シェア
プレミール片町
S

都島区のリバービュー

プレミール片町

こんにちは、広報部おまつです。本日はJR東西線『大阪城北詰駅』に来ております。

冒頭で盛大にネタバレしている通り、今回ご紹介するのは川沿いのお部屋。先日の慰安旅行で行った宮古島オーシャンビューが忘れられないので、語呂と水辺だけを頼りに都島リバービューへやってきました。

ちなみに当駅は、JR東西線において1日の平均乗車数が最も少ない駅(2020年度)です。しかしながら、春は造幣局の桜の通り抜け、夏には天神祭の花火など、イベント時には大変混雑が予想されます。すなわち、イベントスポットが近いエリアでもあるのです。

プレミール片町
超高層ビルと都市公園で構成された大阪ビジネスパーク(OBP)

駅南の城見通を下ると、超高層ビルが並ぶ大阪ビジネスパーク(OBP)が現れます。

OBPとは、大坂城の北東に位置し、寝屋川・第二寝屋川・大阪環状線に挟まれた約26haの城見地区を指す。大阪城公園に隣接した地区を経済、商業の一大拠点にしようと、大阪市と大阪府に本社を置く大手企業などの取り組みにより共同で建設された。

大阪ビジネスパーク/Wikipedia

つまりは、名だたる大手企業が手を組んだ再開発地域なわけです。ここに社屋を構える企業だけでも、読売テレビ・住友生命(社屋のエントランスにクラシックコンサート専用のいずみホールを設置)・KDDI・東京海上日動火災・富士通・鹿島建設など、誰もが知る社名が連なります。

なお、OBPの中核施設であるTWIN21は、パナソニック関連会社が入るOBPパナソニックタワーと、一般企業や総領事館などが入るMIDタワーの2棟構成。38階のタワーが並び立つのですから、生みの親は並々ならぬ情熱を注いだに違いありません。

OBP大阪ビジネスパーク/公園の中のビジネス街

プレミール片町

ご紹介する物件は、『大阪城北詰駅』より徒歩2分。なんならJR線・長堀鶴見緑地線・京阪線『京橋駅』も徒歩5分ほどの立地です。

周辺は飲食店なども多く、こちらは2022年2月にオープンした「G.O.D」。抹茶ビールなどの本格お茶割り(抹茶カルーアミルクや玉露ミントモヒートも!)とともに、ホッとする味のおばんざいや焼き鳥などが味わえます。

のれんの”good old dreams“をコンセプトに、古き良き夢に酔えるお店の雰囲気も素敵。立呑カウンターは明治時代の古民具を再利用するなど、細かいところまでコンセプトが反映されています。

プレミール片町

西側には「藤田邸跡公園」を中心とした緑が広がり、写真の「藤田美術館」や「ザ・ガーデンオリエンタル大阪」など自然と意匠建築が融合した景観がお楽しみいただけます。

対岸には造幣局がございますが、この公園内にも市から名勝に指定されている立派な日本庭園があり、春は桜の名所にもなっています。気分転換に少し歩くだけでも、豊かな緑とゆるやかな川の流れに癒やされるはず。

藤田美術館のHP

古き良き川沿い1LDK

プレミール片町

物件は、昭和59年築のSRC造6階建て。エレベーターもあるので、膝に爆弾を抱えている方でも安心してお住まいいただけます。

では、5階のお部屋にお邪魔しましょう。

プレミール片町

玄関の死角にはキッチンが身を潜めていました。

37㎡というお部屋に対し、3口のガスコンロ+魚焼きグリルと予想外の手厚いスペック。第一印象はコンロ自主設置タイプだと思ったのに。

人も部屋も見かけだけで判断してはいけない、ここテストに出ます。

プレミール片町

対して、トイレは時代を感じざるを得ないカラーリング。髪型でいうと聖子ちゃんカットくらいの昭和レトロ。

しかしながら、あったか便座やウォシュレットまで備わっていますので、やはり見かけだけで判断してはいけません。

プレミール片町

浴室の年季もそれなりに。こちらは湯が出るのみのシンプルスペックなので、見かけだけで判断してください。

プレミール片町

では、居室スペースにまいりましょう。LDKは13帖ほどの広さで、玄関を開けると3分の1が見えるという状態。

なお、この3分の1には、

プレミール片町

洗面台もギリ含まれています。

まるでATMのような出で立ちですが、実は入れ替えられたばかりの新品なのです。むしろ玄関から見て欲しいくらいですね。

プレミール片町

奥のお部屋は一気にどうぞ。

右手の6帖和室には、想像通りの押し入れも確保されております。収納面に関しては、一般的な物量であれば心配することもありません。

では、ラストにバルコニーをご覧いただきましょう。

プレミール片町
プレミール片町

城、見えます

プレミール片町

たいていの方はタイトルで気付いていたと思いますが、大阪城の北詰に位置する当物件は、南向きのバルコニーから大阪城が見えます

本日はあいにくのお天気であるものの、日当りだって期待しちゃってください。きっと差し込むに違い有りません。

プレミール片町

なお、真正面はミラーボールのようなギラつくOBPのビル群です。これが経済や商業の一大拠点たるギラつきか。

左手にはそこそこ交通量の多い道路も走っており、窓を開けると走行音も気になります。静寂を求める方は厳しいかもしれないので、ぜひ現地でご確認ください。

プレミール片町

では、おさらい。都島区片町より登場した37㎡の1LDKは、JR東西線『大阪城北詰駅』徒歩2分環状線・長堀鶴見緑地線・京阪本線『京橋駅』も徒歩5分と、2駅4路線のアクセスが望めます。

諸費用は、敷礼ゼロの月額7.3万円

大阪城が見える都島のリバービュー、機能面でも不足なし。なによりこの広さにこの賃料、敷礼ゼロとくれば絶対に見逃せない。お問い合わせは、渋井不動産まで。

プレミール片町

【良かった点】
◎駅近、2駅4路線のアクセス
◎城が見えるリバービュー
◎敷礼ゼロ、お手頃な賃料

【気になった点】
△トイレと風呂の年季
△車の走行音

シェア
  • 大阪城北詰の南向きリバービュー、省1LDKが敷礼ゼロ7万台。
  • 都島区

渋井不動産の最新情報をチェックする