6分堀江のメインストリートすぐ、心斎橋・難波も徒歩圏内というこのうえない立地です。

諸費用は、礼金12.5万円の月額13.2万円。ずっと黙っていましたが、ネット無料でございます。

ロケーション×日当たりが叶うちょっとええデザイナーズが、花形エリア・南堀江一丁目から出ました。リバービュー越しのなんばHatchを独り占めできるお部屋、空きは残り僅かです。

お問い合わせは、渋井不動産まで。

セイワ南堀江リバーレジデンス

【良かった点】
◎堀江ど真ん中、心斎橋・難波徒歩圏内
◎南向きの日当たり
◎リバービュー×リバプレ
◎Wi-Fi無料

【気になった点】
△広さに対しややお高めの賃料

シェア
  • ロケーション×日当たり。堀江のちょっとええデザイナーズより。
  • 西区

渋井不動産の最新情報をチェックする